一日一冊:読書日記「読書普及研究所」

改善案を実施に移す作業のほうが大変だ

 ・金田の経験によれば、この改善案を実施に移す作業のほうがはるか
  に大変だ。「なだめ、すかし、おどかし」という言葉があるが、
  この普及・伝道活動を根気よくできる「説得屋」の頑張りで、変化
  への活動は初めて軌道に乗る。(p51)


「トヨタ式最強の経営」柴田昌治、金田秀治、日本経済新聞社(2001/06)
¥1,470(評価:★★★★★)
購入する


●継続的な改善を行っていくには、「言い出し屋」「ヒラメキエンジニア」
 「説得屋」といった分担を持った人材が必要なようです。その一つが欠け
 ても、改善活動は停滞してしまう可能性があるのです。




参考になったと思う方はクリックをお願いします。

bannar



------------------------------------------------------
殿堂入り無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
メルマガ登録ホームページ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.