463614 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

自由ひろば

PR

Calendar

Free Space





Profile


日本101

Category

カテゴリ未分類

(0)

読書

(10)

家電

(23)

AV

(1)

IT(ICT)

(22)

映画

(9)

音楽

(10)

ショッピング

(9)

食べ物

(19)

ファッション

(13)

TV

(11)

健康

(25)

スポーツ

(16)

教育

(56)

人物

(42)

国際

(10)

企業

(74)

科学

(1)

宇宙

(25)

自然

(21)

環境

(24)

動物

(9)

人類

(6)

歴史

(17)

提案

(1)

経済

(9)

金融

(6)

英語

(3)

数学

(3)

アジア

(9)

日本

(9)

中国

(36)

韓国・北朝鮮

(15)

インド

(13)

中東・アフリカ

(7)

アメリカ

(6)

ハワイ

(2)

中南米

(0)

欧州

(13)

イギリス

(0)

フランス

(1)

ドイツ

(2)

ロシア

(1)

イアリア

(1)

北海道

(2)

東京

(3)

横浜

(2)

名古屋

(4)

京都

(0)

神戸

(0)

福岡

(0)

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

ひばり@ Re:美空ひばりの名曲『川の流れのように』のエピソードについて(12/24) この歌の何処がいいのか細かく説明してく…
高橋 弘@ お母さんの描いた絵 3月15日、NHK昼の「スタジオパーク…

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

健康

2009年12月06日
XML
カテゴリ:健康
福山雅治さんがラジオで話していたが、撮影現場やトイレ
などでも前と後で必ず手を洗うという。
木村拓哉さんも以前、風邪をひいて周囲に迷惑がかからない
ように手を丁寧に洗うと言っていた。

さすがに福山さんのように前には洗わないが、後は必ず洗うし、
帰宅時も必ず洗っているためか、風邪はひかない。

しかし多くの人は私が知る限り手を洗っていない。
洗っていたとしてもちょこっと水をつけただけだ。
潔癖症ではないが、恐ろしくなる。
共用のものはいかにキレイでないかがわかる。

自分が汚いというより、常にいろんなものを触っているので、
トイレは定期的に洗えるいいタイミングなのだ。
そう考えれば良いと思うのだが・・・
また、手を洗わない人の傾向として、人が見ていなければいい
という感覚、要は自分さえよければとか、良くないことが
あると他人のせいにしたりするとか・・・
他人への配慮ができる人は、手を洗う傾向があるのでは?
データを集めると面白く傾向がわかるかもしれない。
タバコを吸う人は仕事はできるが、せっかちというデータも
あるくらいだ。

ちなみにバナナをよく食べるが、フィリピンの現地で薬の
入った桶に漬けて出荷しているのを見て、食べた後は必ず手を
洗っている。
実は食品で化学薬品などが手から口に入り、多くの病気を引き
起こしているのではないかと思えてならない。
特にアトピーなど。

米国のABCニュースによると、こっそり調べた結果、多くの
医師は手洗いが不充分らしいが、恐ろしい話である。
氷山の一角と思えてならない。






Last updated  2009年12月06日 17時16分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年11月24日
カテゴリ:健康
ブルガリアヨーグルトで有名な明治乳業からでている高機能ヨーグルト乳酸菌LG21「明治プロピオヨーグルトLG21」が話題をよんでいる。

CMでは北野武が「このヨーグルトの乳酸菌は特別なんだよ。」と語り、
2005年ノーベル生理医学賞受賞のマーシャル教授は「胃炎、胃潰瘍の原因の一つであるピロリ菌、実に50代以上の日本人の70%以上が感染している。」と解説している。

ピロリ菌は胃潰瘍や十二指腸潰瘍ばかりか、胃がんを引き起こす因子の一つとも見られる。
日本人の感染者はアメリカの10倍で5000万人から6000万人と言われるが、LG21乳酸菌にその活動を抑制する効果のあることが、高木敦司・東海大学教授らの研究で改めて確認されたという。
胃粘膜の炎症が強くピロリ菌保有量が多い人に、炎症の軽減とピロリ菌の減少が確認されたのだ。

LG21にはラクトバチルスガッセリーOLL2716株という乳酸菌が入っている。
恐ろしいピロリ菌に対抗するプロバイオティクスと言われている。

食べ物の番組で見たのだが、ピロリ菌の培養液に乳酸菌LG21を加えたときの映像、ピロリ菌を押し出していくのがわかる。

ピロリ菌は胃の中に生存し、胃がんなどになりやすい。
大きな病院で簡単にチェックできる。錠剤を飲んで袋に吐きだした空気を計測機器調べるだけだ。
井戸水や親から感染するもので、大人になってからは感染しない。昔、井戸水を飲んでいた年齢の高い世代ほど感染率が高い。

個人的には、朝はLG21と植物性乳酸菌ラブレを交互に食べるようにしている。
1個130円ほどで高い買い物だが、それだけの価値はある。健康を維持できるなら安い買い物だ。
なお、LG21にはアロエ入りなどもでているが、果物(生きた新鮮なもの)と一緒に摂るようにしている。
比較的有名な菌にビフィズス菌があるが、腸内(胃ではない)に潜んでいて数々の有用な働きをする善玉菌である。

※プロバイオティクスとは
「ヒトや動物に投与した際、健康に好影響を与える生きた微生物あるいは生きた微生物を含む食品、菌体成分」と定義されており、抗生物質(アンティバイオティクス)の対比語。

※LG21乳酸菌とは
この菌株はもともと人の体内にある菌で、口から摂取することにより、菌体が胃内で生存しながら胃粘膜に接着し、乳酸を分泌する。

話題のLG21乳酸菌入り!明治プロビオヨーグルトLG21 アロエ120g×12個








Last updated  2008年11月24日 08時16分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年08月03日
カテゴリ:健康
汗のかき方で老化がわかる。井上芳光氏が2008年8月2日の世界一受けたい授業での講義はためになったので紹介する。

湿度が高いと汗は蒸発しにくくなる。体温を下げるというのが汗の大きな働きだが、下げにくくなる。
年をとると、汗の量は減ってしい、体の中の水分量が減るので汗の量も減ってしまう。
次は汗をかく機能は体の場所・部分によって広がり方は変わってくる。
汗をかく機能の老化は、足→背中→胸→腕→頭の順というように、身体の下の部分から汗をかかなくなってくる。体の上の方まで広がってくると、頭の汗が一時的にどっと増えることがある。
どこかしらの汗腺が目詰まりして、他の場所で汗の量が増えることがあるのだ。どこか他の場所で増やそうという命令がで、最後は頭からかくのだ。
体を動かしてトレーニングしていけば、お年寄りでも若者と同じくらい汗をかくことができるようになる。老化を運動することによって遅らせることができる。
じつは、汗にはいい汗と悪い汗がある。悪い汗をかき続けると、夏バテ・熱中症になりやすくなる。
汗はしょっぱければしょっぱいほど悪い汗と考えてよい。

汗は血液でできている。
血液の中の液体成分である血しょうからつくられている。

汗腺のまわりには毛細血管があるす。暑さを感じる時は、脳から「暑い」と言う指令が汗腺に伝わり、汗腺は汗を出そうとして毛細血管から最初に塩分が吸い上げられ、塩にひっぱられるように水が入ってくる。これが汗の源だと考えてください。
これが皮膚の方にずーっとでてくる。汗の中の塩は体にとって非常に大事で、体の中から塩分が無くなると足のけいれんが起こったりする。よって体は吸い上げた塩分を体に戻す働きがある。この働きがうまくできなくなって、水を含んで塩もたくさんでる人は悪い汗というわけだ。

太った人がかく汗は断熱材を体におおっていると思ってもらえればよく、汗がでやすい条件になってしまっているものでいいものではない。
汗は拭かないのがよく、拭いたら損。汗の仕事は蒸発したときに体から熱を奪うこと。体にとって水分はとても大事だが、水分を犠牲にして汗をかいている。だから本来汗をふいたらいけない。

効果的にいい汗をかく方法とは
体を動かして汗をいっぱいかいて汗腺を鍛える。これしかない。
20分程度の早足ウォーキングをおすすめする。もっと激しい運動をしたほうが汗がたくさんでてトレーニングになるが、これは無理なく、効率よくできる運動なのだ。
自身の体温変化として、40分間早足ウォーキングを続けたときの温度変化をみると、はじめの20分間で高くなるが、そのあとはそれほど高くならず、汗の量もかわらない。
負担が少なくて、効果的な汗を期待できるのは20分くらい。最低20分くらいのウォーキングが望ましい。

お風呂をつかったトレーニングを考えるのも一つの方法。
39度くらいのぬるいお湯に10分間つかって、5分休憩し、10分間入浴すると、ウォーキングを同じほどの体温を上げることができた。但し、同じように体の温度が上がったとしても、同じ体温でお風呂の中ででる汗の量よりも、運動の方が多い。
どちらかといえば運動をすすめる。
一に運動、二に風呂と考えればよいというわけだ。






Last updated  2008年08月03日 22時27分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年05月06日
カテゴリ:健康
2008年2月の日テレの「世界一受けたい授業」で石井正則先生の鼻に関する講義は勉強になったので紹介する。

鼻は耳やのどに繋がっているが、副鼻腔という4種類の空洞も鼻の一部。頬骨の裏にはピンポンだまの大きさ、額の裏側には手のひら代、その斜め奥には蜂の巣上の空洞。さらに脳の近くにもある。
これらはすべて鼻に繋がっているので、細菌やウィルスなどにより、膿がたまったり、腫れ上がると様々な病気になってしまう。
鼻は人体の健康をも左右するのだ。

鼻血の止め方で、頭を上にすると鼻血が後ろに回ってのどちんこの後ろからのどへまわって口からでてしまう。そうする、大騒ぎになる。
鼻の大きさにティッシュをまるめて、やわらかい鼻を両側からつまむ。上の骨があるところをつまんでもダメ。できれば5~10分。下を向く。

鼻毛を抜くのは危険。
抜いた後にばい菌が入って、稀なことだが、目の周りとか、血管を通って脳の近くまで炎症が及ぶこともある。はさみがいいが、バイ菌が混入するので、ハサミをアルコールなどで丹念に拭くことが重要。

鼻のかみ方は片方ずつ、音をたててかむ。但し勢いよくしない。
鼻づまりは温める。おでこも含めて蒸しタオルがあたためる。
鼻は普段は気にならない場所だが、いったん病気になるといろんな障害をおこす。

鼻の病気はこれで治せる

人は普段、鼻で呼吸している。それほど大事な部分なのに意外と知らないことが多いので、これを機に勉強してみようと思う。







Last updated  2008年05月06日 07時36分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年04月26日
カテゴリ:健康
2008年2月の財部ビジネス研究所でのこと。
ルミネ新宿店8Fのwhite white デンタルクリニックを取材した。
ホワイトニングの技法では日本でも第一人者という石井さとこ院長。
多くのモデルや女性タレントを顧客にもつ。
ホワイトニングのブームの当初は9割女性だったが、さいきんは4割男性でビジネスマンが多い。
ホワイトニングBOOST 6本31,500~

最新の技法をみせてもらった。
まずは歯の色をチェックしエアフローで汚れを落とす。
続いて口を大きく開け、歯茎にホワイトニング用の薬剤がつかないよう保護クリームを塗って
いく。こうして下準備ができたら、いよいよジェル状の薬剤を白くしたい歯1本1本丁寧に塗りつけていく。薬剤が充分にしみた後はエナメル材を浸透させ、表面をなめらかにするだけ。この間わずか30分。黄ばみが取れすっきりと美しい口元に生まれ変わった。だがホワイトニングは保険がきかないため全額自己負担である。

それでもビジネスマンが殺到する理由は。石井さとこ院長はいう。
歯を治しておいてコミュニケーションが上手に取れるようになったとか、会社の仕事もうまくいくようになったとかお礼を言ってくださる人も増えたという。

美歯道






Last updated  2008年04月26日 11時31分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年01月03日
カテゴリ:健康
2007年7月21日の世界一受けたい授業での肥満についての講義でのこと。

どうすれば内臓脂肪が燃えるかという質問に対し、
特に食事療法で油っこいものを控えて総カロリーもある程度制限して運動したら、それだけで3ヵ月ぐらいで今の脂の2kg~3kgはさっと減る。内臓脂肪は非常に溶けやすい。

同じ量を食べるのであれば、1日2食より3食の方が太りにくい。少ない回数で食べた方が太りやすい。同じ量なら分けた方が痩せやすい。

甘い物が欲しいというのは、多くの場合日常的にストレスが貯まっている事が多い。趣味の世界にもっていく。
早食いの人が太りやすいのは事実である。食べたものはすぐに血糖になるのではなく、胃で消化してそれが血に流れていってやっと血糖値が150位上がってきたら初めて脳でお腹いっぱいの感覚を得られる。それまでに10分位はかかる。

だから10分以内くらいになんでもそこにあるものをバーって食べてしまえば食べられる。満腹感なしでなんぼでも入ってしまう。
だから痩せたがっている患者に対して、必ず野菜のようなカロリーの少ないものを10分かかって食べるように指導しているという。

特に生のキャベツ位の硬さがいい。6分の1くらいの大きさに切って、ぶつ切りにして、かけるのはノンオイルのドレッシングとしょうゆとソース位である。よく噛んで食べさせている。5分で顎がだるくなってくるがやめたら効果がない。
そうしたら噛んだ刺激が脳に伝わって10分たったら脳がピンポンと言って1時間おなかいっぱいの感覚を得られる。

ただ食事療法だと言って野菜だけ食べればいいというわけではない。体のためにも1日最低70gのたんぱく質に摂取は必要だと考えているという。
 1日で食べるたんぱく質70gの摂取例
 豆腐半丁、卵1個、牛乳200ml、魚80g、肉80g
※腎臓疾患がある人はたんぱく質の摂取制限があるはずで、必ず医師に相談の上行う必要がある。

何も標準体重まで減らなくても今ある体重からほんの5%、例えば100kgの方もほんの5kg減らすだけで色々な内臓脂肪から出ているホルモンは、全て正常化される。だから本当に無理な事はしなくていいので、適度な食事・運動療法を心がけて健康な体になってほしいという。






Last updated  2008年01月03日 16時57分18秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:健康
どこからが肥満になるかはBMI(体格指数)で知ることができる。
計算方法は体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))
例えば身長160cmで体重60kgの場合、
 1.6×1.6=2.56
 60÷2.56
 =23.4375

BMIが”22”というのが理想で、世界的にみて男も女も最も病気の少ない理想的な値と言われている。日本では”25”以上が肥満となる。
日本人の場合、”25”を越えると合併症として糖尿病・高血圧・高脂血症などの病気が”22”の時と比べて2倍以上になってくる。
だから一応正常と区別する意味で肥満という名前がついた。

だが、この”25”という数字はアメリカ人やフランス人ではまだ過剰体重、過体重ぐらいで肥満ではない。向こうでは”30”以上で初めて肥満といっている。
何を意味しているかというと、先ほどいったようにそれこそ肥満になりやすい遺伝子を持っている人が多いと言うことと、小太りでもいろんな合併症が出やすい、肥満に弱い民族なのである。

なぜ肥満になると病気になるのか 
以前は脂肪細胞というのは単なるエネルギーの貯蔵庫にすぎないと思われてたが医学が進歩すると、脂肪細胞から色んな悪さをするホルモンが出ている事が分かってきた。
一個の脂肪細胞が太ればそれこそ2倍くらいの大きさになる。実際細胞の中に油がたまったら細胞自体の中から外への圧力がかかる。

そうすると周りの細胞質という所から血圧を上げるホルモン、コレステロールを上げるもの、狭心症を起こさせるようなネバネバになるようなホルモンとか、糖尿病を起こさせるようなホルモンが出てくるのである。

どこからそのようなホルモンがでるかというと、外側はつまめる皮下脂肪で、中にあるのが内臓脂肪だが、内臓脂肪が多くある人が内臓脂肪型と言って、皮下脂肪に比べて内臓脂肪から3倍~8倍くらい皮下脂肪より余計に悪いホルモンが出ている。

だから内臓脂肪がたくさん貯まるほどよくない。内臓脂肪を計測できるようになっており、100平方センチメートル以上になったらかなり色々なホルモンが出てくる事がわかってきた。正常は50平方センチメートル以下といっている。






Last updated  2008年01月03日 16時30分20秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:健康
2007年7月21日の世界一受けたい授業で、肥満の権威であるアメリカのブレー博士に師事し、肥満症の専門医として、これまでに5000人を超える肥満患者を治療(全国からやってくる患者は年間1000人以上)している吉田俊秀が肥満について講義した。
肥満ではないが、勉強になったので紹介する。

アメリカでは幼児の約30万人が太りすぎて自動車のチャイルドシートの規格にあわなくなっているという。
日本では成人約2300万人が肥満。子供の肥満も急増している。糖尿病などの生活習慣病の発症が早まってきている。

日本人の肥満の増加には大きな原因が、それは倹約遺伝子。
その昔、まだ日本人の祖先が食べ物に貧しかった頃、厳しい環境で生き抜くため、使うエネルギーを最小限に抑え、あまったエネルギーを最大限に脂肪として蓄えようと身についたもの。
しかし生きていくために身についた倹約遺伝子だったが、今の飽食の時代にはかえって肥満の原因に。日本人の3人に1人が持っている。

研究により肥満の原因が遺伝子にあるという事が分かってきた。
アメリカのアリゾナ州にものすごく肥満・糖尿病の人が多いピマインディアンという民族がいる。彼らの遺伝子を調べるとβ3アドレナリン受容体という遺伝子の変異がなんと2人に1人以上の高頻度で発見された。それが倹約遺伝子と呼ばれているものである。使うエネルギーを最小限にして余ったエネルギーを体に蓄えようとする遺伝子である。
ピマインディアンと日本人は同じ黄色人種で、肥満患者を調べて見ると、日本人の3人に1人が倹約遺伝子を持っていた。

日本人の基礎代謝は何もしなくても男性で1500kcal、女性は1200kcalあると言われているが、それをこの遺伝子の変異にある方で計ったら200kcalダウンしていた。だから普通の人と同じようなダイエットをしていてもその方は痩せにくい。だから使わなくても生きられるという格好になっており、省エネのタイプであると言える。
今の様に食べられる世の中になってきたら、ちょっと食べても太るようになり、その結果として色んな生活習慣病(糖尿病・高血圧・高脂血症)が出てくるようになってきた。 

倹約遺伝子を持っている割合が高いのは? 
 イヌイット 62%
 日本人 34%
 スウェーデン人 22%
 アメリカ人(白人) 10%
 フランス人 7%
日本人は世界的に見ても遺伝的要因では太りやすい民族だと言える。






Last updated  2008年01月03日 15時18分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年11月10日
カテゴリ:健康
藤田紘一郎氏が日テレの世界一受けたい授業で述べていた正しい水の飲み方。 
1.朝起きたらまず水を飲むこと
コップ1杯の水(常温)をゆっくり飲むことで、リラックスすることができる。水にはカルシウムが含まれているので、脳の方にいって、イライラやストレスを減らす効果がある。
朝一杯の水は昔から万病に効く飲み方といわれている。
胃腸が弱い人は、よく噛んで水を温めて(常温に近い)飲むと良い。
冷たい水を飲むと胃が刺激されて消化液も十分にでてこないため。
湯冷ましの水は水の効力が減ってくるのでよくない。

2.食事中は水を飲まない
高級料理(料亭)だと最初におすましがでるし、西洋料理でもオードブルで最初にスープが出る。
スープやお吸い物など、先に出たものを飲んだり、あとで飲むというのはいいが、食事中に水分を取るのはあまりよくない。水を飲むことで消化液が薄まって上手く消化できなくなる。それから食べ物を流し込むというとになってしまう。食物の中に水分は多く含まれているため、ゆっくり噛んで食べるというのが一番大切で、飲まないというのが原則であると考えるという。

3.寝る前に水を飲む
中高年の方には特に大事。脳梗塞や心筋梗塞は明け方や午前中に起こることが多い。寝ている間に水分が多く身体から出ているから。血液がドロドロになっているので寝る前に一杯の水を飲む。寝る前の水を宝水というくらい大事。
夜中にトイレが近くなる人は、お湯にレモンとハチミツを溶かして飲むと、体は温まり安眠が得られるという。

また、入浴中にも身体から水分が多く出て行き脳梗塞や心筋梗塞の危険もあるのでコップ一杯の水を飲んでから入浴すると良い。 
水を飲むというのは、老廃物を水で流し、新陳代謝を良くするので身体にはいいことです。
※紹介しされた水の飲み方は、糖尿病や腎臓の悪い方などには当てはまらないことがある。

藤田紘一郎氏は水を上手に飲むことで若さも保たれるし、健康でいられるということ。特に夏場はいつの間にか脱水症状が起こっているためこまめにいい水を飲んで健康に過ごしてほしいといっていた。






Last updated  2007年11月10日 17時50分17秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:健康
水分の飲み過ぎが、むくみの原因ではない。 
むくむというのは皮膚の下に水分が溜まるということだが、原因はホルモンの影響とかストレスとか塩分の摂り過ぎとか、水の摂り過ぎとは全く違う。逆に体に合った水を摂ることで深沈代謝が増えむくもみが取れる。
また、水太りというのも間違いで、飲んだ直後一時的に太るがすぐに排泄される。水を飲んだら水を運ぶためのエネルギーが使われるから、かえってダイエットにいい。身体の老廃物を吸収して流れ出るのでむしろ体重は減るはずという。

一日で摂るべき水分量は、普通に生活している成人でひとりあたり約2.5リットル。
ただしこれは、飲み水と食べ物も合わせての数字(但し、体格、男女、季節によるデータはない)。
一日で身体から出る水分の量も同じ2.5リットルだ。そのうち尿や便に含まれる量は約1.5リットル、皮膚から蒸発する汗が約0.5リットル、残りの0.5リットルは呼吸で吐く息の中に含まれている。 

運動をした後におこる脱水症状だが、10%くらい失うと意識障害が起こってきて、20%失うと死んでしまう。
激しい運動で汗をかいた後は、水分と同じく塩分も外に出てしまう。運動後に水を飲んだりするが、その直後には運動で外に出たほどの水は飲むことができない。

ここに落とし穴がある。これは、水分と同じく塩分も失っているので、あまり水分だけを補給すると体内の塩分が薄まってしまうため、脳が水を飲まないようにストップをかけている。
普通に汗をかくのはいいが、激しい運動で汗を大量にかいた後に飲むのは真水では良くないということ。塩水やスポーツドリンクであれば塩分も同時に補給することができる。






Last updated  2007年11月10日 17時20分09秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.