000444 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ドイツ狂のブログ

2016.05.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ドイツ語を通してみようと思い立った人は、ドイツ語が風土となっている、あるものに興味を有するからかもしれません。ドイツ語はドイツではもちろんですが、ハプスブルクのオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを組み込むスイス等の一帯で話されています。

ドイツ語は英語に似ているところも多くありますが、本当は日本語に似ていると察する部分も多いのです。ドイツ語が英語と違って無茶ですと見紛うのは、格アレンジで名詞だけでなく形容詞までもアレンジするところでしょうか、冠詞部類+形容詞+名詞部類(3つの性)が最大の難関かもしれませんね。

ドイツ語の学習が進んで出向くと、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語的事が存在していることに驚きます。ドイツ語が日本語もののと見まがうところは、それはドイツ語の独特の倒置法がその原因のように思います。

ドイツ語ではお断り作文を仕立てる都合、お断り詞は最後に訪れることが多く、これは英語のお断り会話文とは明らかに語順が区分け、日本語ものの範囲作りになります。「身はその書籍を読まない。」という都合、英語とドイツ語では個人、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「身は~しない。」と言うお断りの会話文がドイツ語と日本語では最後に置かれると言う共通点があります。

ドイツ語は外来語として定着して掛かるものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっていらっしゃるものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の好転を通して、元来の旨からはずれてしまっているものもリます。瓦斯ボンベと言うのはもともとドイツ語ですが、本来は瓦斯爆弾の意味で、この語の場合は間違って定着した口上ですね。ドイツ語ではこの都合、ガスタンクといいます。これは明らかに第六感区分けされてしまった実態ですね。
ドイツ語を短期間でマスター『革新的ドイツ語攻略法』
ドイツ語の発音もとてもイージーです。感じ取るに要する期間間は2期間間くらいで十分です。フランス語の発音は20期間間かけても丸ごと感じ取るのは複雑なですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語の発音で複雑なのはMuseum(ムゼウム)など音節の切れ目がいくつか思い当たる都合ですが、あとは混乱はほとんどないと当てはまるでしょう。

ドイツ語はもともとロジカルな口上として日本には定着しています、昔は病院のカルテは洗い浚いドイツ語で書かれていました、ですから医学生には必修の口上だったのです。








最終更新日  2016.05.23 14:28:17
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.