一日一冊:読書日記「読書普及研究所」

国家のために死んだ人に敬意をはらう義務

 ・「戦勝国か敗戦国に関係なく、いかなる国家も国家のために死んだ人に
  対して敬意をはらう権利と義務がある!そんな宗教を信仰しようが、
  国家のために死んだものは、すべて靖国神社にその霊をまつられるべきだ
  し、そうすることを進言する。もし靖国神社を焼き払えば、それはアメリカ
  史上最大の汚点となるであろう!」マッカーサーはビッダー神父の迫力に
  圧倒され、結局、靖国神社の焼却計画は中止となった。(p245)


「超速!最新日本政治外交史の流れ」竹内 睦泰、ブックマン社(2005/02)
¥1,050(評価:★★★★☆)
購入する


●終戦後、GHQが靖国神社を“諸悪の根源”とみなして焼き払う計画
 を持っていたことをはじめて知りました。

 ローマ教皇代表ブルーノ・ビッター神父が強力に反対してくれたおかげで、
 その計画は中止となったそうです。
 

●そして今、靖国神社への首相の公式参拝を非難する国があります。
 首相は参拝しないという密約があったという人もいますが、
 真相はどうなのでしょうか。





参考になったと思う方はクリックをお願いします。

bannar



スペースがいっぱいになってきましたので、最近の名言はこちらで紹介しています。⇒ ブログ【一日一冊:今日の名言】


------------------------------------------------------
殿堂入り無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
メルマガ登録ホームページ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.