476479 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

自由ひろば

PR

Calendar

Free Space





Profile


日本101

Category

カテゴリ未分類

(0)

読書

(10)

家電

(23)

AV

(1)

IT(ICT)

(22)

映画

(9)

音楽

(10)

ショッピング

(9)

食べ物

(19)

ファッション

(13)

TV

(11)

健康

(25)

スポーツ

(16)

教育

(56)

人物

(42)

国際

(10)

企業

(74)

科学

(1)

宇宙

(25)

自然

(21)

環境

(24)

動物

(9)

人類

(6)

歴史

(17)

提案

(1)

経済

(9)

金融

(6)

英語

(3)

数学

(3)

アジア

(9)

日本

(9)

中国

(36)

韓国・北朝鮮

(15)

インド

(13)

中東・アフリカ

(7)

アメリカ

(6)

ハワイ

(2)

中南米

(0)

欧州

(13)

イギリス

(0)

フランス

(1)

ドイツ

(2)

ロシア

(1)

イアリア

(1)

北海道

(2)

東京

(3)

横浜

(2)

名古屋

(4)

京都

(0)

神戸

(0)

福岡

(0)

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

ひばり@ Re:美空ひばりの名曲『川の流れのように』のエピソードについて(12/24) この歌の何処がいいのか細かく説明してく…
高橋 弘@ お母さんの描いた絵 3月15日、NHK昼の「スタジオパーク…

全9件 (9件中 1-9件目)

1

日本

2008年01月20日
XML
カテゴリ:日本
2008年1月15日のテレビ東京のワールドビジネスサテライト(WBS)で「競争力失うニッポンの港」という特集を行っていたが、何が問題かが明確にわかったので紹介する。

日本には全国1,043港(指定港93港)がある。
アジアの貨物量はこの10年間で3~4倍に拡大してきているが、日本に寄港する定期航路の数はわずかずつではあるが減少傾向にある。

国を挙げて世界の貨物を集め急成長するアジアの港。
国内トップの東京港でさえも、貨物の取扱量(コンテナ貨物量)は世界第2位の上海港の1/6以下で、年々引き離されている。
上海市の港口管理局許局長によると、上海港の総輸送量は依然世界一で、コンテナの取扱量はシンガポールに次いで世界第2位。アジアでライバルになりえるのは韓国だという。

日本の港が衰退すると暮らしにも影響する。
輸入品は完全に海外の中継港を経由しなければならない場合、物流コストは上がり食料品や洋服の価格が上昇するという。
食料品 +2.3%、衣料品 +3.7%、輸送機械 +4.4%(国土交通省調べ)

三菱UFJリサーチ&コンサルティング 原田主任研究員によると、
比較的単価の安い生活必需品のようなもの方が、商品の価格の中での物流コストの割合が高いので、よりいっそう値上げの可能性が高くなる。
さらに深刻な状況として、商品が届かないとか、生産ラインが止まるとかそういうリスクもかかえる。あるいはリスクがあるということで、リスクに備えて在庫を余計にもたないといけないとか、そういうコストアップの状況にもなっていく。

私見だが、食料もエネルギーも多くを輸入に頼っている日本は、戦争や環境など世界的に大きな問題があれば影響が直撃する。食料・エネルギー争奪戦争がおきつつあり、金があるうちはいいが、高くて買えない時代が迫っている。軟弱な基盤の上に安定と平和が築かれていることを忘れてはならない。
経済が停滞し人口が減り、隣国中国は台頭し世の中が様変わりしつつある中、危機が迫っているといわれている富士山噴火や東海地震や首都圏直下型地震に見舞われたら日本はどうなるであろうか。






Last updated  2008年01月20日 11時01分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年11月23日
カテゴリ:日本
文部科学省の平成17年度学校保健統計調査による男女別平均身長で、最高学年の17歳をみてみる。一部だが独自の地域にくくり比べて見た。
男女とも北海道、東北が平均で、日本海側と大都市圏が高く、南西の温暖な地域に行くほど低くなる傾向がある。
以外だったのが東海地方(静岡県、愛知県、三重県、岐阜県)が3大都市圏の一つであるにもかかわらず、以外にも全国平均より低いことだった。

■男性の全国平均は170.8cmだが、地域別と都道府県別に見てみる。
『地域別』だと、
新潟と北陸(富山、石川、福井)の4県の平均はもっとも高く171.7cm。
東北と関西は同じ171.1cm。
北海道と関東は同じ171cm。
東海と中国は同じ170.6cm。
甲信(山梨県と長野県)は170.3cm。
四国と九州は同じ170cm。

『都道府県別』だと、
高い順に石川県172.3cm、秋田県172.2cm、青森県171.8cm、富山県171.6cm、新潟県171.5cm、東京都171.4cmとなり、神奈川県、埼玉県、福井県、大阪府、鳥取県が同じ171.3cmである。
低い順にみると沖縄県168.8cm、宮崎県と鹿児島県が同じ169.6cmとなる。

最も高い石川県と最も低い沖縄県とでは3.5cmも違う。

■女性の全国平均は158cm。
『地域別』だと、
新潟と北陸(富山、石川、福井)の4県の平均はもっとも高く158.6cm。
関東、関西、甲信(山梨県と長野県)は158.2cm。
北海道と東北は全国平均。
東海と中国は157.8cm。
四国は157.5cm、九州157.4cm。

『都道府県別』だと、
高い順に富山県と滋賀県が同じ158.9cm。
東京都と福井県が同じ158.7cm。
最も低いのが沖縄県は156.2cm

最も高い富山県、滋賀県と最も低い沖縄県とでは2.7cmの差がある。

なお、男を1とすると、女は0.925となり、女を1とすると男は1.08になる。
そうすると、自分は177cmなので、女性だと164cmということになる。そう考えると面白い。

それにしても、身長の低い人のほうが利発な人が多いような気がする。
身長は人のほんの一面を表しているにすぎないことも付け加えておく。そして、個人的な考えだが、数十年後には誰もが脱ぎ捨てる仮の住まい?であることも。






Last updated  2007年11月23日 21時18分05秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年04月15日
カテゴリ:日本
九州の西北に位置する長崎県は、アジアにもっとも近い県で、歴史的にアジアの玄関口ともいえる。
意外だったのは、福岡県の北側にあり、韓国に最も近い“対馬”も長崎県なのだ。
対馬島は、九州本土から約130km、韓国第二の都市であるプサンへは約50kmである。
ちなみに50kmとは東京-横須賀間くらいであり、日本と韓国は本当に近いのである。

長崎市を基点とすると、直線距離で上海市、北朝鮮の平壌、静岡市、那覇市がほぼ同じである。
長崎からみて、ソウルと大阪は同じ距離で、上海は東京より近いのである。

鎖国体制であった江戸時代には、国内唯一の江戸幕府公認の国際貿易港(対オランダ、中国)・出島を持つ港町であった。
このため、出島跡を初めとして、異国情緒に満ちた港町として有名である。

長崎県の面積は埼玉県より少し大きく全国36位である。
長崎県の面積の45%が島々で971と全国一だ。
海岸線の長さは約20倍の面積がある北海道(北方領土を除く)を押さえ、大差で全国1位。
県内で海から30km以上はなれた地点はなく、多くは15km程度と細長い複雑な地形である。

平坦地に乏しく、いたるところに山岳、丘陵が起伏しているが、長崎市の市街地の7割が斜面地という「坂のまち」であり、自転車は少ない。

長崎県の人口は148万人で全国26位で、京都市と同規模である。
長崎市は45万人で、佐世保市は26万人である。

ニッチな世界だが、軍艦の改造・修理で、長崎県は全国2位(20%)の神奈川を押さえ1位(22%)である。
三菱重工長崎造船所は有名だ。

暗い過去だが、長崎市は実戦で使用された核兵器(原子爆弾)としては広島に次ぐ世界史上二番目の、そして現時点では最後の被爆都市でもある。
それだけに平和への想いが強く、世界に平和を強く訴えるだけの歴史を持つ”平和都市”ともいえる。






Last updated  2007年04月15日 20時53分04秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:日本
個人的には、北海道、東京、神奈川、静岡、長野、京都、兵庫、福岡、長崎が好感持てるイメージがある。

そのうちのひとつである長崎県は才知にたけた人物を輩出している。

福山雅治、村上龍、立花隆、役所広司、美輪明宏、城島健司(シアトル・マリナーズ)らがいる。
新庄剛志の出生地でもある。
高校サッカーで戦後最多タイの6度優勝に導いた国見高校の前監督 小嶺忠敏もいる。

外に向いた長崎だから、世界で主流のサッカーが先んじて盛んになり、スポーツ選手も臆せず海外にいくのかもしれない。

本土でもっとも西に位置するだけに、関東、関西を中心にした主流的な価値観に楔をうつような鋭い感性の村上龍、立花隆らを輩出しているのかもしれない。

最近では福山雅治が代表的な長崎県人だが、さらに良いイメージを定着させている。














Last updated  2007年04月15日 11時05分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年03月11日
カテゴリ:日本
「世界に最も好影響を与えている国で日本はカナダと同率で首位だった。

時事ドットコム2007年3月6日、読売新聞3月7日、日経新聞3月11日による。

英BBC放送と米メリーランド大学が2006年11月~2007年1月の間に27カ国の約2万8000人を対象に行った国際世論調査で、日本、中国、北朝鮮、英国、フランス、ロシア、米国、カナダ、インド、イラン、イスラエル、ベネズエラ、欧州連合(EU)のそれぞれについて、世界に好影響を与えているか、悪影響を与えているかどうかを尋ねた。

「好影響」という回答の割合が最も高かったのが日本とカナダで、それぞれ54%。
これに欧州連合(EU)53%、フランス50%、英国45%などが続いた。

一方、「悪影響」との評価が多かったのは、イスラエル56%、イラン54%、米国51%、北朝鮮48%の順であった。

日本については、25力国で「好影響」との意見が「悪影響」を上回った。
中でもインドネシアでは8割以上が日本を評価。
インドやフィリピンなどの他のアジア諸国では「好影響」との回答が多かった。
米メリーランド大学の専門家は、日本に対する高い評価の理由として、「ソフトパワー(非軍事的影響力)を連想させる」ことを挙げている。

ただ、日本は「悪影響を与えている」との回答は20%でカナダの14%を上回った。
隣国の中国と韓国だけは「悪影響」が「好影響」を上回り、「悪影響を与えている」がいずれも約6割を占めた。

どこの国でも隣国同士は仲が良くないことが多いものである。
何より多くの国から好評価を得られたことはなんとも気持ちのいいものである。

http://www.worldpublicopinion.org/pipa/pdf/mar07/BBC_ViewsCountries_Mar07_pr.pdf






Last updated  2007年03月17日 15時08分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年02月17日
カテゴリ:日本
日本のトイレは一つの居住空間になっている。
文化の一部として、細心のおもてなしの心として迎え入れる場でもある。

世界にはシャワートイレはそうそうない。
トイレで水洗トイレの「小」レバーがあるのも日本だけである。
トイレで音を消すのも日本だけで、世界のセレブも驚くくらいだ。

現在のトイレは自宅用でもLEDライ付があったり、Ipodが使えたり、
さらには水族館で使われる素材を使い2,3ヶ月掃除不要や水の節約と、飛躍的に進化している。

またマナーだが、
福山雅治が1月21日のラジオで据わって用を足すといい、座らない人は汚すのできらいだといっていた。
同感である。

さて、海外はというと、
イタリアでは多種多様の便座が売っており、賃貸では便座はついてなく、自分で取り付けるのだ。
公衆トイレでは便座はなく中腰で望むらしい。
ポータブル便座も備えている。

イギリスの公衆トイレはきれいだが、イギリス人はよほどでない限り使わないようだ。






Last updated  2007年03月13日 23時12分02秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:日本
日本を訪れるアジアの人たちから「田舍へ行けば日本の真の姿が見られる」、「都会も地方も等しく豊かな先進国」の姿があると語られている。

日本について知っている習慣は
1位お辞儀、2位知らない、3位箸を使う、5位家では靴を脱ぐ

日本の印象は
1位ハイテク、2位礼儀正しい、3位わからない、4位伝統がある、5位美しい
・・遠い、一重まぶた、感情に欠ける

日本製品で知っている物とは
1位テレビ、2位車、3位カメラ、4位PC、5位ゲーム

ファッションセンスが良いと思う国は
1位フランス、2位イタリア、3位日本、4位アメリカ、5位イギリス






Last updated  2007年02月17日 18時41分16秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:日本
20世紀の日本は平均的な生活水準を約30倍にしている。
世界のどこを探してもそんな国はない。
日本の経済発展は世界の歴史に残る快挙である。
日本は国民総生産が1万ドルを越えた1981年のわずか6年後の87年に2万ドルを達成した。

日本は国の66%が森林で、72%のフィンランドなどと共に世界有数の森の国である。 

世界一の水産物輸入国である。

貿易黒字(「輸出」-「輸入」)はドイツに次ぎ世界2位(2002年から2004年までは1位)。
輸出の98%が製品である。

日本は鉄道王国、JR2万キロで地球半周をする距離がある。
新幹線は台湾に輸出されたが、世界最先端で安全な乗り物である。
首都圏の鉄道、地下鉄網は世界一である。

水族館の数は世界一で2割を有する。
ファッション業界市場は10兆円で日本は5分の1にもなる。






Last updated  2007年03月13日 23時15分51秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:日本
物事は他と比較することによって、実態がみえてくるように、
日本の国土を他国と比較してみると日本のことがみえてくる。

「日本列島」という言葉があり、国土の全てが島で構成されていると知りつつも、我々の多くは「沖縄」などを島と認識しているが、北海道、本州、四国、九州に暮らしている人は「島」に暮らしているという意識が低いのではないか。

「島流し」というという言葉があるが、「“小”島流し」というのが正しいといえる。

◆日本国
国土面積は世界60位であるが、四方を海に囲まれ、世界第6位の排他的経済水域を有する”海洋国家”である。
意外に知られていない事実である。

国土面積を比較すると・・・
日本はドイツと同じ面積だ。
フランスは日本の1.8倍(本土1.4倍)もある。
中国と比べると4%しかないが、居住できる面積は中国の3分の一ともいわれている。
イギリスは日本の65%の面積
ベトナムは日本の90%
イタリアは日本の80%
韓国は日本の26%しかない。ただ、北朝鮮と韓国をあわせると58%になる。

◆本州
世界で7番目に大きな島でイギリス(グレートブリテン島)と同じである。
津波被害を受けたスマトラ島は本州の2倍近い大きさがある。

◆北海道
世界21番位。
ロシアの樺太と同じである。
国家でいえばチェコと同じでオーストリアより少し小さいくらい。
韓国の85%にも相当する。
九州の2倍の大きさがある。
日本の2割強占める。

◆九州
世界36位。
台湾と同じで、スイスやオランダより少し小さい。

◆四国
世界49位。
九州の半分である。

◆その他
最も大きいのはロシアでこられの国の2倍近い大きさがある。
ロシアの次はカナダであるが、居住できる地域は狭い。
中国はアメリカと同じで、インドはこれらの3分の一しかない。

意外なのは、タイが日本の1.36倍あり、エジプトは2.65倍、イランは4.36倍もある。








Last updated  2007年02月17日 17時58分12秒
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.