6731315 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

雀坊の納戸~文鳥動向の備忘録~

PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

本サイト
文鳥団地の生活


文鳥用品販売/生体/宿泊
文鳥屋

Freepage List

Category

Archives

Headline News

2021年11月30日
XML
カテゴリ:文鳥動向の備忘録

​どちらがイッパで「テバ」なのか​​

 寒い日はおでんに限る。もちろん、コンビニで売っている変なもののことではない。おうちで作る『関東煮』のことである。
 おでんを作るには時間が必要だが、手間はかからない。ただ、おでんの死命を決する、おでん種の究極の一品である(※個人の感想です)ちくわぶの品質がいろいろなのが問題なのである。このちくわぶという小麦粉の練り物は「東京名物」ともされながら、関東でさえ、その恐るべきポテンシャルを知らず味のないいらないおでん種、と思っているかわいそうな人が珍しくない。かわいそうに・・・。
 ちくわぶには、煮崩れする本物と、煮崩れしないまがい物がある。で、今日のちくわぶ、世田谷区の瀬間商店というおでん種のお店が製造したものは(なぜ川口市の小さなスーパーで売っているのかは永遠の謎)、本物であった。
 おでん作りは、前日から始まる。まず大根と昆布を煮る。ある程度したら、市販のつゆを薄めに入れ、ちくわぶを放り込み、ついでにゆで卵も入れて、ごく弱火で1時間以上ぐつぐつ煮る。そしてそのままか鍋ごと冷蔵庫に入れて一晩寝かせる。翌日の午前中に、その他の具材(厚揚げ・鶏肉系のもの・がんも・ちくわなどなど、面倒な場合いろいろ入ったセットの安いので良い)を放り込んで、1時間以上ごく弱火で煮て火を止める。それを夕食の1時間前に再び弱火で煮る。・・・ちくわぶが煮崩れていたら成功である。

 などと、世田谷の瀬間商店のちくわぶが美味かったので、どうでも良い話を書いてしまった。
 で、ちくわぶ・・・イッパ君は元気に育っている。↑たぶん、上を向いているのがイッパだ。・・・良い顔だちではないか。
 ↓は、キンカチョウのために水浴び用小鉢を用意すると、水飲み器で水浴びを始めるナイだ。・・・おバカでかわいいのである。







Last updated  2021年11月30日 23時46分04秒
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.