000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ゲミュートリッヒな暮らし~Seit 2005

北朝鮮工作船~海上保安資料館の展示室から

★サイトマップ&ご案内

海上保安資料館横浜館の工作船展示室

海上保安資料館「工作船展示室」を見学!

九州南西海域工作船事件(平成13年12月)を伝えるための展示室

 平成13年12月、北朝鮮の工作船が、海上保安庁巡視船と銃撃戦を繰り広げた。工作船は自爆して沈没したが、船体が引き揚げられ、様々な調査が行われる。工作船からは、おびただしい武器が発見され、日本国内への潜伏を目的とした物品なども見つかった。海上保安資料館横浜館では、工作船の船体や、発見された武器などを展示し、海上警備の重要性を広く知っていただくための活動を行っている。拙者も見学に行ってきました。

工作船工作船~エンジンが異様に大きい

工作船は、自爆したため船体はかなり傷んでる。バカでかいエンジンがすごい↑

船首部分に迫撃砲までついてる!船籍を隠すための細工

船首には迫撃砲も装備、船籍擬装用に鉄枠が作られている。まさに海賊船だ。

対空砲を乗せるためのレール巡視艇が射撃を加えた跡

左側の写真は、対空砲を乗せるためのレール。巡視艇は、人間がいない船尾に向けて銃撃を行った。

船内は「小型ボート」も収容可能工作船に積み込まれてた物資

工作船に積み込まれていた大量の武器・・・なに考えてんだあの人たちは・・・

 あまり種明かしをしてしまうと面白くないので、ぜひ「海上保安資料館横浜館」に足を運んでいただきたい。有名な赤レンガ倉庫のすぐそばにあって、巡視船の勇姿も眺めることができる。
 展示物は、船体だけでなく、船内に積み込まれた大量の物資が陳列されている。中でも武器の展示は圧巻で、対空砲やロケット砲、機関銃がずらりと・・・。この工作船は、「麻薬の密輸や日本人拉致に関与した嫌疑が濃厚である。日本の暴力団との関係も指摘されている(Wikipediaより抜粋)」とされ、日本国内の様々な違法行為に関与している可能性がある。
 日本は海に囲まれている島国であるが、日常生活ではなかなか「海上警備の重要性」というものを肌で感じる機会がない。資源を海外から輸入し、製品を海外へ輸出し、膨大な海産物を消費しながら私たちは生活している。私たちの生命線は正に「海」であり、海の安全が多くの人々の努力によって維持されているという現実を学ぶべきだ、と思った。

管理者は大阪生まれの相模原育ち~地域リポート・旅日記の数々です。

★住んでる街、住んでた街・・ ・華の?東京暮らし ・札幌市~美しき北の都 ・相模原市 ・もう一度住みたい!~阪急沿線~

★リポート集 ・大阪神戸3大タワー ・リニア新幹線計画 ・北朝鮮の工作船写真集 ・クジラの町太地





Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.