2009年01月12日

Shine A Light

(6)
カテゴリ:カテゴリ未分類
あけおめです。ことよろです。
気づいたら1月ももう半ばですか。
5日は超仕事行きたくなくてどうしようかと思ったが、始まったらそれどころじゃなくまぁ楽しいんだか楽しくないんだかはよくわからんけど余計なことを考えている間はなくなってきたのであった。
好き好んで激烈に戻る、あな物好きかな。ならばアウトプットのみが存在の証明だ。「やるべきことをやるだけさ、だからうまくいくんだよ」(byディラン)とは至極もっともなのであった。


さて去年の年間ベストにR.E.Mを入れ忘れていた。完全に抜けていた。超いいアルバムです。ド頭のピーターバックのギターリフで血が沸騰します。実は結構前作も好きなんだけど(Q-TIPがからんでる「The Outsiders」は特に最高)、今回はとにかくテンションのアルバム。曲の粒よりも勢いで押し切ってしまうところが、フォークやカントリーと同じくらいパンクを出自に持つこの稀有なオルタナティブバンドのオルタナティブたる所以を示しているかのよう。オッサンらやるな!


と、そんなオッサンたちよりもっとオッサンなストーンズの映画「Shine A Light」、昨日見てきました。
もう、およそ関東に住む音楽をやっている人は、親を質に入れてでも吉祥寺バウスシアターに急いだ方がいい。(だって年功序列の儒がこの世にあるなら、ともするとおそらくあなたの親より年上なのだ、あの平均年齢65歳の老人どもは)

リゲインやレッドブルに金払う暇があったら爆音でこれ見た方がよっぽど元気が出るね。
ミック、キレありすぎ!キース、カッコよすぎ!ロンウッド、若すぎ!(でも61歳)チャーリー、相変わらずもたりすぎ!笑

見るならとにかくバウスシアターの爆音コンサートPA上映、音楽映画はこれに限ります。
ツインギターがPAくっきり爆音のステレオで、キースやロニーがまるですぐそこでギターをかき鳴らしているかのように、指の動きとはっきり左右の爆音がシンクロする。あぁ、ギターってのはこう弾けばいいのか、とキースの佇まいは教えてくれるみたいだ。
有名曲は若干少ないセットリスト、ただしそんなことはロックンロールには関係ないのだ。クロマニヨンズの曲を知ってようと知っていまいと彼らの前では大して関係ないこととそれは同義だ。ブラスやコーラス隊を従えた、映像や演出のギミックには頼らない、最高のロックンロールエンターテイメントショウがそこにはあるのだ。
ジャックフラッシュのリフが鳴り響いて、ミックが腰振って袖から出てきたら、頭がカーっとなって、それで全てがどうでもいいような気分になるのだ。
爆音上映は23日までらしいので、急げ若人。(特にA石くんとI藤先生は爆音で見るべし!)


というわけで、身も蓋もないですが今年もよろしくお願いします。
では国立に広島皆実の応援に行ってこようと思います。民生やイッソンもいたりするのかな。

では三連休最終日、よき吉日を。
では今年も皆様よろしく。

BGM:ロックンロールショー / RCサクセション





TWITTER

最終更新日  2009年01月12日 11時01分25秒
コメント(6) | コメントを書く