463624 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

自由ひろば

PR

Calendar

Free Space





Profile


日本101

Category

カテゴリ未分類

(0)

読書

(10)

家電

(23)

AV

(1)

IT(ICT)

(22)

映画

(9)

音楽

(10)

ショッピング

(9)

食べ物

(19)

ファッション

(13)

TV

(11)

健康

(25)

スポーツ

(16)

教育

(56)

人物

(42)

国際

(10)

企業

(74)

科学

(1)

宇宙

(25)

自然

(21)

環境

(24)

動物

(9)

人類

(6)

歴史

(17)

提案

(1)

経済

(9)

金融

(6)

英語

(3)

数学

(3)

アジア

(9)

日本

(9)

中国

(36)

韓国・北朝鮮

(15)

インド

(13)

中東・アフリカ

(7)

アメリカ

(6)

ハワイ

(2)

中南米

(0)

欧州

(13)

イギリス

(0)

フランス

(1)

ドイツ

(2)

ロシア

(1)

イアリア

(1)

北海道

(2)

東京

(3)

横浜

(2)

名古屋

(4)

京都

(0)

神戸

(0)

福岡

(0)

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

ひばり@ Re:美空ひばりの名曲『川の流れのように』のエピソードについて(12/24) この歌の何処がいいのか細かく説明してく…
高橋 弘@ お母さんの描いた絵 3月15日、NHK昼の「スタジオパーク…

全10件 (10件中 1-10件目)

1

音楽

2009年03月22日
XML
カテゴリ:音楽
2009年2月13日の金スマ名曲物語で赤い鳥の「翼をください」が紹介された。
学生時代を思いだす曲でもあり、面白かったので書き記した。

「今、私の願いごとが叶うならば翼がほしい」というメロディー。

1971年に赤い鳥によってリリースされた100万枚を超える大ヒット。
徳永英明、川村カオリなどたくさんのアーティストが様々なアレンジでカヴァーし続けている。
全国の学校では音楽の授業や合唱の曲として慕われ、老若男女誰もが歌える国民的名曲。

しかし、元「赤い鳥」ボーカルの山本潤子自身も忘れ去っていた曲だった。
一度は歌い手に忘れられた曲だった。
後に一人の青年の努力によって救われた、数奇な運命をたどった曲でもあった。

その物語とは・・・
38年前、翼をくださいを発表したのはフォークグループ「赤い鳥」でボーカルリスト山本潤子(当時19歳)の歌声は美しくあるコンテストであのオフコースを2位に退けて優勝したこともあった。

「翼をください」はもともと3rdシングル「竹田の子守唄」のB面曲にすぎなかった。
しかし、はじめて歌った時、特別に印象を抱いたという。
「赤い鳥って鳥じゃないですか、翼をくださいっていうタイトルもそうですし、赤い鳥がどんどん成長していってね、音楽会で認められるようになりたいっていう気持ちも重なったりして・・・」

山本潤子が感じたとおりA面を凌ぐ人気となり100万枚を越える売上を記録。
グループの活動も順調に続くかと思えば1974年に赤い鳥は目指す音楽性に違いから解散を迎えてしまう。
山本潤子は元赤い鳥のメンバ-と1974年に「HI-FISET」を結成。
歌う音楽を今までのフォークソングからポップミュージックへと大きく路線変更するのである。
1stシングルは荒井由実の作詞作曲によるデビュー曲「卒業写真」は大ヒット。
変わりたかったという思いから一切赤い鳥の曲は歌わなかった。
もう「翼をください」を忘れ去っていた。
こうして封印され、歌い手にすら忘れ去られようとしていた。

しかし、一人の成年の手によって新たな命が吹き込まれていたのだ。
それは赤い鳥が解散直前の1973年、音楽の教科書等を出版する教育芸術社でのこと。
そこに努める橋本祥路(当時25歳)は新しい合唱曲集の選曲を担当していた。
彼こそが翼をくださいを教科書に載せるきっかけになった人物。
今でこそ教科書には合唱曲として井上揚水の少年時代やSMAPの世界に一つだけの花など歌謡曲やポップスが並んでいるが、当時は前例がないこと。
野バラやふるさとなどクラシックや童謡がほとんどの中、なぜ彼はこの曲を選んだのか。
(子供たちが)歌うことによって心が少しでも安らいでもらえればいいかなという気持ちもやっぱりありましたね。

希望に満ちた歌詞は子ども達にピッタリと考えた彼だったが、上司は大反対、やはり難しいことだった。
だが彼はあきらめずある中学校の合唱部に協力を依頼。
実際子ども達に歌ってもらい感想を聞いた。すると新しい曲の雰囲気、歌っていてとても元気になれるなどとても評判がよかった。
彼の熱意により合唱曲集に翼をくださいが初の掲載。
その1年後の1974年に、これまでの常識を覆し、教科書にも採用されたのだ。
こうして一度は忘れ去られた名曲は子供たちという新たな歌い手によって歌い継がれていった。

一方教科書に載ったことなど知る由もなかった山本潤子は、この出来事が曲だけでなく潤子自身を救うことになった。

「HI-FISET」解散後の1994年ソロ歌手となった彼女だったが、はじめてたった一人で活動することに不安と行き詰まりを感じた。
「自分のスタイルというか、まだ確立していないというか、何が合っているのかっていうのを模索しながらやっていたので、常に不安との戦い。
そんな時におきた偶然。
小学生の娘がリコーダー(縦笛)で吹いていたのが、翼をください。
20年前に歌った曲との思わぬ再会だった。
なぜこの曲を知っているのか、山本潤子は嬉しい驚きを覚えるのと同時に
「学校で習ってきたって言われ、この曲こんな所まで浸透しているんだっていうか、改めてビックリしました」
この出来事をきっかけに山本潤子は、久しぶりにコンサートで翼をくださいを歌った。
「すると大合唱になったんですよ。鳥肌がブワァ-って立ってすごい曲だなとか思って自分自身がビックリするぐらい、みんな歌ってくれたんです。」

こうして封印した翼をくださいに力をもらい山本潤子は精力的に活動を再開するのである。

そして現在30年以上にわたり教科書に掲載し続けられているこの曲を歌う子供たちも。
元気がない時に歌うとすごい元気になるし、好きです。
勇気づけられたり、楽しくなるような気がします。
歌っててすごく勇気がでるし、自分に自信がもてるからすごく好きです。
数奇な運命をたどりながら国民的名曲となった翼をくださいはこれからも人々に元気を与えながら歌い続けていくだろう。

中居は言う。
「僕も変な話ですけど、VTRで教科書がダって出た時に“世界に一つだけの花”っていうのは今知りました。」

山本さんにとってこの曲というのはどんな存在だったんでしょう?
「出発がね、赤い鳥が歌った曲なんですけれども、完璧にこの曲は皆さんの歌というか、皆の歌だなーっていう気がします。」

◆翼をください
歌手:赤い鳥
作詞:山上路夫
作曲:村井邦彦

今 私の願いごとが
かなうならば 翼が欲しい
この背中に 鳥のように
白い翼 付けてください
この大空に 翼をひろげ
飛んで行きたいよ
悲しみの無い 自由な空へ
翼はためかせ 行きたい

子供のとき 夢見たこと
今も同じ 夢に見ている
この大空に 翼をひろげ
飛んで行きたいよ
悲しみの無い 自由な空へ
翼はためかせ

この大空に 翼をひろげ
飛んで行きたいよ
悲しみの無い 自由な空へ
翼はためかせ 行きたい

NEW BEST 1500 山本潤子

金スマはほとんど見ないが、織田哲郎やEXILEなど時折面白い。






Last updated  2009年03月22日 12時19分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年11月09日
カテゴリ:音楽
レオナ・ルイス、ビヨンセ(ディスティニーズ・チャイルド)、セリーヌ・ディオン
福山雅治、EXILE、サザン(桑田圭佑)

青山テルマ、浜崎あゆみ

久石譲
モーツァルト

・テレビ
NHKのSONGS、MUSIC FAIR、ミュージックステーション






Last updated  2008年11月09日 20時49分22秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:音楽
NHKのSONGSに福山雅治が出演し北京オリンピックでアスリートをみて感じた話は全てに通じると思えたので紹介する。

強い思いをもったものがやはり次ぎのステージに誰よりも早く到達することができる。
目標を達することができる。
今回3大会目だったが見ていて、もちろん技術とか能力とかあるのだが、やはり気持ちが強い人が最後は勝っているような気がした。
そういう、なんだかんだいって気持ちってあるんだと。

根性論ではないが、そういったものとは違う
強いハート、
強い思い、
強いイメージが必要なんだなって。

思いの強さこそが自分を導く、
戦うアスリートから得たメッセージをこの歌に込めた。

HIGHER STAGE(詞・曲 福山雅治)






Last updated  2008年11月09日 20時18分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年03月16日
カテゴリ:音楽
2008年3月10日(月)めざましテレビの見たもん勝ちDXで、フジテレビのめざましテレビキャスター陣5人がセリーヌ探検隊と称して、大塚さん、高島彩、中野美奈子らが、3月10日(月)東京ドームで行われたセリーヌ・ディオン(39歳)のコンサートを見に行き、その状況を詳しく解説していた。

中野アナ 「スケールが全然違う、今まで歌声聴いたことがないっていうような。本当に女神という言葉がピッタリでしたよね。」

大塚さん 「常にアクティブに動き回るしね。」

高島アナ 「オールバイマイセルフのところが、ちょっとアカペラになったんですよ。もう染み入るようで。」

みたもん(のりかず)チェック
セリーヌは日本語で歌う。
「私 私はとても幸せね。あなたの愛に包まれているから。今夜はもう離さないで。夜が明けるまで。」と歌った。

コンサートの後で、直接まざましキャスター陣と対面した際にもコンサートで披露したこの日本語の歌を歌い、みな大興奮していた。

軽部真一は解説する。
9年前の1999年の東京ドームライブでも歌っているこの曲のタイトルは「WATASHI」という。実は11年前の1997年の武道館公演でも歌っていた。
この曲の原曲を入手。この曲を歌っているのは1980年代にサンディ&サンセッツのボーカルとして活躍したサンディさん。この曲はもともとサンディさんが、1992年にブラジル女性コーラスグループのトリオ・エスペランサに提供した曲。
ではセリーヌはどうやってこの曲を知ったんでしょうか?

カギを握っているのは葉加瀬太郎さん。実はトリオ・エスペランサが歌う「WATASHI」がお気に入りで、よく自分のラジオ番組で流していたとのこと。その葉加瀬さんが1997年にセリーヌと1997年にセリーヌとワールドツアーに一緒にまわっていた時に教えたのではという説が有力なのだという。
バックのコーラスも一緒に歌っていたという。

日刊スポーツ紙面を見せながら、余暇も楽しむセリーヌも紹介した。
3月7日(金)に一家3人で有楽町のビックカメラ本店でショッピングを楽しんだ。およそ2時間でデジタルカメラなどを購入。買い物客にも機嫌よくサインに応じていたという。マイケル・ジャクソンも同店を訪れているが、貸切ということはしないみたいという。

大塚さん 「息子はゲームがとても好きといっていた。」

高島アナ 「あまり滞在時間がないので、お土産もちゃんと買えなかったのでと言ったいたので、こういうのも楽しめたでしょうね。新幹線に乗るのも楽しみにしてたみたい。」

大塚さん 「この後大阪公演があって、さらにマカオへ行って全部で27カ国と過酷で大変なツアー。」

さすがフジテレビの”めざましテレビ”だ。個人的にはNHKの”おはよう日本”も見ているが・・・






Last updated  2008年03月16日 11時45分08秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:音楽
2008年3月10日(月)めざましテレビの見たもん勝ちDXで、フジテレビのめざましテレビキャスター人5人のセリーヌ探検隊と称して、大塚範一、高島彩、中野美奈子ら5人が、3月10日(月)東京ドームで行われたセリーヌ・ディオン(39歳)のコンサートを見に行き、その状況を詳しく解説していた。

ただそれだけではなく、コンサートの後で、直接対面した映像も映し出され、日本テレビ(読売テレビ)などのスポンサーでないフジテレビだが、大塚さん個人の力量だと思うが、最高の番組であったので紹介する。

別の仕事で参加できなかったという軽部真一が詳しく解説した。

5万人のファンが見守る中、広いドームに歌声が響き渡る。
日本だけのサプライズゲストが登場、セリーヌは言う。
「私の友人を温かくお迎えください。伊藤由奈」

あなたがいる限り~A World To Belive

あなたがいる限り ~A WORLD TO BELIEVE IN~

伊藤由奈×セリーヌ・ディオン『あなたがいる限り ~A WORLD TO BELIEVE IN~ (UGAカラオケ楽曲)』
セリーヌとの人前でのデュエットははじめて、しかも東京ドームに足を踏み入れたのも、5万人の大歓声の前で歌うのもはじめてという伊藤由奈(24)。
伊藤由奈は終わった後で、めざましテレビのインタビューで
「すごく緊張したんですけど気持ちは最高でした。子供の頃から聴いてきたあのセリーヌ・ディオンさんと今歌って来たんだよな~って・・・私も絶対がんばろう!セリーヌさんが言ってくれた『由奈もこれからだからがんばってね』って言ってくれたのがすごく・・・またパワーいただきましたね」と涙を手でぬぐいながら語っていた。

5万人の大観衆を前に全27曲を見事に歌いきったセリーヌ・ディオン。その感動覚めやらぬめざましキャスター陣と世界の歌姫と夢のご対面。

大塚さん 「お久しぶりです」
セリーヌ 日本語で「ドウイタシマシテ~」
大塚さん 昨年末ラスベガスで一緒に写った写真を見せながら英語で「私のこと覚えていますか?」
セリーヌ 英語で「おーラスベガスでトロを食べてる写真だわ」
大塚さん 「素晴らしかったですね今日のショーは。女神を見たような気がしましたね。」
セリーヌ 日本語で「楽しんでる!?」
大塚さん 「楽しんでる楽しんでる最高でした。」
高島アナ 「出ない声ってあるんですか?」
セリーヌ 英語で「私の声や音楽の力をくれるのはファンのみなさん。今夜のように反応がいいと限界を感じません。ラスベガスのショーはリビングで歌っている感覚。今回のツアーはもっとダイナミック!」
高島アナ 「ご自身のご自身へのご褒美は何を?」
セリーヌ 「愛する息子がご褒美よ。息子は歌手ではなく母親の私を待っててくれる・・・」

最後にめざましくんのぬいぐるみと時計をプレゼントされた。






Last updated  2008年03月16日 10時57分24秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:音楽
ちょうど1週間前の2008年3月9日(日)に東京ドームでのセリーヌ・ディオンの来日コンサートに行った。
Celine Dion TAKING CHANCES WORLD TOUR 2008

2007年12月18日のめざましテレビの見たもん勝ちDXで大塚アナがセリーヌ・ディオンのラスベガスでの“A NEW DAY”最終公演の模様が紹介された影響と、9年ぶりの来日公演ということもあり、次はいつになるかわからず見逃してはならぬと思い、直前の2月末にチケットを買って見に行った。

残念ながらチケットを買うのが遅かったため、アリーナ席のSS席(15,000円)は取れず、S席(12,000円)で一塁側の席に座った。
年配の方が多いのには驚かされたが、何よりセリーヌのアクティブな動きと驚くべき声量には驚かされた。

18時開演だが(いつものことだが)18時15分にスタートした。日本語でトロと言う言葉を発しトロがお好きなようだ。
テンポの良い明るい日本語の歌を歌った時には驚かされたが、セリーヌのサービス精神あふれる飛ぶ抜けた明るい性格にもあっている曲だと思えた。

19時25分頃
伊藤由奈が日本だけのサプライズゲストとして2008年1月にコラボ曲としてリリースした「あなたがいる限り~A WORLD TO BELIEVE IN」を歌った。

19時57分頃
1997年公開の映画『タイタニック』の主題歌になった「My Heart Will Go On」を熱唱して締めくくった。
最後はセンター側から出ていった。

日本では18万人を集客したセリーヌだが、長く続いたラスベガスから家族との世界旅行をかねたハードなワールドツアーが始まり、年齢・体力的にもピークであろう。夫の健康も回復し、子供は小さくセリーヌにとっても最も幸せな時で、今、世界(地球上)で最も成熟した最高峰の歌手に違いないと心底感じた。

だが、多くのマスコミはスポンサー局とフジテレビを除きTOKIOの山口結婚のニュースと同程度か、それ以下の扱いには幻滅させられたが。

なお、以下はコンサートに来た芸能人だ。
3月8日(土) 矢沢永吉、郷ひろみ
3月9日(日) 小林麻央、めざましテレビのキャスター陣(大塚、高島彩、中野美奈子等)
3月11日(火)朝青龍、秋川雅史

コンプリート・ベスト(初回生産限定)






Last updated  2008年03月16日 09時42分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年12月24日
カテゴリ:音楽
昭和の名曲、美空ひばりの最後のシングル曲となった『川の流れのように』を作詞した秋元康が細木数子の番組に出演し貴重なエピソードを紹介した。

平成元年、享年52歳の短き生涯を終えたが、その葬儀で参列者たちが歌って送った曲がこの曲であった。
秋元康は当時とんねるずとかおニャン子クラブの作詞で多忙であったが、自身から美空ひばりに詩を書きたいといって、生田スタジオに来てといわれ、3時間から5時間待った。ようやくあえて「あなたのことは知っているわよ、よろしくね」といって終わったという。
普通ならこんなに時間をかけて待ったのにと思うが、そういうことを感じさせないオーラがあり、謁見できたという感覚をおぼえたという。

一番は、美空ひばりがあれだけ波乱万丈な、半生をいきていて、大丈夫よ人生なんて、川の流れのようなものだから、なんとかなるわよという応援歌をつくろうと思ってのことだという。
そのときにたまたまニューヨークに住んでいて、前にイーストリヴァーという川が流れていて、そろそろ日本へ帰りたいと思っていたので、そのときにこれは日本につながっているんだなと、それが重なって”川の流れのように”となった。

元々10曲のアルバムをつくっていたが、その中でシングル用に「♪ハハハ」という非常に元気な応援歌をシングルにしようと思っていたが、美空ひばりの方からどうしても、川の流れのようにをシングルにしたいと、歌手生活で一度もスタッフに反論をいったことがなく、全部任せていたが、この曲だけはじめてわがままを言った。

レコーディングしたときに、美空ひばりは
「この曲はいいよねといって、人生っていうのは真っ直ぐだったり、曲がってたり流れが速かったり遅かったり本当に川の流れのようなものなのよ。でもね、最後はみんな同じ海に注ぐのよ」といったという。
そのときはすごいことをいうなと思ったが、後にすごい意味をもっているなと思ったという。

 知らず知らず 歩いてきた 細く長い この道
 振り返れば 遥か遠く 故郷(ふるさと)が見える
 でこぼこ道や 曲がりくねった道
 地図さえない それもまた人生

 ああ 川の流れのように ゆるやかに
 いくつも 時代は過ぎて
 ああ 川の流れのように とめどなく
 空が黄昏(たそがれ)に 染まるだけ

 生きることは 旅すること 終わりのない この道
 愛する人 そばに連れて 夢 探しながら
 雨に降られて ぬかるんだ道でも
 いつかは また 晴れる日が来るから

 ああ 川の流れのように おだやかに
 この身を まかせていたい
 ああ 川の流れのように 移りゆく
 季節 雪どけを待ちながら

 ああ 川の流れのように おだやかに
 この身を まかせていたい
 ああ 川の流れのように いつまでも
 青いせせらぎを 聞きながら






Last updated  2007年12月24日 21時34分16秒
コメント(1) | コメントを書く
2007年12月22日
カテゴリ:音楽
2007年12月18日のめざましテレビの見たもん勝ちDXで、映画『タイタニック』のテーマ曲『My Heart Will Go On』で有名なセリーヌ・ディオン(39)の12月15日ラスベガスでの“A NEW DAY”最終公演の模様が紹介された。

12日に大塚さんも訪れたスーパーショーで2003年から行われてきたが5年間の公演数は717回、動員数300万人、チケット売上4億ドルというから驚きだ。
最終公演ではプログラムにはいっていなかった The Christmas Songを熱唱した。
6歳の息子とセリーヌを発掘しガンと闘病中の夫もステージに上がった。

ライブ・イン・ラスベガス“A NEW DAY”のDVDが発売されたが、その映像には家ではフランス語で会話するセリーヌや携帯の着信が息子の声であったり、舞台裏でショーがはじまるまでは実に多忙でヘアーメイクしてもらいながら食事をとるところや、衣装の早替えなど貴重な映像が盛りだくさんだ。


セリーヌ・ディオン / ライヴ・イン・ラスベガス[2枚組]
セリーヌはショーを開催していたこの5年間、自分の中でもっとも成長したのは母親としての部分だったと語る。

年が明けるとワールドツアーで家族と一緒にまわるという。東京には2008年3月8日,9日東京ドームで公演する。






Last updated  2007年12月22日 21時40分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年04月07日
カテゴリ:音楽
春の歌といえば、
福山雅治の”桜坂”であろう。
2007年4月6日のミュージックステーションスペシャルで「春うたリクエストBEST111」でベストタイトルに桜が付く楽曲の売上げダントツ1位として紹介され、コブクロの”桜”に次ぐ2位であった。
福山は、「ラジオのオンエアとかでこの時期になるとちょこちょこかけていただいて、ホントに嬉しい。皆さんにプレゼントしてもらったと言うか、愛していただけるというのは、ホントに歌い手冥利に尽きる」といい感謝している。


”美しき花”も良い。
現在発売中のアルバム「5年モノ」にも入っており、同番組で88位で、子供の成長を花に例えて描かれた歌として紹介された。
新庄剛志が打席に入るときに流れていた曲らしく、福山自身がラジオで「非常に練られたサウンドメイク、バックトラックアレンジメント・・・う~ん・・・素敵」と言っていたが、この季節にピッタリの曲だ。

ケツメイシの“さくら”は同番組3位で桜が散る風景から恋人を思い出す着歌として紹介されたが、かっこよく、テンポがよく好きな曲だ。

森山直太朗の“さくら”は6位で卒業によって別れる友人との再会を誓った曲であり、やすらぐ曲だ。

荒井由実の“卒業写真”は14位で03年浜崎あゆみがカバーし話題になった曲で卒業シーズンには欠かせない曲だ。







Last updated  2007年04月08日 16時38分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年02月18日
カテゴリ:音楽
好きな曲のひとつに福山雅治の”桜坂”がある。

今は渋谷に住んでいるともいわれている福山だが、

モデルとなった坂は東京都大田区の住宅街の一画にある。
その桜坂の付近に住んでいたといたという。

最寄駅は東急東横線の田園調布の隣駅の多摩川駅で
多摩川線に乗り換え一駅目の沼部駅にある。
北方に徒歩で5分程度。

アザラシのタマちゃんで騒がれたところのすぐ近くでもある。

その頃は多摩川をはさんだ、反対側の川崎市(第三京浜を降りたところ)の・・荘に住んでいたらしい。
『ひとつ屋根の下』のドラマが終わるまで住んでいたとラジオで語っている。
給料15万で家賃は5万5千円だったという。

日曜日16時の福山雅治のSUZUKI TALKING FMは毎週聞いているが、
下手なお笑いよりよっぽど笑える。
また、福山自らも言っていたが、この時間帯は(夕日が見れる時間帯で)なんとも哀愁ただよう独特の雰囲気もよい。
下ネタを交えた本音トークと音楽のギャップが良い。

人生の先輩として、
年齢を重ねてもトークとかっこよさに磨きをかけてほしいものである。
女性でいえば、美しい黒木瞳のように?

福山と同じ長崎出身といえば村上龍と立花隆と役所広司らがいるが、”本物”が多い。






Last updated  2007年03月26日 00時00分34秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.