347528 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

主婦から見た楽天的節約生活のススメ

2006.08.24
XML
ずっと前にUPしたマイキャラ、三太夫の『黒鯛の三枚下ろし』のブログが
あまりにも目に余りずっとリニューアルしたいと思い
今、少しずつ手を加えております。

▼その時の画像
お恥ず~.jpg

今も魚を捌く技術は変わらないのですが
画像の処理能力だけ育ってしまったようです。


(と言っても処理したのはマナイタのウロコなどいらない物だけですが)

そこで、少しですが昨日黒鯛が手に入りましたので
手直しすることにしました。

以下、手直しした部分です。



皆さま今日は。

大変遅れましたが
筆者ブログのバカ話から生まれました三太夫とは、実はこのキャラなんです。


三太夫はけっこうオッチョコチョイなの.jpg

普段は、かいがいしく(?)お代官の面倒を見てる
良き家来なんですが、得意な物が料理とありますので
今日は、先日届いた鮮魚セットに入っていた鯛の三枚下ろしに挑んでいただきましょう。

「はい、では着替えて参りますのでしばしお待ちを。」

・・・はいはい。

割烹着ですか・・.jpg って、これかい!







正宗&ウロコ引き.jpg

「ウロコを簡単に落とすには、届いた発泡箱ごと
シンクに入れ水を少し掛けながら尻尾から頭に向かって
満遍なく使うと楽なようです」



「洗ってウロコがきれいになったら、頭を左にしてまな板に乗せます」


※今回は、頭を利用しない場合の方法です。頭を潮汁などに利用する場合は
頭とエラ・カマを落とさなくてはいけないので


セットに入っていたヒラソさんを捌いてみました


のカマを落とすまでの部分などのような形で落として下さい。

両面から包丁で切り込みの巻.jpg胸鰭、腹鰭も一緒に斜めに裏表の両側から切り込みを入れました。
黒鯛、参りまする.jpg両側から切り込んだら、上の方の硬い場所に背骨があるので包丁の重みを利用して押すようにして切り落とします。

背骨が切れれば簡単に頭は落ちます。

尻尾の方まで入れますた.jpg

頭が落ちたら、頭側を右にして尻尾の方まで割いて腹ワタを出します。

・・左手はシャッターボタン押しているので写っていませんが添えてくだされ~。



腹ワタの向こうに白い膜があるので、それを包丁で割くと背骨が出てきます。

腹と背骨付近の血合いも洗って、キッチンペーパーなどで拭き取りました。

すーっとな.jpg

尻尾の方に切り込みを入れた後、私は背鰭スレスレに一旦下に切り込みを入れてから包丁を少し寝かせて背骨に向かって中骨に沿って切り込んでいます。

少し切り込んだら左手で身をめくるようにすると判りやすいかと思います。


背骨を境に背中側からと腹側から、骨に沿って切り込む形で下ろすことになります。

背骨まで骨に沿って切ってみました.jpg

腹側から、背骨に向かって切りました。
パキパキッっと一本ずつ切り離しました.jpg腹骨の付け根を一本ずつ、押すようにして背骨から外しています。

パキパキと音がしています。
とりあえず二枚下ろしになっただす.jpg背中側からも切り込んであるので、骨に沿って何度か包丁を行き来すれば、ポロっと二枚に下ろせてると思います。
尻尾から頭に向かって切り込みますた.jpg裏返して、同じようにして尻尾の方から頭に向かって切り込んでいます。
た・・だいま・・包丁の柄を・・お腹で・・押さえて・おります・・.jpgあともう一息っ。
あと一息でし.jpg腹骨も外して、よいしょっと・・
尻尾のズッコケはご愛嬌♪.jpgお・・おわりますた。

三枚下ろし・・・らしい。(ゼーゼー



今日はここまで!

時間の都合で、残りは後日やってみたいと思います。バイバイ


※今回のセットは、いつもの魚えーっセットにおまかせで
お刺身用のお魚が2品プラスされている
小魚宝箱魚えーっセット パート2小魚とお刺身用のお魚2品
に入っていた黒鯛を使ってみました。

小魚宝箱魚えーっセット パート2小魚とお刺身用のお魚2品








Last updated  2006.08.24 20:22:41
[真鯛・チダイ・レンコダイ・黒鯛など] カテゴリの最新記事


PR

X

Profile


ジャネたん

Archives

2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.