746991 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゲミュートリッヒな暮らし~Seit 2005

PR

プロフィール


相模_太郎

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

サイド自由欄

ゲミュートリッヒな暮らし~Seit 2005
フリーページ

★経済・暮らし

・金に投資する

・ジンバブエの超インフレ

・レトロ軽自動車萌ぇ~

・魅力的な鉄道とは?

・池田泉州銀行
   ~華のイメージガール


・阪神ファンと生活経済

・世界一ケチなドイツ人の節約術

・ユーハイム~究極のバウムクーヘン


★資格・検定

・社会保険労務士

・DCプランナー

・FP技能士

・証券外務員(二種)

・ビジネス実務法務検定

・メンタルヘルスマネジメント検定

・消防設備士乙種6類

・個人情報保護士


★住んでる街、住んでた街・・

・華の?東京暮らし

・札幌市~美しき北の都

・政令指定都市相模原

・もう一度住みたい!
  ~阪急沿線~



★リポート集

・阪神甲子園球場巡礼

・大阪神戸ロマンチカ

・リニア新幹線計画

・軍艦旗よ永遠なれ

・クジラの町太地


★文化・芸術

・阪神タイガース
  ユニフォームコレクション


・ブラームス

・ハプスブルク文化の愉しみ

・東宝映画ベスト

・中森明菜ベストアルバム

・帝政ドイツ~その記憶は永遠に


★サイトマップはこちら




【送料無料】阪急電車 片道15分の奇跡 征志とユキの物語 [ 永井大 ]




阪急 京とれいん 雅洛 展望編 梅田〜河原町 往復【Blu-ray】 [ (鉄道) ]




ユーハイム・バウムクーヘン




阪神タイガースグッズ TORACOアクリルピアス




宙組宝塚大劇場公演 ミュージカル・プレイ『神々の土地』〜ロマノフたちの黄昏〜/レヴューロマン『クラシカル ビジュー』【Blu-ray】 [ 朝夏まなと ]




MASTERPIECE COLLECTION『エリザベートー愛と死の輪舞ー』(リマスターBlu-ray版)('96年星組)【Blu-ray】 [ 麻路さき ]




希望〜Songs for Tomorrow [ 海上自衛隊東京音楽隊 三宅由佳莉 ]




【送料無料】 New Year's Concert ニューイヤーコンサート / ニューイヤー・コンサート2013 ヴェルザー=メスト&ウィーン・フィル(2CD+DVD) 輸入盤 【CD】




【送料無料】Stock [ 中森明菜 ]




【先着特典】天気の子 (CDサイズカード「大丈夫」ver.付き) [ RADWIMPS ]




【先着特典】「君の名は。」DVDスタンダード・エディション(特製フィルムしおり付き) [ 神木隆之介 ]




君の名は。1【電子書籍】[ 琴音 らんまる ]




【CD】映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」オリジナル・サウンドトラック [THCA-60157]




【楽天ブックスならいつでも送料無料】【特典なし版】風立ちぬ [ 庵野秀明 ]




白い恋人 54枚入




【ポイント7倍!】(※エントリー&楽天カード使用で)ニッカ アップルワイン 720ml※12本…




【純金 コイン 金貨】24金 ウィーン金貨 1/25オンス 2016年製 オーストリア造幣局 保証書付 ウィーン ゴールドコイン 純金 コイン ゴールド k24 24金 地金型金貨 wien gold coin 99.99% au ウィーンフィル ビオラ パイプオルガン




自衛隊グッズ 耐水性ステッカー ヘリ空母 護衛艦 いずも GLORIOUS CLOUD



★ウイグルに自由を!

uyghur.jpg

2020.03.29
XML

きらきら日々の仕事に加えて、いちいち人間との距離を測りながら行動するのは疲れる。金曜日の夜、家に帰ると緊張の糸がプツリと切れた。だから金曜ロードショーの「魔女の宅急便」を全部見る。いい年したオッサンが魔女宅にかじりついているなんて気持ち悪いけど、石畳の街並みとか、ボンネットバスとか、飛行船に思わず手を振ってしまう姿とか、前時代的な「絵」に魅せられるというか、少し現実逃避を味わいながらホッとする時間を過ごす。


車土曜日、ニシムタへ買い物に行ったついでに、東宝シネマの状況を見て来た。予想通り閑散としている。東宝の株主として胃が痛いところだ。それなのに、何でとなりのゲームセンターはガキ共で賑わっているのか。大声など出すはずもない映画館の方が、余程安全ではないのか?そう思ったところで、どうしようも無い。だから、せめて堂島ロールを買ってあげる。シネマのスタッフさんは驚いていた。なぜこの人は堂島ロールを?てな感じで。


船残念ながら、上映中の映画で見たいものが無い。見たい映画が一つあって、もうとっくに上映が終わっているアルキメデスの大戦。これは蔦屋で借りることになった。DVDプレイヤーが故障中のため、パソコンで見るしかない。でも、パソコンとミニコンポを繋げば、仮設シアターが出来上がる。テレビよりも重低音が効いて、かえって良いかも知れない。

軍艦旗(自衛艦旗)

ほんの一握りのエリート達の物語

船肝心の映画の方だが、日本海軍の制服の恰好良さが全開だ!あれを着たら、どんな男も男前に見えたそうだが、それは本当だと思う。映画の撮影に、法務省の赤レンガの建物を借りて「海軍省」と設定したみたいだけど、瀟洒なデザインの建物から、ネイビーブルーの詰襟を着こなした将校が、黒塗りのクラシックカーに乗って出掛けて行く・・・完璧とも言える「絵」だよな、と思った。映画なのだから、ビジュアルは確かに大事だ。でもこの映画で日本海軍の実態を知ることは到底出来ない。主人公を含めて登場人物は将校のみ。しかも雲の上レベルのエリート達だ。古い「海軍善玉論」を引きずっているような雰囲気があって、かなり割り引いて見る必要があろう。


船そんな彼らが生み出したのは、世界最大の戦艦大和だ。あれを見て老若男女問わず熱狂してもおかしくない。さすが無敵の帝国海軍、これで米英に勝ったも同然だ、などと勘違いするのも頷ける。これだから庶民はバカで困るんだ!と、立ち上がったのが100年に一度の天才と謳われた櫂直少佐。ずば抜けた数学の知識を駆使して、無謀な建艦計画を阻止しようとするのが映画のストーリーだ。櫂直少佐を見ていて、何だか台湾の天才IT大臣を連想させるような存在に思えた。もちろん、この種のキャラクターが90年近く前の日本で活躍出来るのは難しかったろう。
 この映画で気に入ったのは、笑福亭鶴瓶が造船会社の社長役で出たこと。「戦艦大和の菊花紋章の金箔を貼ったのは、笑福亭鶴瓶の岳父」であったそうで、粋な演出である。無駄な国家事業の最たるものだと言いながら、内心、みんな戦艦大和が大好きなのが我々日本人、そういう気持ちが透けて見えるよ(笑)。映画見ながら、大の甘党だった山本五十六提督を偲んで、堂島ロールをじっくり味わった。

軍艦旗(自衛艦旗)

船昨年、呉の大和ミュージアムを見学することが出来た。時間の制約上、大急ぎの見学だった。軍港内を巡る観光船に乗ったし、海上自衛隊のカレーを地元のレストランで食べたりした。楽しい思い出だったよ。写真とかをならべてあるページは→こちらからどうぞ









最終更新日  2020.03.29 12:30:04



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.