一日一冊:読書日記「読書普及研究所」

ビジネスの戦場において「謙譲の美徳」とか

 ・「実るほど頭を垂れる稲穂かな」とかいうのは、実際はあくまで村社会
  の内部において妥当するわけです。外部との関係でいえば、ビジネスの
  戦場において「謙譲の美徳」とかいって、後ろを見せていたのでは後ろ
  からブスッとやられる(金森重樹)(p6)


「常識の壁をこえて」ダン・ケネディ、阪急コミュニケーションズ(2005/04)
¥1,575(評価:★★★★☆)
購入する


●今、カザフスタンで仕事をしていますが、海外では「謙譲の美徳」は
 全く意味がないですね。ブスッとやられっぱなしです。





参考になったと思う方はクリックをお願いします。

bannar






------------------------------------------------------
殿堂入り無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
メルマガ登録ホームページ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.