一日一冊:読書日記「読書普及研究所」

目標を低くしていることこそ罪悪なのだ

 ・失敗することではなくて、目標を低くしていることこそ罪悪なのだという
  事実をよく覚えておいてほしい。(p21)


「世界で一番簡単な運命を変える本」ロバート・シュラー、三笠書房(2003/07)
¥560(評価:★★★☆☆)
購入する


●街を歩いていると、カップルにもいろいろあって、似たもの同士もあれば、
 全く不釣合いもあります。


●たとえば、そのまんま東はかとうかずこと結婚しています。芸人と女優。
 これは不釣合いです。しかし、話を聞いてみるとそのまんま東以外、
 かとうかずこにアタックした男がいなかったというのです。


●つまり、その他の男は自分で勝手にかとうかずこに不釣合いだとあきらめ、
 そのまんま東だけが、失敗を恐れずにアタックし成功したわけです。結局、
 アタックするから成功する可能性があるのであって、自制したひとには
 成功の可能性はまったくないのです。





参考になったと思う方はクリックをお願いします。

bannar





------------------------------------------------------
殿堂入り無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
メルマガ登録ホームページ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.