一日一冊:読書日記「読書普及研究所」

フリーページ

読む「心の薬」


田中角栄


100人の村


高塚猛


「夜回り先生」水谷修


特攻隊員の遺書


斎藤一人


福島孝徳


メルマガ「一日一冊:人生の智恵」サンプル


読者の声


感謝!リンクしてくれた244名様


本を愛する人のブログ


メルマガ「ジョークの壁」サンプル


メルマガ「オール電化の謎」サンプル


本好きへの100の質問


今日の名言


わくわくできる自分を好きになる


自分の欲望を49個書き出してみなさい


国家のために死んだ人に敬意をはらう義務


目標を低くしていることこそ罪悪なのだ


自分に与えられた条件の中でベストを尽くす


書類が積んである。これは能力がない証拠


自動車は毎分、二人を殺している


「他人の人生から学んでみよう」


先住民の文化は近代文明にズタズタに蹂躙さ


ひとつを極めることは、すべてを理解する


発想は、すでにあるアイディアの組み換え


指摘するときは、代替案を提示しろ


社長が覚えなければならないのはお客様


事業計画会議の価値はリーダーたちの情熱


アサヒビールでは部長会で読書会をやりまし


質問することの重要性を忘れてはいけません


元本を損なう危険を受け入れることは失敗


なんせ会社を一つ経営しているもんでね


社会生活の上では慎重な態度で災いを防げ


自分は答えを持っていて、私をためしている


僕を抱きしめてくれたんだ


十年後の自分のために、今できることは何


何をやるにも常に基本方針に反しないか


欧米人は「敵と決めたら徹底的に打ちのめす


自分自身に充実する


お金持は、失敗を成功のための経験と考えて


国家に必要な事業は利益のいかんを問わず


・コーチは、「ボールを見て」とは言わずに


名前を覚えることに喜びを感じなさい


学生時代:語学力をつける、本を読む、旅を


葬式の成功失敗は、会葬者数を把握できるか


怒っている人間は一生懸命です


有能な人は大切にすべきであり、無能な人は


すっきりしない答えが返ってきたときには、


富者は人手を雇ってやらせる


クライアントを紹介してもらえないか尋ねる


有能な上司はアウトプットで部下を評価する


客より営業マンが多い営業は、どのような


どんなにお金を出しても人の優しさを買うこ


不安のない人生など、どこにもありません


賞賛による堕落から逃れる方法は・・仕事を


アメリカではできる可能性が50パーセントあ


仕事は「思いを実現する場」


「五年後はどうなっているか」を考えてみる


リーダーが解決策を持たないで、部下は動き


睡眠時間は最低でも六時間ぐらいは要ると言


文章構成はすべてエロサイトから学び、体系


一分間マネジャーは状況によってスタイルを


ウッズも世間に認められるまで15年かかっ


なすべきは私心をはなれて断固行うというこ


自分で新しい肩書きをつくり、その肩書きで


仕事での行いは、その人が何を手にするかを


クレームが大きいほど期待は大きい


自ら機会をつくり出し、機会によって自らを


松下は熱意のある人を可愛がりました


ダンボールに穴を開けてそこから外をのぞけ


共感を得られた時にだけ,より突っ込んだ対


考えることは仕事の中で最も苦しいこと


自分の可能性に投資したほうがよほどいい


量をこなすことを覚えました


品質の差が小さいとコスト競争力が決め手


先輩から受けた恩は,後輩に返しなさい


ヤクザの最大の勉強の場というものは刑務所


悩んだらメモを作れ、そして素早く行動に移


すべての痛みと苦しみは唯一、自我から生じ


究極の投資家とは、自分の会社の株式を売る


消費税収だけで基礎年金を賄おうとすると、


にんじんにはにんじんのよさ。大根には大根


改善案を実施に移す作業のほうが大変だ


現場を知らずして、その提案の価値判断はで


ビジネスパーソンであれば、仇はビジネスで


くじけない人間は、やがて誰からも信用され


ボクがいいと思うもの意外は絶対に載せない


覚悟があれば堂々と叱れると思います


真剣に怒られたりした経験のある奴は伸びる


あいつすごいよね、やっぱり」という仕事を


人が成長するのには、「本との出会い」と


元気よく社員が飛び出してくるディーラーは


誰かが無礼なことを言ったら、静かにこう言


家庭は学習の場ではありません。くつろぎ、


あなたが期待する以上のものを人生から得る


国益とは金儲けと安全の確保である。


中国人の行動にヒントを得て『国富論』を書


残るのは・・思い出だけなんだよ


「無意識くん」はギリギリが好きです。


感謝をささげることから一日をはじめなさい


ノルウェーではアンデルセンは哲学者であり


「怒りは無知」「泣くは修行」「笑うは悟り


売上げに直接つながらない「捨てページ」を


人間の心で行う思考は、人生の一切を創る


固有の標準を用意しなくてはならない


「ここから何が学べるだろう」と自問する癖


監督者に必要な資質は三つある


言われたら素直にやってみる人だから成功で


メモして該当する封筒に入れてそのままにし


先進的な考えを持っている人が世の中を変え


上手な言い方ができる人は、本当に頼もしい


「問題点」と「解決策」と「証拠提示」


営業の「やってもやらなくても同じ」は、「


金儲けの面白さは、そのプロセスと配分の仕


何も変えないで、事態が変わればいいと思っ


世の中は、正否がわからないんです


アメリカは中国からの留学生を大学に受け入


努力とはぼくは思っていないです


偉大な人物は、群集の中にあり孤高の精神を


親が子供にしてあげることは、働くことは楽


あら探しをして、よくなったためしがない


それでつぶれてしまったのは、選手の90%


偉人を育てた母は、その子よりも偉い


現金を持ち出した時は、その社員に即刻辞め


お金を使って、後悔を買っている愚か者


私は人間のクズで、家内がすばらしいんだと


胃の中をどんなに分析しても、その人の好物


僕だったら、転勤なんて、すっぱり断ります


車を買う人を紹介してくれる度に二十五ドル


プロジェクト・チームで自由に発言させ、彼


白紙の紙を二人の間に置いて,そこにすべて


カーネルは、人を喜ばせることがビジネスだ


政府は補助を与えることはできても、企業を


自分が主役になって自主的に働き、夢を描い


考え方が変わらない限り、苦しみの質は同じ


人間は根源的に物語を欲している


子どものうちにこそ自己啓発書を


皆さんは、一人残らず素晴らしい。


自伝を書くことができる人というのは挑戦が


一週間も売り場を離れていると、わからなく


朝起きたとき、やらねばならぬ仕事があるこ


疑ったら使うな、使ったら疑うな


教えることを前提に教わると理解が格段に高


ビジネスの戦場において「謙譲の美徳」とか


その夢に近づく何かを始めるか、さもなくば


日本はパリ講話会議で人種差別禁止案を提案


愛する人のために、こんな私に何かできるこ


娘が公園にいこうと言いました。いいねえ、


彼、このごろようなったな」と周りにいうと


限界がたった一つある。それは自分が決め


いつもその年のテーマを決める。


毎週組織的な計画表に従って行動するように


手を握るなどという最高につまらないことを


自分の金で飲めない奴は店の女に手を出すな


大事なことは、余分にひとつやる習慣だ


1日3通手書きのハガキを書くと人生変わる


世界を変えるのは、権力や富ではなく、また


今日という日は人生のうちで最も重要な一日


仁者こそ間違いなく善い人を善いとし、悪い


幸運が訪れないからには、訪れないだけの理


若手の求められるのは何といっても”速さ”


気がつくということはそれをせよという至上


「受け止められた」と思った瞬間から、本当


神様、私に変えられないものを受け入れる平


料理というのは舌で覚えるもので、腕で覚え


ディテールにまで細心の注意を払ってデザイ


自家用車もクラウンなどの高級車ではなく軽


目標達成のために欲しい支援者を決めてしま


外国人の目は、いっそう明白にものごとを見


どんな相手にも絶対、命令を下してはいけな


一日一日は人生の縮図だよ。そして夜は、


2006年02月01日
XML
----------------------------
カザフスタン:ウラルスク:12時-10℃:晴れ
----------------------------

昨晩、かなり雪が降って、30cmくらい積もりました。(写真)

日本のように、こんこんとは降らないんですね。

イメージとしては、「さわさわ」という感じです。

あまり振っている感覚はないのですが、時間が経つと積もっているんですね。









一冊の良い本との出会いから、あなたの人生に全ての良いことが起こります

------------------------------------------------------
無料メールマガジンより本日の一冊は・・・
------------------------------------------------------
聖の青春
「聖(さとし)の青春」大崎 善生、講談社(2002/5) ¥680
(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)
★購入する・もっと詳しく★

------------------------------------------------------



●著者紹介・・・大崎 善生

 1957年生まれ。日本将棋連盟に入り、「将棋マガジン」
 編集部を経て、「将棋世界」編集長。
 退職後は、作家活動に専念。


●村上聖(さとし)氏は、どこにでもいる元気な子どもでしたが、
 3歳頃からたびたび熱を出すようになりました。
 そして、5歳になった夏のある日、顔が風船球のように
 おおきく膨れ、医者からネフローゼと診断されます。

※ネフローゼ

 肝臓の機能障害により、血中の淡白が尿に排出され、
 体内の淡白濃度のバランスが崩れ、水分が体の細胞に流出。
 その結果、顔や手が異常にむくみだす病気。最悪の場合、
 肺水腫などで死亡することもある。原因は不明。


●入退院を繰り返す聖は、6歳になって将棋を覚えます。
 療養学校に入り、家族と離れた生活をしながら、
 字もろくに読めないのに将棋の本を読み続ける毎日でした。


●9歳となると、将棋の本を読んでいるだけなのに、
 大人にも将棋で勝つようになります。
 もっと強くなりたい。そして名人になりたいと思うようになります。

 ・もっともっと強くなって、名人になりたい。
  そう思った瞬間、聖の胸はわけもなく熱くなった。(p53)


●実家の近くの将棋教室では将棋の相手がいなくなり、
 聖は、広島将棋センターに通い始めます。
 そして将棋付けの日々。


●中学1年生になると、アマ名人を破るほどに強くなり
 「奨励会に入り、プロになる」ことを望みますが、家族は反対。

 ネフローゼという病気を理由に反対の両親は、
 親族会議を開いて聖を説得しようとしますが、
 逆に集まった親族は、聖の信念に逆に説得されてしまいます。

 ・「谷川(名人)を倒すにはいまいくしかないんです。
   お願いです、僕を大阪にいかせてください」
  その純粋で真摯な情熱を前に誰も口を開くことができなかった。(p71)


●聖は、病気でたびたび寝込むというハンディがありながら、
 奨励会の階段を駆け上がり、17歳で四段昇級、
 25歳でA級八段昇級を果たします。


●そして、平成7年11月7日、A級順位戦において、
 聖は、念願の谷川浩司と対戦し、谷川を破ります。
 名人がすぐそこに見えてきたのです。

※A級順位戦

 順位戦は名人を頂点とするリーグ戦で、A級、B級1組、B級2組、
 C級1組、C級2組の5クラスから成り、A級10名の中から
 優勝した者が名人挑戦者となる。


●しかし、平成9年に膀胱がんであることが発覚。
 手術をするも、がんが再発し、29歳で帰らぬ人となります。


将棋に打ち込み、そして、目標である「名人」に
 もう少しで手が届きそうな中で倒れた村山聖氏。
 涙が流れました。


●病気とともに将棋の世界を駆け抜けた村山聖氏の人生に
 ★4つとしました。



聖(さとし)の青春」大崎 善生、講談社(2002/5) ¥680
(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)



■関連記事

 ・★★★★☆「人生一手の違い」米長 邦雄、祥伝社
 ・★★★★★「人間における勝負の研究」米長 邦雄、祥伝社



この記事を評価する

ブログルポ投稿中の記事

★★★☆☆「成功ノート術」和仁 達也、ゴマブックス
★★★★☆「気くばりのツボ」山崎 拓巳、サンクチュアリ出版
★★★★☆「野心を抱け」ジム・ローン、きこ書房
★★★★☆「日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条」山本 七平、角川書店
★★★☆☆「商品の時代」ジム・ロジャーズ、日本経済新聞社
★★★★☆「ヤフー!グーグルSEO対策テクニック」鈴木 将司、翔泳社
★★★★☆「夢はかなう」イアン・ソープ、PHP研究所(2003/4) ¥1,575
★★★★☆「俺が黒字にしてみせる」杉野 正、かんき出版(2003/11) ¥1,470
★★★★☆「聖(さとし)の青春」大崎 善生、講談社(2002/5) ¥680
★★★☆☆「速効ビジネス」平 秀信、フォレスト出版(2004/12) ¥1,470







★この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング



★「日本ブログ大賞」の「読み物部門」にノミネートしています。
ちょっと手間がかかりますが、投票しても良いと思った人はよろしくお願いします。
  ↓  ↓
日本ブログ大賞


 

楽天日記では、メルマガの一部を掲載しています。

全部読みたい!!と思った方は、こちらからメルマガ登録をお願いします。
------------------------------------------------------
メルマガ大賞2005【ビジネス・キャリア部門】第三位!!
無料メールマガジン「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録本のソムリエ公式サイト






最終更新日  2006年02月01日 19時16分06秒
コメント(2) | コメントを書く
[★★★★買いましょう。素晴らしい本です] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

楽天プロフィール


本のソムリエさん

一日一冊、本のソムリエがおすすめの本を紹介しています。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ワイン  読書  海外旅行  食べ歩き 
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.