5219102 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

雀坊の納戸~文鳥動向の備忘録~

PR

全4928件 (4928件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

文鳥動向の備忘録

2020年11月26日
XML
カテゴリ:文鳥動向の備忘録
​ホモ型で奇形だが徐々に成長​

 ディエゴ・マラドーナが亡くなった。選手としては大天才だったが、人としては欠陥だらけの人物であった。
 ところで、サッカーの偉人が凡人に劣っても、別段不思議には思わないかもしれない。もしかしたらその感覚は、学校生活での経験上、体力に優れ運動が得意な子には、勉学が不得意な子が多かった、といった印象を持つ人も多いからなのかもしれない。
 ところが尚のこと不思議なことに、音楽などの芸能の価値に恵まれた人が、政治思想についてごく個人的な、はっきり言えば、アホな書生論のようなことを言っても、得てして人は耳を傾けたがる人が多いのはなぜだろうか?例えば、ノーベル賞物理学賞を受賞したその学問分野における権威が、政治向きの意見表明をすることもあるが、当然のことのようにして有難がる。
 傑出した天才は、得てしてその得意分野以外は凡人に劣るものであり、それは運動であれ学問であれ同様であろう。勘違いすべきではない。
 天才と言えば、一昨日、「NHK新人落語大賞」を(途中から)観て、審査員のコメントに感心したことを思いだした。
 熱演する「新人」落語家さんについては、春風亭ぴっかり☆さんしか知らなかったが、ずいぶん上手になっているので、天才とは思わなかったが、感心した。以前、この人が何かの折に落語をしているのをテレビで見たのだが、その噺というのが、師匠のこちらは確かに天才の春風亭小朝さんの新作で、確か吸血鬼の女の子が江戸のお店に勤めて、店先でコウモリのように逆さにぶら下がっているとか何とかいうしょうもない話であった。そのような話を真面目に創作して平気でやってしまうから天才なのだが、よりによってこんなものを師匠から受け継いでしまう弟子も弟子と言えようか。
 で、大賞の栄冠に輝いたのは存在を知らなかった笑福亭羽光さんで、自分で考えた新作を落語大賞で演じてしまう根性は立派であった(新人なのだから「古典」をうまく演じるだけでなく、何か挑戦して欲しいのだが、羽光さんの挑戦は暴挙すれすれと言えた)。
 落語の方は、本人曰く「SF小説のメタ構造」なのだそうだが(​記事​)、私はインドの叙事詩と同じだと思って感心して聞いていた。文学的に言えば枠物語、本筋の話の中に、夢の話とか会話でのたとえ話の形で違う物語が入り込む構造で、インドやアラビアの古典文学は、これが多重になって実に複雑なものとなっているのだ。つまり、新しいようで古くからあるわけである。
 古代から存在する物語の手法を落語に導入する天才が花開くのを期待したい。

 そして、我が家で天才を期待しているのが、チビ太である。すでに28gもあるのでチビではない。羽毛もかなり生えてフカフカになってきた。脚は不自由だが、羽ばたくことは出来そうで、飛べるかもしれない。
 ・・・きっと何か恐るべき才能を隠しているに相違ない。今後を見守りたい。






Last updated  2020年11月26日 23時38分02秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年11月25日
カテゴリ:文鳥動向の備忘録

​​寝る子は育つ​​

 手の中でいじり倒されるのが好き、ツボ巣で眠るのも好き、何よりお兄ちゃん(文鳥のジュン)が大好きな十姉妹のオコメだが、十姉妹集団に入りたい様子を見せるようになった。つまり、十姉妹たちのカゴに入り込み、眠るためのツボ巣内スペースを確保できないか探るようになったのだ。
 とりあえず、文鳥たちの3ペア成立作戦が終われば、十姉妹のカゴを2つ連結式にするので、オコメも加入しやすくなるかと思う。しかし、その場合、1羽暮らしになるジュンは大丈夫だろうか。慎重に見極めたい。






Last updated  2020年11月25日 23時32分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月24日
カテゴリ:文鳥動向の備忘録

​​チビ太とお持ち帰り待ちの子​​

 だから、3密だとか屋内での会話や飲食を控えろなどと言いながら、「ゴーツーイート!」などと外食を推奨するなど、土台無茶苦茶なのである。感染対策を励行しつつ飲食業界を支えたいのなら、会食にこだわって現実的に不可能でバカな食べ方など推奨せず(食べる時だけマスクだのフェイスシールドをずらし、食べ物を口に放り込んだら、また装着するんだと。親切な大臣が実演して見せていたが、あんなもの、その場で「馬鹿かね君は?」と言えないのは不見識でしかない)、弁当にするなり持ち帰りを推奨して補助してやれば良いのだ。そうすれば、飲食業界は多少救われるし、牛丼が半額になれ普段は食えない特盛を食えるだろうし、会食機会が減ってコロナ感染対策にもなる。一挙三得である。

 さて、それはともかく、↑チビ太くん。
 5日ほど遅生まれのヒナに羽毛の生え方などは抜かれてしまったが、相変わらずよく食べて、体重は28gになっている。
 ただ、脚は重篤な症状となってきそうだ。↑で「太もも」が見えている右脚は、それが見えるくらいに曲がっているわけで、ペローシスか栄養不全による変形と思われる。一方の左脚は、「親指」が180度曲がったような状態だ。つまり、両脚が機能せず這って歩く他なくなるかもしれない。
 それでもチビ太自身はめげずに羽ばたき練習を始めており、もしかしたら、飛べるようにはなるかもしれない。・・・いずれにせよ、頑張ってくれることだろう。都度、介助していきたいところだ。






Last updated  2020年11月24日 23時11分04秒
コメント(1) | コメントを書く
2020年11月23日
カテゴリ:文鳥動向の備忘録
​仲良​くツボ巣を破壊するボクジュ・モーリ・コビィ​​

 『文鳥団地』には、鳥カゴを置くスチール棚が3つ並んでいて(「離れ」もある)、左棟、中央棟、右棟と呼ばれる(本当はそのような呼び名は無いが、便宜上)。それぞれ1段に2台ずつ3段に分かれて鳥カゴが置かれている。
 まず中央棟2階右に住むアリィを、右棟3階右に移してココウと同居させた。そして今日は、右棟2階左のノビィ&ジミィのカゴを、右隣のレイのカゴと入れ替えた。さらに明日は、空き地となっている中央棟2階右のスペースに、左棟1階右の↑3羽のカゴを移す予定だ。
 その状態で慣れさせてから、モーリは右隣のレイと同居させ、そこでボクジュはヨッチと同居、コビィは元の位置に戻してトムと同居・・・。・・・ネックは、ヨッチだろう。一波乱二波乱起きそうだ。






Last updated  2020年11月23日 22時55分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月22日
カテゴリ:文鳥動向の備忘録

​​早くも夫婦らしい行動のアリィ&ココウ​​

 ノコリ大往生から始まるはずの大変動だが、停滞している。とりあえず、数日前にアリィとココウは同居させた。その日はココウが大暴れして大変だったが、今は一緒荷行動している。
 続いて、モーリ♂&ボクジュ♂&コビィ♂の3羽体制を解体し、モーリ&レイ、ボクジュ&ヨッチ、コビィ&トムの3カップルの同居を始める予定だったが、あちこちで産卵や育雛があり、実行しにくい状態となっている。
 ・・・それでも、いつまで待っても仕方がないので、明日以降なるべく早く実行したい。






Last updated  2020年11月22日 22時52分26秒
コメント(1) | コメントを書く
2020年11月21日
カテゴリ:文鳥動向の備忘録

​セツ・デッカ・ウメ​

 セツは小さくて丸い、デッカはでかい、ウメは小さくて細い。つまり、デッカは小さいメスに好かれるようだ。
 ウメは、結局、デッカの愛ジンを気取るようになり、本妻のセツが嫉妬するようになっている。この三角関係も今後の波乱要素になりそうだ。






Last updated  2020年11月21日 23時20分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月20日
カテゴリ:文鳥動向の備忘録

​​悠々モミをかじるオコメとどけと言えないノビィ​​

 文鳥の兄さんジュンと一緒に育ち、今も一緒に暮らすオコメは、まったく文鳥に遠慮をしない。一方のノビィは、特定のツボ巣の所有権を主張する時以外は、いたって物静かな性質だ。
 オコメは先天的な異常かと心配されたが、それは誤認で、現在は至って健康体だ。チビ太の先天異常も何となく治ってもらいたいものである。






Last updated  2020年11月20日 23時08分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月19日
カテゴリ:文鳥動向の備忘録
​​飼い主をにらむチビ太​​

 チビ太の片脚に違和感を覚えてよくよく見れば、左の後指(漢字が難しいが本当は「あしゆび」)が変形していた。
 これは、先天的奇形だったが気づかなかったか、栄養吸収障害の影響で徐々に変形しているものか、わからないが、残念ながら、かなりのハンディになってしまうかと思う。さらに、左脚自体も平面で踏ん張れずに流れてしまうので、今のところ軽度のようだがペローシスの可能性がありそうだ。
 今後、いろいろ障害が起きるかもしれないが、たくましく育ってほしいものだ。
 








Last updated  2020年11月19日 23時11分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月18日
カテゴリ:文鳥動向の備忘録
​​元気なヒナたち​​

 1羽っ子状態でも集団の中で埋もれてしまっても(↑チビ太は頭だけ見える)、チビ太は元気にじわじわ成長している。
 それにしても、コロナで外出自粛が要請されるような状態に、文鳥の差し餌は何と適した行為なのか、と思う。






Last updated  2020年11月18日 23時26分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月17日
カテゴリ:文鳥動向の備忘録


​​左端の目が大きいのがチビ太​​


 通常の1.5倍ほど食べ続け、体重が増加し続けていたチビ太は、ついに25gで増加が止まった。体格的には、目一杯大きくなったのではないかと思われる。
 現在は、5日遅生まれの8羽の一緒に差し餌をしているが、目の発達具合をのぞけば、ちょうど同じ成長段階の姿をしている。これからは、同じようなスピードで成長するのか、スローペースを維持するのか、見守りたいところである。


 なお、昨夜からアリィとココウを同居させた。それで、神経質なココウがカゴの中で大暴れして大変だったのだが、一夜明けて、冷静に見れば、愛ジンのアリィなので、暴れまわることはなくなった。
 さらに、組み換えを進めねばならない。いろいろ波乱がありそうだ。







Last updated  2020年11月17日 23時22分36秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全4928件 (4928件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.