一日一冊:読書日記「読書普及研究所」

現場を知らずして、その提案の価値判断はで

 ・現場を知らずして、その提案の価値判断はできない。(p139)


「安藤百福の一日一得」石山順也、KKロングセラーズ(1988/09)
¥1,152(評価:★★★☆☆)
購入する



●29歳の高塚猛がボロボロの盛岡グランドホテルに支配人として赴任した
 とき、彼は、朝6時に朝食を手伝い、夜2時にはロビーの従業員と話をし
 ていたといいます。睡眠時間は3時間。


●カルロス・ゴーンも日産に赴任した直後、工場やディーラーなど様々な
 部門を回る現状把握の旅をしています。ホンダのトップディーラーも
 訪問しているのです。そして、朝から夜まで仕事をしているのでセブン
 イレブンと呼ばれました。


●伸びる会社とボロボロの会社の差は、トップが現場を理解しているか、
 いないか、それだけなのかもしれません。




参考になったと思う方はクリックをお願いします。

bannar



------------------------------------------------------
殿堂入り無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
メルマガ登録ホームページ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.