◇◆◇◆ 勝手気ままなひとりごと!◇◆◇◆by akamaje

04/05/31 鈴鹿300km

SUZUKA 300km耐久RoadRace 鈴鹿サーキット 2004/05/31

【動悸じゃなくって動機】

2004年立てたレース観戦スローガン
「行ったことの無いサーキット」もしくは「行ったことの無いレースに行く」
・・・ということで
300km観戦に行くことが1ヶ月前に決定。

とあるルートで観戦券をget!
(↑意味深だけど大したことは全然無いです、ハイ・・)
1000円の値段に飛びついて買ったS1席もかなり良い場所だった。
本当はホテルに泊るという企みも有ったけど
思い立った時には既に満室でした・・・
GPや8耐の時はレース関係者だけで一杯なので絶対無理だけど
今回(300km)は一般客が泊れる猶予があるらしい・・
でも早く申込まないから今回はダメ~!フェーン!

【金曜日~出発】

出発する直前になって、またまた思い付いたことがあってサーキットに電話。
オートキャンプ場の予約があっさり取れた。ニン♪
簡単なアウトドアセットは常時車に携帯してるし
出入りの度に駐車場代を払うのはもったいないし、メンドイ。
それにクアハウスが半額になるっていう特典も魅力な~の~だぁ。

出発したのは多分20時頃・・。
途中トイレ休憩を入れた以外はノンストップで東名阪に入った。
・・・って言っても私は途中所々爆睡してましたけど。
鈴鹿IC手前のSAで寝ること決めて停車。
シートを倒して就寝・・・したけど

う~っ、うるさ~~~い!

車の出入りも人の声もウルサ過ぎ・・
貴重な睡眠時間、1時間もロスしちゃったけど
午前2時前にはサーキット到着。
トイレに近い場所に車を留めて今度こそ就寝。
でも暑いよぉ・・(>_<、)Y

【土曜日~予選】

雨降りの予報にカッパとか長袖とか詰込んで
ちと重いリュックで車を出発!
朝食を摂るべくさっそうとダイニングへ向ったけど
早すぎてまだ開いて無かった・・(――;;)
暫く待ってオープンと同時に店内に入ったらイトシン(伊藤選手)とバッタシ。
そして、しこたま料理を載せたトレイ姿の相方のすぐ背後・・
ユッキー(加賀山選手)発見!
びっ、びっくりしたぁ・・・(゜O゜;
そしてユッキーが「○▲※~~~!」と叫んでた相手は
あっちゃん(渡辺篤選手)でした・・

今回のレースは8耐の前哨戦ということで
昨年同様ユッキーとあっちゃんが組んで「ヨシムラ」で走る。
本日のうちらのいでたちはヨシムラTシャツ(通称「ヨシT」)。
背中にでっかく「ヨシムラ」と書かれたそれは
併設されている遊園地に来たと思われるお子様連れが
沢山ひしめいているレストランに有っては目立ったらしく
ユッキーがちっと気にしてくれたみたい・・(嬉恥)
遠くから写真を撮ろうかと思った私は
ユッキーとバッチリ目が合ってしまってドキドキ・・(-""-;)

昨年生死の境をさまようような大怪我をして
今年の初めにはレースなんて出来るのか?という状態だったので
すご~く、心配だったうちら・・
前回のイギリス選手権でWウインしたという記事に大喜びした直後だったので
「加賀山復活!」と表紙を飾ったRS誌にサインを貰おうと持って来た位だ。
ひさしぶりの生ユッキーは顔がやつれて見え、
歩いている姿も全快にはちと遠いそうだぞ。
表情は明るかったので鉄人ユッキーは大丈夫なのだぁと思うことにしました。
トークショーが楽しみ♪サインも絶対貰おうっと!(〃∇〃v)

食事を終えサーキットに向います。
雲行きはあやしかったけど時々晴れ間が見えたりして
あれれぇ?
パドックフリーなのでS1に荷物を降ろしてパドックへ
GPなら4万払わないと入れないピット上にも登れます。
係の人がだ~れも居ない・・・(*^。^*)
午後の予選からはタイムモニターも映し出され
VIPな気分だわん・・
グラスタでは感じられないチームの緊迫感とかも味わえ
ピットインしてきたライダーの表情とか作業内容とかも見え
放送が聴き取り辛いことを除けば、ピット上はかなり楽しい・・・
ただ座席取りがシビアですけど・・・(-""-;)

結局、公式予選1回目も2回目もずっとここで過しました。
スズキ勢は悪くはないけど苦戦しているという感じで
一歩及ばず・・
ケーイチさん(北川選手)が2位
あっちゃんは6位でした。
ユッキーがシケインで転んでハラハラしたけど
場内アナンスでは大したことは無いらしいというので
大丈夫なんだと安心しました。
予選を走らないのは大事をとってかなぁ・・

【日曜日~決勝】

点火ライターを忘れてしまって
コンビニパンとコーンスープの節約朝食が前日と同じダイニングに変更。
ブルジョワな朝飯だぁ・・・・
今日もイトシン(伊藤選手)発見!
ユッキーとあっちゃんには会えなかったけど、
きみさん達とバッタシ・・・
折角だから隣のテーブルにしようかと思ったのに
さっさと奥に入って行く相方・・んもうっ!(~_~;)
まぁ、お邪魔かもしれないからいいっか・・

スズキのトークショーに間に合うようにダイニングを出て
ステージ前で待機したけど、暑ちぃ・・・
これ本当に5月の天気なのか?
トークショーが始って愕然・・
ユッキーは(鎖骨)骨折してたらしい。
今日の出場は無理とか・・・
エ~~~ン!(T_T)
場内アナンスの「大した事無い」は嘘じゃんかぁ~~~!
シクシク・・
8耐まで2ヶ月しかないけど直るかなぁ・・

トークショーが始って、ケーイチさんとあっちゃん二人が登場し
今回の状況を説明してくれた。
ケーイチさんとこはSBにエントリーしてるけど
間に合わなくって中身はJSB仕様とか・・・
ホンダの引き立て役にはなりたくないと力強い事を言ってくれました。
「あっちの赤いとこには負けませんから」と言った後で
「あっ、シルバーだったね。」と言直したりしてお茶目でした。
あっちゃんはケーイチさんに向って
「(1人走行は)大変ですねぇ」とか言ってたらしいのですが
ユッキーの欠場で自分も1人走行になってしまい
「大丈夫。やれる!」と自分に言い聞かせてるとか・・・
ほんと、大丈夫だろうか?

決勝はS1席に座って観戦し、日陰だというに顔が赤くなる。
日焼け止めを塗っても日差しの強さが上回っているって感じで
兎も角暑いよぉ・・・

そんな中、耐久なのか?という感じでレースは進行。
ウッチー(宇川選手)とケーイチさんのバトルは激しく
耐久だってばぁ・・とハラハラしてしまう。
あっちゃんは6位グリットから徐々に追い上げていって
中盤から単独3位走行に・・・
ラスト10週から猛烈追い上げをするイトシン(4位)に脅威を感じてたら
ガス欠寸前だったのかピットイン。
安堵。
一人で走るケーイチさんはウッチーから井筒さんに代わった
セブンスターに徐々に引離されて30秒遅れで2位チェッカー
唯一のワークスマシンで2人体制のセブンスターが一位になったのは
当たり前というかずるいと言うか・・
でも久しぶりの表彰台でウッチーかなり嬉しそうでした・・

マシンを降りたあっちゃんは倒れ込むように芝生に横になって
笑わせてくれたけど、本当に大変だったと思います。
ケーイチさんも倒れ込みはしなかったけど
表彰台の傍にある柱につかまってたからしんどかったんだと思う。

表彰式の後はバドックに戻り
腕を吊ってはいるものの元気な表情のユッキーを見かけて安堵。
帰って来たばかりのあっちゃんとなにやら話してました。
たぶん「就臣さん、今夜奢って下さいよぉ」とか言ってかも・・
久しぶりに梁さんも見掛けました。
レースが終っても陽は高く、時間はたっぷりあるけど
暑いバドックにノックアウト。
パドックサロンで遅い昼食を取って引揚げることにしました。

クアハウスのプールで火照った体をクールダウンし、
ケーイチさんのサイン会に行くことにしました。
遠くから見ているだけで良かったのに、
「買えば~」と相方がしつこく言うのでサインの列に並ぶことに・・
Tシャツを購入した人限定130名にサインをしてくれるらしいのです。
黒地のTシャツにサイン?と思ってたら
シルバーのペンでのサインなので予想外にカッコイイ!
Tシャツの他にフラッグにまでサインを貰っている人が居たので
私もしてもらいました。
本当はジャンケン大会で初ゲットしたTシャツにサイン貰おうと思ってたら
「これは俺が普通に着る」と相方に奪われ・・渋々フラッグに。
私が貰ったんだぞぉ。
でも私には似合わないんだな、あれ・・
さっそくサインしてもらったTシャツに着替えてルンルンのσ( ̄。 ̄) 。

チェックアウトするためにフロントに行ったら
あらビックリ、あっちゃんとバッタリ・・
どうして私達ってサインを貰うタイミングで
ライダーに会えないんだろうなぁ。
良く言えば遠慮がちというか欲が無いというか・・

ところで来月はもてぎ・・
7月には8耐で鈴鹿再び・・
もしかしたらイベント1個参加?
なにはともあれ、節約生活にGO!

↓少ししかないけど写真です♪

suzuka300km

(左)ピット上からあっちゃんの撮影風景
(中央)サーキット内のイタリアンレストランで
「二輪ファンの方ですか?」と持ってきてくれた
大ちゃんのサインプレート
2001年日本GPで優勝した時のものらしい・・
(右)suzukiのブースで展示してあったマシン
凄い傾きだけどこれじゃ膝が擦れない・・
センサーパットが擦れるライダーって
一体どこまで傾けてるっつうの?


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.