620027 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ドラゴン山田の研究室

2017.06.11
XML
カテゴリ:Animation
だいぶ前にイタリア語版の DVD を買って、5枚ディスクのうち途中まで観たのに久しく放置しておいた、『宇宙空母ブルーノア』。私が中学1年の時(1979~80年)のアニメーションだ。『宇宙戦艦ヤマト』の二番煎じとか、いつまで経っても宇宙空母にならないとか、BGM にちんたら節が多いとか、当時いろいろ言われて(自分も言って)いたが、それでも今日、不調であることを理由に38年ぶりに最終回まで一気に観た。

最後の数話は、確かに放映当時に観ていたし、録音テープもあった。何と言っても最終回、ゴドムの高官ヘーゲラーが、地球人に対して、「お前たちも選ぶ指導者を間違えれば、いつ侵略者になるかも知れない」と言ったのは、当時いささか衝撃だった。ヒーローものと言えば、「悪い侵略者は外部から来るもの」というのがお約束だったし、被害を受ける地球側・人類側に「正義」があるのは自明だと、私自身も無邪気にそう考えがちだったからだ。ヘーゲラーに対して主人公の日下真が「ばかな、そんなことはあり得ない」と言い返したのはずっと記憶にあった。それを聞いた中1当時の、いろいろな違和感も含め、遠い記憶からいろんなものが蘇ってきた気がする。






最終更新日  2017.06.11 15:58:19
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.