ジャニスは死んだ

モルモットがきた

大体の経緯は、日記をみてもらうと解るんですが、我が家にモルモットをお迎えしました。
あまりにも嫌な環境で、ほとんど投売りみたいな形で売られていた子を見て、
パートナーも私も我慢がならなくなった、と言うのが実際のお話です。

だってねぇ、モルモットを照明の真下、それも、他の動物が入ってる水槽の上にどっかんとのっけてあるんですもの!
姿を隠すスペースもない場所で、餌も全然食べられないぐらい緊張してるのわかるんですものっ。
で、まわりでなんとかインコって言う、すごいでっかいオウムみたいなのが「ぎゃーーー」とか言ってるし、
九官鳥が環境のせいか、犬猫の言葉しかラーニングしてなくて、「ばうあう」「ぎゃんぎゃん」「にゃー」とか言ってるし、
その子が入ってる水槽の真下はハムスターで、ちっこい丸いのがずっとがさがさやってるし、
もちろん犬猫がすっごい声で大騒ぎしてるし、

そこを通る人間共ときたら、
「あら~、骨折したんだって。かわいそうにねぇ~。お父さん、コレ飼えばいいじゃない?ねぇ、かわいいわねぇ」
と、水槽をカンカン叩きながら「ほらほら、こっち向いてごらん。かわいいねぇ~」
「骨折しただってー?治るわけねーんだよ。だから1000円なんだよ」
「骨折したのはちょっとねぇ~」
「連れてってって言ってるよぉこの子。ほらぁ」(水槽ガンガンガンガン)

もう、その段階で既に、私達2人からは怒りのオーラが出ていたことでしょう。
日記に書いたようなすったもんだの末、「絶対今日連れて帰るぞっ!」となったわけです。

名前は大体3日がかりで、正式に「ピアチェーレ」と決定しました。
イタリア語で「はじめまして」「お気に入り」などの意味をもつ言葉です。
はじめてモルモットをお迎えする私達から、彼女に対しての「はじめまして」であり、
心から「お気に入り」の家族になるのは間違いないので、この名前で決まりました。

まだ完全に慣れていないので、今のところ画像を載せるのは無理ですが、
いつか皆様にも紹介できたらな と思っています。
うちの新しい娘 ピアチェーレをよろしくお願いします。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.