10003401 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Jashi's ROOM

2015.04.24
XML
カテゴリ:DTV
最近入手した機器についていたB-CASカード、ふと見ると今までのものとは少し異なった。通常は購入した機器に挿入して使用するため、違いは気にすることはないのだが。

違いに気がついた箇所は、表の右上にある星(☆)の数。今まで所有していた機器に付属していたものは星(☆)が1つ。新たなものは星(☆)が2つある・・・・(1)。よく見るとCSの下にあった(110度)というのが新たなものには無くなっている。CSはケーブルテレビや光ファイバーでも見られるため110度というアンテナを意識する必要がないためなのだろうか、110度以外のCSが今後現れると言うことなのだろうか・・・・(2)。



B-CASカードの裏を見ていくと、B-CASカードの端子形状は同じで、これはパナソニック製のもの。



ちなみに東芝製B-CASの端子は以下の右側の形状。



さらに見ていくと、カード裏側の右下に記されたものを見ていく。星1つのものは「M002 CA23」に対して星2つは「M003 CA33」と数が多くなっている。頭のMはパナソニックの旧社名松下の頭文字。東芝製のB-CASはTの頭文字で始まる。



B-CASカードには固有の20桁の数字の番号が裏側下部にバーコード共に記載されており、それを比較。星1つは「0000 3202 XXXX XXXX XXXX」、星2つは「000 3230 XXXX XXXX XXXX」。星が多いと数字も上がっている。その数字の大きさやバーコードの大きさも異なっている。



星1つ(上)と星2つ(下)とではB-CASカードを巡る時勢が変わったのか文言が変化している。B-CASカード書き換えができるものがあったことや、そのときにB-CASカード発行会社に対する風当たりがあったり、B-CASカードを登録する必要がなくなったことなどが影響しているのだろうか。



デジタル放送が始まった当時には、星(☆)なしのカードもあった。多く普及した機器に付属していた星1つのカードでは例のB-CASカードにバックドアがあるものが存在して書き換えで不正視聴できてしまうものがあった。星2つのカードはweb上で検索しても違いが確認できない。しかし言えるのは確実にバックドアがないものには違いない。
AX






Last updated  2015.04.24 23:31:53
コメント(0) | コメントを書く

PR

Recent Posts

Comments

tobby6@ Re:IC-R6用クローニングケーブルを新たに製作(02/23) 神奈川県のtobby6です。 本記事を参考に…
jashi@ Re[1]:楽天ポイントが勝手に使われていた(08/25) Benさんへ 私の場合と同じIPアドレスから…
Ben@ Re:楽天ポイントが勝手に使われていた(08/25) 本日僕も同様に157.7.223.40に不正ログイ…

Category

Archives

2018.07
2018.06
2018.05
2018.04
2018.03
2018.02
2018.01
2017.12
2017.11
2017.10

Calendar

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Headline News

Wishlist

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.