ジャニスは死んだ

ジャニスは先端恐怖症。
指をさされるだけでも「うぎゃあ」だし、傘の先を向けられても「うひぃ」だし、
針の先なんかもちろん厳禁、包丁の先ももちろんアウトだ。
例えそれが尖ってなくても、棒状の何かの先が既にダメみたいなのだ。
これは小さい頃からそうで、原因なんてわかんない。
ただ、これをやられると、理由もなく「ぎゃああああああ!!」と叫びたくなったり、
眉間あたりがムズムズして暴れたくなったり、いきなり臨界点を突破して泣いてしまったりする。

この、本来は自分にとって恐怖の対象であるものを、私は自分を攻撃する武器として持ち替える。
自分を罰する武器として使う。私の身のまわりには、必ずどこかに針がある。

私は針の先を腕に押し当て、力をこめて1本の筋を引き通す。
刃物はまだ使った事がない。怖いし、私は血が見たいわけではないからだ。

自分が自分を憎い分だけ、自分が自分を許さない分だけ、
自分が人を傷つけた分だけ、自分が不要品として産まれた事実を残すため、
様々な理由で、私は自分の腕に線を引いてゆく。
自分に痛みを与えるため、自分に傷をつけるため、自分を殺す代償行為として。
誰も殺してくれないなら、自分でやる。
誰も痛みを与えてくれないなら、自分で与える。
誰も傷を残してくれないなら、自分でつける。
私は罪人である。誰かに頼めばその人が犯罪者になってしまう。
だから、自分で自分を罰する。

血は流れない。猫の引っかき傷か、綺麗なみみず腫れにしかならない。
それでも、いつか、ぱっと見に解る傷跡が残るようになるのだろうか。
それとも、いっそ刃物で切ってしまえば、その恐ろしさに、その痛みに、私はそれをやめられるのだろうか。

私は自分に価値を認められない。
私は不要品として産まれた。
中島みゆきというアーティストに詳しい方は、
「やまねこ」と言う曲の冒頭部分に、似た部分があると思って下さってかまわないかもしれない。
私は娘として名乗り出てはいけない、実の父親と、その親族達にとっては、今となっては「いない存在」もしくは「いてはならない存在」である。

この痛みが腕に残るうちは、まだ針を手に取らずに済む。
それでも、私の中から私を裁く私の声が聞える。

もっと痛みを。まだ足りない。もっと罰せよと。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.