一日一冊:読書日記「読書普及研究所」

カーネルは、人を喜ばせることがビジネスだ

 ・カーネルは、人を喜ばせることがビジネスだと考えていた。『自分の
  信念に基づいて何かいいものを作り、それを広めることにより、より
  多くの人が喜んでくれる。』これが自分のビジネスだと信じていた。
  (相澤徹)(p194)


「カーネル・サンダース」藤本隆一、産能大学出版部(1998/09) ¥1,575
(評価:★★★☆☆)
購入する



●売っているものが人を喜ばせるものであれば、それを人に知らせ、
 売ることは一種の責任なのかもしれません。


●もし、よいものが売れなければ、それは社会の損失です。





参考になったと思う方はクリックをお願いします。

bannar






------------------------------------------------------
殿堂入り無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
メルマガ登録ホームページ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.