000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ゲミュートリッヒな暮らし~Seit 2005

和歌山県太地町~捕鯨の町の博物館

★サイトマップ&ご案内  ・クジラの街の博物館  → ・捕鯨船を眺めて

捕鯨の町太地~くじら博物館の捕鯨船展示室古式捕鯨時代の勢子舟~装飾が美しい!骨格標本~建物に入りきらないから屋外展示

和歌山県太地町~クジラの町の博物館


名古屋から列車で約3時間40分!猛烈に遠い紀伊半島の町

 名古屋から紀勢本線特急「ワイドビュー南紀1号」に乗った。非電化区間が多くを占めるため、特急列車は未だに気動車だ。ガガガガ・・・とディーゼルエンジン吹かしながら進む列車は、列車というより観光バスに乗っているような雰囲気だ。こんな調子で紀伊勝浦まで3時間半!車窓からは、リアス式海岸の絶景を拝めます。


 紀伊勝浦駅到着が少し遅れたが、乗り換えの普通列車は待ってくれていた。1日数える程しかない本数なので、一つ乗り遅れたら「全てが終わり」という感じだ。このスリルはどうも病み付きになる。


 太地駅到着!ワンマンカーのため、運転手に切符を渡す。「古淵‐太地」と印刷された切符は記念に取っておきたいくらいだった。切符を見た運転手さんの表情が0.2秒ほど「??」となったのが味わい深い。で、駅前には町営バスが停まっていた。ネットで時刻を調べておいたとおり、乗り換えは上手くいった。万が一逃したら、タクシーを拾おうと考えていたが、タクシーなど一台も停まっていない!ここがスリル満点の地方旅なのである。町営バスは、のどかな漁師町を走りぬけ、くじら博物館前に到着です。

古式捕鯨の文化を育んできた太地町~その歴史を観光資源に


 町営バスを降りると、南国の植物が生い茂るリゾートっぽい雰囲気。くじら博物館に入場してまず目に飛び込んできたのは、江戸時代の伝統捕鯨の様子。これは・・・舟よりくじらの方がはるかにデカイ!舟ももちろん人力で漕ぐのだ。この博物館もお人形さんが活躍してますね。土肥金山を思い出しました。


 とにかく「エイ・ヤア」式の時代は命がけ。明治初期の記録では、海に出た男達のほとんどが遭難するという惨事もあったとか。舟は手漕ぎ、槍で「エイ・ヤア」、仕留めた後は生命をいただくことの感謝と鎮魂を込めて手を合わせるという、これぞ日本人独特の伝統文化が脈々と受け継がれてきた訳だ。展示品は、近世から現代に至るまでの商売道具の変遷、クジラの生態説明や骨格標本など、とにかくクジラの全てが分かる資料館と言える(クジラの博物館としては世界最大級です)
 もちろん館内では、調査捕鯨で得られた貴重なクジラ肉を買うことも出来る。大和煮とクジラ肉のカレーを購入!太地町まで買いに来れない人の為に、通信販売もあります。楽天でもありましたよ!


→次ページ:捕鯨船を眺めて

管理者は大阪生まれの相模原育ち~地域リポート・旅日記の数々です。

★住んでる街、住んでた街・・ ・華の?東京暮らし ・札幌市~美しき北の都 ・相模原市 ・もう一度住みたい!~阪急沿線~

★リポート集 ・大阪神戸3大タワー ・リニア新幹線計画 ・北朝鮮の工作船写真集 ・クジラの町太地






Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.