12425288 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Jashi's ROOM

2012.01.16
XML
カテゴリ:Galaxy S2
■ドコモからダイレクトメール、昨年10月提供のファームウェアの不具合について

1月16日、帰宅してみるとdocomoから『「docomo NEXT series GALAXY SII SC-02C」をご利用のお客様へドコモから大切なお知らせです。』ダイレクトメールが届いていた。


中身を見ると、2011年10月20日から提供開始したソフトウェアの一部不具合となっている。それは、テザリング機能に問題があるというもの。テザリング機能を使用した後、spモードやmopera U用のAPNに戻らず、テザリングのAPNのままで通信していることが判明となっている。

もし、本来は発生しないはずの定額限度以上のパケット通信が発生した可能性のあるものには、パケット通信料金の返還をしているというもの。

昨年の10、11月に該当するものは今年の3月請求分から、昨年の12月と今年の1月に該当するものは4月の請求分からとなっている。

それで、1月10日から提供のファームウェアに更新するように即するダイレクトメールであった。

■ドコモのサイトで、該当の不具合を確認

ドコモのサイトで不具合を確認するためGALAXY S II SC-02Cの製品アップデート情報に行く。

今回の不具合は、「※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新が含まれています。」との前書きした上で、次のように書かれている。

・主なアップデート内容
  エリアメール
・改善される事象
  動画再生中に、まれに音声が途切れる場合がある。
  一部のソフトウェアバージョンで、テザリングが正常に終了しない場合がある。

■10月のアップデートで私が困っていた不具合は、Bluetoothなのだ

実は、前回10月のファームウェアアップデート後、Bluetooth機能をオンにすると、Galaxy S2は、起動した後に再起動、それを無限ループで繰り返す罠にはまっていた。これは、web上でも同様の声が一杯挙げられていた。

一度でもBluetooth機器設定をしていると、10月のファームウェアで上記のような症状を繰り返す。

起動時、すばやくBluetoothをオフにすれば再起動の繰り返しは回避できる。しかし、Bluetoothは本体を初期化(購入時の状態)にすれば使えるようになるようだが、何かと面倒で困っていた。

このアップデートでは、画面をスクロールさせて端になると弾むように画面が表示されたのが、アップルの特許と認められてサムソンが敗訴となったための改善も含まれた。端になると青く光るように変更された。これも以前のファームウェアを使っているものにとっては不評で、ファームウェアを戻す者もいたようだ。

■そして、アップデートをした。Androidバージョンが2.3.6にアップ

本体の「メニューボタン」を押し、「設定」を選ぶ。一番下にスクロールして「端末情報」をタッチ。「ソフトウェア更新」を選ぶ。その中の「更新」を選ぶと新しいファームウェアが更新できる。ちなみに、今回は自動更新はされない。

更新前と更新後の端末情報を見てみよう。

まずは更新前。ビルド番号の末尾はKJ4、Andoroidバージョンは2.3.5。これが問題のファームウェア。


そして、今回のファームウェア。ビルド番号の末尾はKL4(間にKK4というのがあったのか?)、Andoroidバージョンは2.3.6とわずかながら上がっている。


■Bluetooth機能オンでも無限再起動しないのか?

前回のファームウェアでおかしかったBluetooth機能をオンにすると再起動を繰り返したので、、、、恐る恐るBluetoothをオン。でも再起動しなかった。一番の不具合と思われるところが改善されていた。これが何で明記されていないのだろう。

■過去の設定のまま、新ファームでBluetooth機器が使えるのか?

過去に(10月以前のファームウェアで)ペアリングしておいたBluetoothのキーボードを2つ用意した。1つ目は「galaxy s2 #22 iPhoneと同サイズの超小型Bluetoothキーボードが961円送料込」(写真右上)のもの、2つ目は「galaxy s2 #20 eBayで購入したマウスコントロール付きBluetoothキーボードを接続!(写真下)」のもの。


これらのキーボードの電源オン、そしてGalaxy S2につながるのか見ると・・・・10月以前のファームウェアでペアリングしておいた設定のままで(10月のファームは再起動でダメだったが)、新ファームでは問題なくつながる。もちろん文字入力も問題なく。


10月のファームの状態で、本体を初期化しなくて本当によかった。

■個人ユーザーに送られる不具合情報と、WEB上の情報とはなぜ違う?

ユーザーに送られてきた不具合情報、通信キャリアのWEB上の情報とは大分違う印象を受ける。

テザリング不具合で、定額以上の通信料金が発生することが発生することは、金が絡む。そのため、今回のようなダイレクトメールで送られてきたのだろう。

しかし、WEB上の情報は金が絡まない不具合が上位に書かれている。これはダイレクトメールには書かれていない。

そして、書かれていないが、Bluetoothの不具合は私にとっては一番の問題点だった。

通信キャリアにとって、金の絡むことはダイレクトメールで、その他の事柄はどうでもよい。そのことはWEB上には書かない(書きたくない)。そして一番の問題点は上記にも書いたが「※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新・・」で逃げているように思ったのだが・・・。「都合の悪いことは書かない」

無料アクセス解析

AX






Last updated  2012.01.21 13:02:15
コメント(0) | コメントを書く


PR

Recent Posts

Comments

楽天泰子@ おめでとうございます。 おめでとうございます。 参考になればと…
jashi@ Re[1]:ACテーブルタップとUSBチャージャーが合体!(06/23) 新米3109さんへ 返事が遅れて申し訳ありま…
新米3109@ Re:ACテーブルタップとUSBチャージャーが合体!(06/23) 最近パソコンも使うことが多いのでこれい…

Category

Archives

2022.01
2021.12
2021.11
2021.10
2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04

Calendar

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Rakuten Card


© Rakuten Group, Inc.