◇◆◇◆ 勝手気ままなひとりごと!◇◆◇◆by akamaje

03/08/03 8耐

【きっかけ】
8耐を見に行く?・・・んなこと考えたことも無かった
そう今年の4月20日迄は・・・
大治郎の特別ファンと言う訳でもなかった私が今年の8耐は・・・と考えるようになった
まぁ私一人が行ったところで何が変わるわけではないのだけれど
WGPに8耐に居なければならない人が居なくなってしまったことを現実視したかったのか?
大治郎グッズを溢れさせ、彼の存在の大きさをアピールしたかったのか?
良くわからないけど行かなくちゃという気分になった

暑いのが嫌いなうちらは
「何を好んでムザムザあぢい処へ行かねばならぬ」という思いもあるし
金銭的にも年に2回のWGPで一杯一杯
しかも今年はマンションまで買ってしまった(-“”-;)
無理だろうな・・・・と思っていた

そこへ、ネットで知合った“きみさん”からお誘い
早速相方にお伺いを立ててみる
「今年はSUZUKIが勝つぜ、いいよぉん♪」と思いがけず乗ってきた。
夏のお出かけを8耐ということらしい(金額が随分違うんだけどぉ・・・)

相方の了解を取ったので「行きます」と返事をした数日後
「おれ行かない」と突然相方・・・
今年はワークスが出ない8耐になるはずだったらしい
「HONDAは裏切った」とか「インチキマシンを出しやがって」とか
ともかく怒りまくってて「絶対行かない」と言い切った。
一度言い出したら聞かない相方に飴と鞭を使って説得してみたものの梃子摺りました!

私の熱意と応援の企画にやっと根負けしてなんとか観戦決定!
仕事の関係で土曜日からの観戦からになりましたが
スペシャルステージと前夜祭が見れるでよしとしよう。

【出発日】

出発の4日前から相方は夜勤のローテーションに加わってしまい連絡がまるで無い・・・・・
メール位打てるだろうによう・・・
どういう風に落ち合うかとか、何時に出発するかとか何も決まらないまま当日になってしまった。(-""-;)

仕事中に「起きたら電話くれ~」とメールを送る
一体何時に帰ってくるのかも聞いて無いので正午ならいいだろうとメールの配送時間を正午にセットした
これでも気をつかったんだよぉ~
昼休みに入ってすぐ電話がなった。メールで起こされたとかやや不満げ・・・
「今日どうするの?」と私
「好きにしてください・・・」とやる気の無い相方
「じゃ、午後早めに電車で車を取りに来て、君んちの荷物を積み込んで、
私が帰る頃までに私の家の前でスタンバイしといて!」
「・・・・・・・・・」
「出来たらよろしくね」
「はぁ」
という感じで電話を切って自宅に戻る
自宅でさらに出かけるための準備を大慌てでして昼休み終了!

会社から仕事が終わって相方に電話を入れた。
「今どこ?」とσ( ̄。 ̄)
「自分ち」と相方「これから動くわぁ」だとぉ。
今から動かれてもしょうがない(ノ-_-)~ノ _|_|_

テント一式があっちの部屋にあるので車でそれを取りに行かないといけない
しかたなく車を駐車場から回して来る
出かけるために作った荷物を一人でせっせと積み込み
留守の間の少年の食事を若干用意し、お金もあちこち隠して準備OK
相方の家に向かう

やる気の無い相方と合流
高速乗る前に夕食
前から気になってたラーメン屋に入ってみる
ごはんにお漬物、マンゴープリン&コーヒーも無料でお変わり自由だったので
のんびり出来ないのがすご~く残念。又来よう。

入った途端、首都高が混んでる
都内抜けるまでに1時間30分も掛ってしまった(-“”-;)
東名に入ってからは一応順調
相方夜勤パワー炸裂で給油以外ノンストップ
午前1時鈴鹿ICに到着

途中サーキットへのほぼ真っ直ぐな道が新しく出来ていてかなり快適でした
キャンプ場の予約表を見せて駐車ゲートをクリア
前回の経験を活かしてとっととキャンプ場に入る
トイレ近くがまだ空いていたのでその一角に場所ゲット
相方はテントを建てたがっていたけど時間が遅いからと明朝にさせた
早速車の荷物を少し降ろして、車の中で寝れるようにする
暑い・・・・夜でもかなり蒸し暑い
エンジンを掛けるわけにもいかずスライドドアを開けて寝ることにした
カッコ悪いけど寝れないよりマシ
なにせ8耐、体力を保たねば・・・

【土曜日~SS&前夜祭】

朝、回りが動き出したところでうちらもテントを建てる
同じようなテントが一杯建ってるのは夏だからでしょうね。
うちのテントはテント型タープ。メッシュメッシュのあれでございます。
雨さえ降らなければここのキャンプ場は割りといい(←値段は高いけど)
テントの設営が済んで荷物を車から運び入れ、チェックインも済ませた
大ちゃんメットTシャツを着てサーキットに向かう

一旦入場ゲートをくぐった後で
「!」と思い起こし、チケット売り場に舞い戻る
「土曜限定S1席券」(2000円)と
「土曜限定パドックパス」(5000円)を手に入れる
そう、今日位は日陰に居たい
夜勤モードの相方は既にグロッキーモードで長時間の運転もあいまって倒れる寸前
S1席に乱入し、空いてる見晴らしのいい席を陣取る
正規の座席指定券を持ってる人が来たらどかなくちゃいけないんだけどね

すでに4耐のフリーが始まっていた。
4耐にはあまり興味は無いけどキャンプ場にいてもただ暑いので観戦することにした。
私はヨシムラ&SUZUKI応援団に申し込んでいるので
その人たちと連絡を取るために一人行動開始
誘ってくれた”きみさん”達となんとか合流
イベントが早速あることを聞いて急いで相方を連れ出しに戻った
日陰で快適なS1から離れたくなさそうな相方をなんとか引っ張り出して
JAJAイベント会場到着

ヨシムラとケンツのトークショーが始まるところだった
けっこう面白かったのに何を喋ってたかあまり記憶にない。
北川さんは熱があるとかで欠席でした。残念。
藤原克昭選手の話がおもしろいのとケンツの社長がいい味だしているのが
印象的だった。
ユッキーと藤原選手のやりとりおもろかった。
渡辺選手は真面目な回答が多かったかな?
他のキャラが濃すぎてちょっと薄まってしまったかもしれない。
がんばれ、チャンピオン!
じゃんけん大会は何度やっても勝った試しなく、私も相方も撃沈

次にダンロップでトークショーがあるというので付いていく
途中で通り過ぎたことに気づき慌てて戻ったらなんとか間に合った
内容は大体さっきのJAJAと同じような感じで時間も短かった

他にイベントは無いとのことだったので、うちらはS1に引き上げる
最後部席だったのでとても見晴らしがいい
しかも日陰・・・・相方は感激したようすで
来年のWGPはこの席を取ると張り切っていた。
簡単に取れるなら誰も苦労しないって・・・

折角手に入れたのでパドックへ向かう
パドックに入るなり渡辺選手発見!
数人に囲まれていたので、私も混ぜてもらう!
前にサインしてもらった人が「#1で」と言ったせいか
私の時にも「#1」で手の動きが止まってしまい
慌てて「2」(ヨシムラのゼッケンは12)を付け足していた。

それから高橋選手を発見
今回ヨシムラ&SUZUKI応援団に参加していることもあって
他の誘惑は耐えてきたけど
本能でサインを求めてしまった。(筑波が駄目だったから尚一層)
「写真お願いします」というとニッコリ笑顔で「ハイ!」
あ~参ったな!この笑顔に魅されてしまったぞ!
今回はヨシムラ&SUZUKI応援団の一人だから
そちらの選手を大々的に応援させてもらうけど
その次位に高橋選手を応援してもいいかなぁ(-“”-;)
彼にサインを貰って写真取らせてもらっただけで
パドックバスの5000円はもう十分元取ったって気分でした。
うん、幸せ!

昼食を取るためドラサロへ
ノリックが奥さん他数人と居らっしゃいました。
辻本さんもお掛けしました。

15時からスペシャルステージが始まった
私は「スペシャルステージ」という名前は知ってても何をするのか全然知らなかった。
今回やっと内容が理解出来た。
一人の選手を1周ずっと追いかけて映すなんて普段ないからとても面白かった。
吉川選手が転倒したのが残念だった。きっと本人が一番ショックだろうな。
最後近くまでユッキーのタイムが一番だったのにイトシンが更新してしまって
ポールを奪われた。悔しい・・・
まぁ2位だからいいっか!しかしポールは賞金100万とか・・惜しい

前夜祭が始まる迄2時間位あるので、夕飯を食べに行く
途中でダイヤモンド浴場が開いているのを発見
係りのお姉さんにちょっと話を聞いてみる
宿泊者(うちらはオートキャンプ場宿泊者)は無料で入れるらしい
クアハウスに行こうと思ったけどどうしようかな?

夕食はバイキング
今回はなぜか安い(1800円)
車で買出しをする必要も無くなったのでビールを飲むことにした。
いや~汗をしこたまかいた後のビールは美味い。
料理をこれでもかと食べた二人は苦しいお腹をさすりながら
一旦着替えを取りにテントに戻り、ダイヤモンド浴場に向かう
途中のクワハウスに行列が出来ていた。

係りのおじさんが「女性はすぐに入れます」と
私に言ってくれたけど作り笑顔で素通りしてしまった。
ダイヤモンド浴場の事は以前ネットで8耐を調べてる時に知り気なってたけど
WGPでも開いているのをみかけた事がなくて不思議に思っていた。
係りのお姉さんにその辺を聞いてみたら「F1」と「8耐」の時だけらしい。
金・土の2日間だけとか。
「時間がないから15分後にね」と言ったのに相方は一向に出て気やしない(-“”-;)
さっぱりしたら、疲れも少し取れて足取り軽く前夜祭に向かう

ゲートで入場チケット(観戦券)のチェックはあるけど指定のチェックはなくて
誰でも入れるらしい・・・
うちらがついた頃にはS1は既に満席で他の席に行くように案内していた
きみさんからS2に居ますと電話が入ったのでS2に向かったけど見当たらない

きみさんのサイトでマスコットガールの”ぱらさん”が来ているらしい
今回の8耐で会えるのをすごく楽しみにしていたから探してみるけどいなさそう・・・
ヨシムラ応援団の一人と一緒にいる人の帽子が似てる・・・
横目でチラチラ見てみるけど、やっぱり帽子が似てる・・・
思い切って声を掛けてみた
「あの~ぱらさんですか?」「そうですよ。」
私の事はきみさんから聞いていたのか、私の超失礼な出現にやさしく対応してくれました。
「あ~普通だ」と思わずボロリ
実はきみさんのホムペで彼女はとても楽しい存在で書かれていて
読むたびにぱらさんってすごく個性的な人だろうと勝手に思いこんでいたもので
目の前のぱらさんはあまりに普通の方でちょっと拍子抜けしてしまった。
後で考えたらなんて失礼な言動。ごめんなさいね。
笑っていらしたけどお腹が煮えくり返ってたらどないしよう。
―――――――――――
きみさんのホムペの掲示板に彼女からカキコがあり
「初対面の第一声が、「思ってたよりふつーの人だった!」って一体…
どんな人間だと思っていたのか、小1時間ほど
問い詰めたい気持ちでいっぱいなんですが(笑)」と私宛に書いてありました。
はい、喜んで問い詰めをお受けいたします。
いつでもどうぞってここで書いてもしょうがないか・・・(~_~;)
―――――――――――
そんなこんなしているうちに19:30前夜祭が始まった
歌あり、アトラクションありの後、選手たちの明日へのインタビューが・・
これも記憶があまり定かでない
ねむかったのかもしれない
仮面ライダーショーは私にはつまらんかった。
暑いのにたいへんだにゃ~

前夜祭は21:30で終了
きみさんたちはパドックへ行った
私も行きたかったけど結構疲れてて明日のことを考えると動く気になれなかった(T_T)
彼女たちは元気だわ

一人残ったヨシムラ応援団のなおさんとちょっとおしゃべり
キャンギャルが好きらしい彼とは話が合うのかちょっと不安だったけど
喋りだすとおもしろくてついついいろんなこと聞いたりした
1時間位話後うちらは引き上げることにしたが
なんとなおさんはこのままこの辺で夜を明かすらしい・・・スゴ!
夜のサーキットは不思議な気分。
この雰囲気は8耐ならではなのかもしれない。
とっとと帰って今日はテントで寝る。
広々してて気分がいい。あと2人は余裕で入るな。

【日曜~決勝日】

朝からあぢい・・・何もしなくても汗が流れる
宿泊者特典の朝風呂を堪能後、朝食バイキング
今日はヘイデンを見かけた
朝からしこたま食って、苦しい

一旦テントに戻り、観戦準備
今日はヨシムラ応援団に専念するためヨシムラTシャツで挑む
傘を差しながら見たいので椅子とクーラーボックスとか大変な荷物になってしまった
S2に到着
傘をさして椅子に座っていられるところを捜す。
簡易テントを持ってきている人が何人かいて「いいな、あれ」と相方羨ましそう・・・
「来年はあれ買おう」って来年来るのか?

11:00 スタート30分前なので応援席に行く
選手紹介があるのでD席に移動するらしい
近いのかと思ったら結構距離あって、ものすごい勢いで行くきみさん達を見失ってしまった
私は膝が痛くて走れないのよね。
なんとか追いついたけど、きみさんたちのあまりの真剣さにちょっと驚いてしまった。
もっと楽しんでやっているのかと思っていたけど全然違うみたい
もうファンというより身内だね。チームの一員みたいだ。すごいよ。
スタート前に声を掛ける。渡辺選手もユッキーも手を振って答えてくれる。
私は勝手が分からなくてオロオロしながら見ているだけ

スタートしてすぐに応援席にもどる。みんなの早いこと早いこと・・・
相方は私に付き合ってくれて一緒に戻るその途中
「ヨシムラ☆※△※◇☆!!!!」場内放送のアナウンサーの絶叫
急いで席に戻って「どうなりました?」と聞くと「炎上したって」呆然ときみさん・・・・
他にもヘイデンの11号車、岡田さんの74号車も転んでいて
どうやら撒かれたオイルにのって転んだらしい・・・なんてこと
レッカーされていく3台。リタイヤになっちゃいうのか?
優勝争いにはもうむりだろうな。。。一気に応援席の雰囲気は落ち込んでしまった。
2位を快走する北川さんのケンツ応援団の賑わいが
羨ましくて寂しくて、それでも救いだったようなそんな気分で昼食へ

応援団用のお弁当と飲み物を黙々と配るきみさん達
なんだか泣きそうな思いを作業で紛らわしてるみたいに見えた・・・
11号車のヘイデンがピットアウトした後でアナウンサーから
レッカーされた3台のリタイヤ扱いが発表され、
ヨシムラもリタイヤとなっていまった。
予想はしてたけどショック!!!!!!!
今年は優勝候補だったのになぁ
途中で本命といわれてたセブンスター軍団が消え
北川さんが体調不良とは思えない快走でトップのまま周回を続ける

私は途中でいろんな方からメールを貰い、遅れながらもレスを返す
バイブにして音量を最大にしててもなかなか着信には気づかなんだよね。
むらっぺさんが会いに来てくれて、セブンスターの看板の下で落ち合う。
初めてなのにとても話しやすい人でよかった。
短いけれど楽しい時間でした。これからプールとか・・・
うちらも水着もってくればよかった。急いで探したけど見つからなかったんだよね。

相方は炎天下のなか椅子に座って観戦。トイレ以外は動きゃ~しない
私はさすがに暑さにめげてきた・・・
応援団の人が「涼しくていいよぉ」と誘ってくれた「涼しいお部屋(女性限定)」に向かう
女性のための観戦ルームで入りアンケートを書くだけでお化粧品のサンプル
(今回は日焼け止めいろいろとヘアーケア用品)を貰え、尚且つ飲み物とお菓子ももらえる。
エアコンの良く効いた部屋の奥には、大きなテレビの前に椅子がずらっと並べてあり
サーキットのコース図やフラッグの種類が説明されてあった。
テレビでは当然8耐の中継が放映されてあり、一般女性ももちろん子供連れの人には助かるだろうなと思った。
ここはチームマリが主催しているみたいで去年もあったらしい。
代表の井形マリさんは私と同い年
チームマリのライディングスクールは5回位参加しているので挨拶しようと思ったけど
何気に急がしそうで結局一度も声を掛けられなかった。
もう、覚えてないかもしれないしなぁ・・・

何度かこのお部屋にお世話になりながら、応援団の人とも少し仲良くなれて
夕方少し日が傾いてきた頃S字に向かう

涼んで元気があるうちにと思って歩き出したけど、・・・ダメE席で力尽き果てた。
E席にちょっと立ち寄ったけど場所取りされててみる場所がない
立って見たけどビジョンもコースも遠くてつまんない
とっとと退散して、応援団席に戻る

それにしても寝てる人の多いこと
私と相方からすれば折角来て見ないなんてなんて勿体無いことを・・・
移動している時間さえ見れなくて勿体ないと思うのに・・・
だだ、やっぱり8時間持たせるためにはそうもしないとやってられないのかもしれないね。

ちょっと離れたイベント会場に沢山のお客さんがいるのにもびっくり
お祭りとはいえレースを見ないでイベントを見る
う~ん、わたしらには理解出来ないけどそういう観戦の仕方なんだろうな

北川8号車がピットストップのペナルティを受けた・・・
ピット作業違反?
なにやら規定人数より一人多かったとか?
相方はHONDAの陰謀だと言っていたけれど本当かどうかは分からない
ただ、30分以上経ってからというのはなんだかなぁ~

涼しくなってきて後3時間、後2時間とゴールの時間が近づく
ライトONの指示が出され北川さんのマシンにもライトが灯る
レーシングマシンにライト・・・不思議だ
北川さんがどんどんペースアップして2位の71号車の鎌田チームを引き離す
相方の解説によれば71号車は6回ピットを実行するからその分稼いでおかないといけないらしい・・・

後ゴールまで1時間を切った
2位を30秒以上引き離して、藤原選手に交代!
応援席はSUZUKIの応援旗を持った人がみんな立って
8号車の優勝を確信して声援を送ってた
隣のケンツ応援席には「トップで戻りやす!」とのメッセージ看板が立ててあり
お金も知恵も情熱もものすごく一杯掛けてる気がして
「すごいなぁ~」と感心するばかりだった
・ ・・・・・
なのに(-“”-;)
エンジンが掛らない
スタッフが押してピットロードを走るのに掛らない
応援団の席が押し黙る

急いでビットに押して戻し
点検作業に入るが原因が分からないみたい
あちこち交換してみるものの
エンジンは掛らない・・・
どんどん順位は下がる・・・
ビジョンに映し出される藤原選手の苦悩の顔
最初はすぐ傍に待機してたけど
奥に入ってはまた出てきたりを繰り返す
段々暗くなり明かりをもってくるスタッフ
時間はどんどん過ぎてもう間に合わない・・・・

ずっと応援旗をもって立ちすくんでた私も椅子に腰を降ろしてしまった。
ダメなのか?
体調不良を押してずっとがんばってきた北川さんの思いは?
その思いを知って最後の走行に挑むつもりだった藤原さんは?
あ~なんてこと、涙が出そうだ!
なんでだよぉ~~~!!!!!!
最初のクラッシュもショックだったけど
最後の最後にこんなことになるなんて・・・
もう呆然とするしかなかった。
一気に気持ちが抜けた。

ラスト1分前
隣の人が「ケンツ出るぞ」と言った
藤原選手が出て行くところが見えた
みんなで旗を振った
チェアホーンというのか笛を鳴らした
もうそれしか出来なかった

優勝は粘り強くあの位置を守った71号車
鎌田選手が大ちゃんの遺影を抱いてた
それはそれでいいことだと思う
大ちゃんの存在を忘れたくないからね
でも大ちゃんが勝たしてくれたとは思わないな
大ちゃんがこんなレースさせたなんて思わないよ
大ちゃんパワーがあるなら純粋に74号車に使って欲しかった
こんな最初から赤旗になってもおかしくないようなレース展開や
ケンツのマシンをトラぶらせたのが大ちゃんだなんて思いたくないよ
鎌田さんの勝ちたいとの思い中に大ちゃんへの気持ちがあったと思いたい

花火は綺麗だった
みんな勝ちたかったんだろうね
それぞれのドラマが沢山あったんだろうね
私たちのドラマも終ってしまった
ちょっとしょっぱかったけど

パドックへ行くというきみさんたちと行かないうちらはここで解散した
相方がHONDAの喜んでる姿は見たくないというもんで
ここにいても十分見ちゃうと思うけどな(-""-;)

表彰式の終わり頃
ケンツのピット上に北川さんと藤原選手が現れた
暗くてよく分からないけど
沢山のファンも下に集まってきた
何かを叫びながら下にものをばら撒いていく
タオルだったり、脱いだシャツだったり
かなり沢山のものをあげていた
いや~嬉しかった!!!
だって絶対悔しくて落ち込んでいると思っていたもの
まさかこんなに早くファンのみんなの前に出てきてくれるとは
しかも沢山のプレゼントもって
きっと優勝したらやろうと思ってたやつだったのかもしれないね。
本人達が一番くやしくて辛いだろうに
どん底に落ち込んでるファンを思ってくれるなんて感動!
ほんとうにこころが癒されました
ケンツの皆さん、ケンツファンのみなさん
どうもありがとう。いいもの見せて貰いました。
絶対テレビでは見れない現地にいたからこそ
あ~来て良かったと心から思った瞬間でした。

さて沢山の人が余韻を楽しんでいる間に撤収
テントに戻る途中のクアハウスは超混み状態
受付時間ギリギリに又来ることにしてテントに戻る
相方はもうダウンでイビキモード
私はなるべく片付けたいのでせっせと動いて再び汗まみれ
気持ち悪いので手腕顔をペットボトルの水で洗い流し
髪の毛を洗面所で洗いました。冷たかった~!

23時近くなったので相方を起こしてクアハウスへ
まだ混んでたけどさすがにこのまま寝るのはちょっと(-“”-;)
30分後といって別れたのに1時間たっても出てこない
最後に係りのおじさんが出てきたので
うちの相方出てきてないと伝えると
「中見てきていいですよ」と男子用の風呂場にお邪魔する
・ ・・・・・・・いない
携帯電話に電話する
・ ・・・・・・出ない
急いでテントに向かうもののすごく不安になる
どこにいったのぉ?

真っ暗なテントの中で動く人影発見
おもわず「なんで先に帰るのよぉ」と怒る
「待合室暗くて閉められてたからもう帰っていないと思った」と平然とのたまう
「待合室は暗かったけど閉められてなんかいない。私のほかにも人はいたんだよ」
「絶対閉まってた」と言い張り自分は間違ってないと主張する

「中で待ってる人間がいるのに閉まってるわけないじゃんか!
大体こんなに心配かけてゴメンなさい位言えないのかよぉ」
と最後はホントに頭にきて怒鳴ってしまった。
ご近所のテントの方ごめんなさい。
心が込ってたかどうかはわからないけどぼそっと「ごめん」といって寝てしまいました。
あ~むしゃくしゃしたけど、とりあえず謝らせたのでちょっと気が済んだ
「まったく~なんて男だ!!!!!!!!」と思ってしまった

翌朝早めに起きて撤収作業
前日に荷物はほとんど積むばかりにしといたので
後はテントを畳むだけ
それも手際よくできて6時過ぎには出発
途中は例のごとく私は口をあけて寝ていたようで
気がついた海老名でした(^^;

来年はちょっとわからないなぁ(~_~;)
「レギュレーションが変わらないなら来たくない」といいつつ
簡易テントを検討している相方
暑いのヤダとかいいながら、来年の話をしているうちら
ハマったのか?懲りたのか?
来年までお楽しみ♪

鈴鹿でお会いしお世話になった方々どうもありがとうございました。
特に遊んでくれた「ミリンダさん」「ひろこさん」あるがとう!
あこがれの「ぱらさん」あるがとう!
誘ってくれた「きみさん」本当にあるがとうでした!

ーーーー

そうそうノリックの親子バイク教室と琢磨のポケバイ教室見ました。
写真です。
隣は高橋選手やトークショーの様子
ケンツの暗闇盛り上がり大会他ピンナップいろいろです。
ちょっと小さくて見づらいけどご勘弁を~~~!


norick 高橋他

オピマイ

home


猫足点赤大


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.