一日一冊:読書日記「読書普及研究所」

有能な人は大切にすべきであり、無能な人は

 ・有能な人は大切にすべきであり、無能な人は排除すべきだ。厳しく差
  をつけることが、本物のスターを生み出す。(p49)


「ジャック・ウェルチわが経営」ジャック・ウェルチ、ジョン・バーン
日本経済新聞社(2001/10) 上¥800、下¥800
(評価:★★★☆☆)
上巻
下巻


●人事というものは非常に重要なもので、サラリーマンの関心事は人事だけ
 と言ってもいいでしょう。なぜなら、それが誰にでもはっきり見えるもの
 であり、隠すことのできないことだからです。


●したがって、サラリーマンは人事を見て、「あっ、こうすれば出世できる
 んだな」「なんだ、このレベルでもOKか」と判断しているわけです。


●日本の大企業の場合は基本的にレイオフはありませんので、無能でも
 そこそこの役職にはつける会社もあるでしょう。そうした会社は無能
 レベルの人は安心して働けるのです。


●しかし、ジャックのように10%の無能な人たちはレイオフしていくという
 ことになると、その人たちはどのように行動するのか。興味がありますね。




参考になったと思う方はクリックをお願いします。

bannar




------------------------------------------------------
殿堂入り無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
メルマガ登録ホームページ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.