002646 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

わたしのブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/d2tbxqf/ 俺…
開放感@ 最近の大学生は凄いんですね。。 竿も玉もア○ルも全部隅々まで見られてガ…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…
ダル伊藤@ ズ ル ム ケ自慢の奴涙目w 包.茎の方がピストンしてる時に、皮がこ…
旋風脚@ いそぎ中継す!!!! http://kuruma.koreikura.net/gytrl5h/ …

フリーページ

ニューストピックス

August 26, 2007
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
5. いきなりISOの「規格」を読んでも意味がない!

 ISOに関心を持ち、「規格」を読んでみる。・・・まるっきりわからない・・・というのが10人中9人の意見だろう。

規格は、抽象的であり、英文の翻訳であり、また全業種に当てはめる為の表現である。

ちょうど、民法や商法を読むのと相通ずる所がある。

「○○を犯した者は、30万以下の罰金又は3年以下の懲役に処す。」という条文と同じだ。

「ISOは枠組」しか言っていない。だからわからない。こういう場合はこうなる。こうする・・・と言えば、言っている事の主旨がわかる。

経営者は品質方針を決めなさい。・・・という規格がある。しかし、「どんな方針?」というと、ISOでは答えは教えない。

自分の会社なんだから、自分で決めなさい。・・・という考え。

品質方針の例を示されればわかる。仕事の実際と対照して規格を理解しないと意味はつかめない。

いきなり規格を読んでも意味はつかめない。当り前です。

殆どの中小企業の経営者は税理士に決算処理を依頼し、相談する。何故か?
税法の解釈は、専門性が必要なのだ。

いきなり、法人税法や所得税法を見ても、どうやってよいかわからないのと同じなのです。意味がない・・・というよりわからないのが普通です。

規格は、それだけ読んでも、意味はないのだ。






最終更新日  August 26, 2007 10:35:45 PM
コメント(78) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.