一日一冊:読書日記「読書普及研究所」

気がつくということはそれをせよという至上

 ・「気がつくということはそれをせよという、我境に一貫した一つの
  至上命令である(p189)


「自分経営の心得」丸山敏雄、近代出版社(2002/05)¥1,575
(評価:★★☆☆☆)
購入する


●「ぱっ」と心にひらめくことがあります。


●例えば、尊敬している人が茶道をしていることを知ったとします。「あっ、
 茶道か」と思ったら、茶道入門教室に行ってみる。


●ジュースの自動販売機の周りのゴミが気になったとします。「汚いな」と
 思ったら、すぐにビニール袋を持ってきて、掃除を始める。


●思いつきの行動は、うまくいかないこともあるでしょう、失敗することも
 あるでしょう。しかし、何もしなければ、いいも悪いも分からないし、何も
 得られないのです。気がついたときに即座に行動する人、行動しない人では、
 日々、差がつき、人生の最後には大きな差となって表れるに違いありません。




参考になったと思う方はクリックをお願いします。

bannar






------------------------------------------------------
殿堂入り無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
メルマガ登録ホームページ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.