746352 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Azusaの食い道楽記

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄

■使用育児グッズ■



■オススメ料理本■


■オススメ離乳食本■


■オススメお菓子作り本■


■オススメ育児本■


■オススメ絵本■



■オススメ児童文学■


■オススメ小説■



■オススメエッセイ■


■オススメコミック■





■オススメごはん■

フリーページ

プロフィール


Azusa2号

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

ランキング市場

ニューストピックス


美味しい物が好き。
美味しい物を作るのが好き。
美味しくてヘルシーなものを作るのが好き。
美味しい物を食べるのが好き。
それはそうと、好奇心は人一倍。

そんな人類猫科駄文書き・Azusaの食べ物中心いろいろブログです。
もっと詳しいプロフィールはAzusaのPROFILEをご参照あれ。

注意!更新不定期
★子育て記録特化版(Azusa2号の子育てつれづれ記)★

AzusaのPROFILE
楽天ブログの私書箱
楽天プロフィール@Azusa2号
Twitter@0800azusa2go
子育て記録まとめページ

■お食い初め特集■
子供たちのお食い初めの時に書いていた記事をアクセスしやすいようまとめてみました。

お姫のお食い初め~お食い初め概要
 ・簡単・魔法瓶あずき煮
ちび姫のお食い初め(1)~スタンダードなお煮染めの準備
ちび姫のお食い初め(2)~梅干しの話
ちび姫のお食い初め(3)~歯固め石の代わりにタコの訳
ちび姫のお食い初め(4)~三つ星ビストロを使って自宅で鯛を焼きました
ちび姫のお食い初め(5)~その他に準備したもの&お食い初め風景






free counters
2018/01/15
XML
ふと調べてみたんだけど、ビッケの作者、ルーネル・ヨンソンってスウェーデン出身だったのね。


 ムーミンの作者であるトーベ・ヤンソンも、スウェーデン系のフィンランド人だった、なんてトピックス、こんな事がなかったらわざわざ調べなかっただろうなあとは思う。


 そういう意味だと温故知新や過去の名作の掘り起こしは非常に楽しいものなんだけど、それが楽しめるのは余裕がある時、だけなんだよね。
 そういう余裕のある子供時代、どれだけ名作に触れられるか、昨今の子供を取り巻く環境を見るにつけ、ちょっと心配になってしまったり。

 公営の図書館が民間移譲されてさぁ大変、とか、学校図書館が機能してない、みたいなニュースをかつて小耳に挟んだ身としては、今の子供達が触れられる本の環境の悪化が心配で、それに気付かない人たちが「これって基礎教養でしょ?」で作る10年後20年後の「人生を決める試験」が怖かったりもする。
 確かにあの設問は、ビッケがヴァイキング=スカンジナビア圏だから、という類推から消去法で答える事は出来なくもないけれど、地理の問題と考えるには、ヴァイキングの歴史も多少は知らないと難しいネタのように私は思う。もしかしたらあのフィヨルドの海に面した一帯に同じような稼業の者は無かったとは言い切れないかもしれないし。フィンランドの方が早くにキリスト教化して、宗教による統制が取れていたから海賊稼業は取り締まられた、とかいう文献でもあればまた違うのだろうけど、それは地理の問題じゃ無くて歴史の問題では? とか突き詰め始めてしまったりもして、ちゃんとした知識が無いのを自覚している身としてはぐるぐるしてしまうなあ。

 基礎教養の範囲云々はさておいても、その「知識の無さ」を、教科書以外のもので補う、本や過去のいろいろな作品にふれ合って知る、その体験を、今の子供達はちゃんと出来るのだろうか。
 No Book, NO LIFEな両親に育てられてるうちの子ですら、割と好きになったものしか読まないから心配……。(まぁ与えられたものだけで読書履歴が成り立つ子はそもそも本好きには育たないけど)
 それに「『そんな分厚い本を読む奴は変な奴だ』といじめられた本好きな子もいるらしい」なんて話を聞いたりすると、親としてはちょっと怖くなる。本を読むことがマイノリティで排斥の対象になる世界だなんて! 親の側でそういう事を言い出す人に会ったことがないのは、もしかしたら単なる幸運なのかもしれない。

 新しい本もいいし、古い本もいいよ、ていうか本って楽しいよ、ていう経験を、どれだけ子供時代に積ませられるか。
 つくづく悩ましいですわ。







最終更新日  2018/01/15 01:39:30 PM
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.