一日一冊:読書日記「読書普及研究所」

私は人間のクズで、家内がすばらしいんだと

 ・家内はとてつもなく利口な人間だった。利口で、私のダメさ加減が分かる
  から、すべてを許して、私が気づくまで我慢していた。私は他人のことが
  全然見えていないから、これっぽっちも我慢できない。私は人間のクズで、
  家内がすばらしいんだと気がついた。(p182)


「生きてこそ」野口誠一,すばる舎(2004/10) ¥1,470
(評価:★★★★★)
購入する


●どうしようもない人というのはいるものです。けれども、そういうどうし
 ようもない人に限って、言ってもまったく分からないのが世の常でしょう。


●ここに人間関係の難しさがあると思うのですが、言ってもわからないの
 ですから、あとは信じるしかないのではないでしょうか。


●小言を言って反発されるよりも、信じてあげる。本人は「変な奴だ」くらい
 にしか思わないでしょうが、気がつくまで待つしかありません。


 

 


参考になったと思う方はクリックをお願いします。

bannar






------------------------------------------------------
殿堂入り無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
メルマガ登録ホームページ



参考になったと思う方はクリックをお願いします。

bannar






------------------------------------------------------
殿堂入り無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
メルマガ登録ホームページ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.