一日一冊:読書日記「読書普及研究所」

自分の可能性に投資したほうがよほどいい

 ・一日2000円の残業代のために時間を浪費してしまう人が、たくさんいる
  のである。そういう人は、もっと稼げるようになるために勉強しようとか、
  2000円ぽっちなら副業で稼ごうと考え直したほうがいい。(p109)


 ・「金が金を産む」というのは、大金持ちになってからの話であって、貧乏
  な間は期待しないほうがいい・・・資本が小さければ小さいほど、自分
  では何もできない。・・・それならば自分の可能性やビジネスに投資した
  ほうがよほどいい。(p104)


「お金とツキが転がり込む習慣術」和田秀樹、祥伝社(2005/01)¥1,365
(評価:★★★☆☆)
購入する


●著者の和田秀樹さんは、本の印税と通信教育ビジネスで2000万円
 貯まった段階で、次の投資先を考えます。


●そして、その結論は、自分自身への投資でした。精神医学・心理学を学ぶ
 ためにアメリカへ留学することにしたのです。


●2000万円程度のお金であれば、5%で運用しても年100万円。
 年間たった100万円なら利殖よりも自分に投資したほうが効率的と
 考えたわけです。




参考になったと思う方はクリックをお願いします。

bannar




------------------------------------------------------
殿堂入り無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
メルマガ登録ホームページ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.