10866539 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Jashi's ROOM

全10件 (10件中 1-10件目)

1

ゲーム機

2012.07.20
XML
カテゴリ:ゲーム機
■長年愛用したPSP-1000の調子がおかしい

もう6年ほど前に購入したPSP(PSP-1000)、購入してすぐにGTAというゲームのバグを利用してカスタムファームウェア(CFW)を導入した。
(パンドラバッテリーは、以前に友達のPSPにCFWを入れるために作成したことはあるが、私のPSPはそれ以前の時)

その後もカスタムファームウェアの新しいバージョンを導入してきて、本来のゲーム機と言うより、フリーのPSPソフトが動くマルチメディア装置として使ってきた。そして、Android携帯を入手するまでは純正のGPSユニットを接続してカーナビとしても使ってきた。

その後、子供用の動画再生装置として使ってきたのだが、食べ物、お菓子、飲み物によりベタベタの手で操作するので汚れがひどかった。そのうち内部にそのようなものが入り込んだためか動作がおかしくなってしまった。ある程度表から汚れを拭き取ったが、それでもベタベタと汚い。


何かのキーが押されたままの状態になっているようだった。これにより操作ができない状態なのだ。

■修理その1、分解して汚れを落とせ。そしてフィルムスイッチの交換

とりあえず、分解して汚れを確認すれば修理ができるかもしれない。他のサイトでPSP-1000の分解写真を見たところ、左右のボタン部は汚れによるものであれば洗浄すれば解決するかもしれない。しかし、下部のHOME、音量、SELECT、STARTなどのボタンは、フィルム(フレキシブル)状になったスイッチになっており、これが原因なら洗浄は不可能かもしれない。

とりあえず、下部のフィルムスイッチをeBayで検索すると、シンガポールの業者が販売しているものが送料込$1.72(PayPal決済で141円)で見つかったので注文。もう少し安いものもあるのだが、到着まで時間のかかる香港や中国の業者(10日以上、最悪4週間程度かかることがある)ので敬遠した。これが到着してから修理をすることにした。純正部品ではなく互換部品であろう。

9日後(比較的早い!)に到着したフィルムスイッチの封筒。


フィルムスイッチの表


フィルムスイッチの裏。両面テープが貼り付けられている(3M社の両面テープとは高級)。


このフィルムスイッチが到着したので作業を開始。

バッテリーを取り外し、2つのビス、そしてここをはがせば修理しないと書かれたシール下のビス2つ、さらに上下左右キーの裏のビス2つ、最後に下部1つのビスを取り外せば表のパネルが取り外せる。(注:これらを行うとメーカー修理不可)


内部をよく見ると、右側□キーのあたりがベタベタとしたものが張り付いていたので水で湿らせた綿棒で拭く。元からのフィルムスイッチのケーブルは右の○△□×ボタン基板に接続されている。


その接続部の近くをよく見ると・・子供が触って内部に入り込んだ飲食物の液体の末裔がへばりついている。□ボタンには内部に液体が入りやすい隙間があり、そこから塩分を含んだ液体が入り込み、それによりボタンが押された状態になっていたようだ。


湿らせた綿棒でゴシゴシこするときれいになった。若干基板上のパターンが腐食している感じがしないでもない。


他に基板やスイッチなどに入り込んでいる汚れを落とし、仮にカバーを閉めて動作確認する。何かのキーが押された状態はなくなった。原因はフィルムスイッチ近くの粘り着いたものが原因だったようだ。

ところが、音量の「-」キーが動作しない。さっそく購入しておいたフィルムスイッチに交換するのだが、その前に純正との比較。真ん中は、液晶パネル下部に取り付けられていたフィルムスイッチ固定用金属板。


純正のフィルムスイッチをはがして、今回入手したものを両面テープをはがして金属板に貼り付ける。そして液晶パネルの下部にはめ込み、フィルムスイッチの端子は○△□×基板のコネクタに接続。ところが音量の「-」キーどころか、フィルムスイッチはすべて反応しない。

よく調べると、フィルムスイッチのコネクタへの接続部には保護フィルムが付いており、これをはがす必要があったのだ。写真では左端中央のものが、その保護フィルムである。


これをはがしてケーブルの先端をコネクタにはめ込む。これでうまくいくか・・


それでも音量「-」スイッチが動作しないのは変わらなかった。フィルムスイッチは関係なかった。おかしい原因は○△□×基板か?

■修理その2 ○△□×基板の交換・・・成功!

○△□×ボタン基板がおかしいのかもしれない。またeBayで○△□×基板を探すと、発送が早いシンガポールの業者が最安値よりわずかに高めの送料込み$2.16(PayPal決済で176円)で販売しているので注文した。

8日後に次のような封筒で到着した。基板は純正ではなく互換基板と思われる。


基板の表。本体下部のフィルムスイッチへのコネクタ、電源青色LED、充電LED(この2つは純正ではコンビネーションLED)、そしてLEDの電流制限用チップ抵抗2つが見える。


基板の裏。電源スイッチ、マザーボードへのフィルムケーブルコネクタがある。電源スイッチだが、純正は下部へ引っ張るとロックするようになっているが、この互換基板ではそのようになっていない。実際の実害はないが。


○△□×基板を交換するためには、ツメで固定されている液晶パネルとケーブル2つ(実際には太いケーブル1つだけでも可能だった)の取り外し、そして液晶パネルの固定金具の取り付けビス5本を取り外す必要があった。そうしないと○△□×基板と内部へのケーブルのが取り付けることができなかった。


今回取り付けた互換基板と取り外した純正基板との比較。基板の色が違い、右下にあるLEDが互換では2つのLED、純正では2色のLED。今回の互換基板は、バリがあるため削らないと内部に取り付けにくい。


基板交換後、フィルムスイッチの先端を取り付けて完了。

実際に動作確認。音量「-」キーが機能するようになった。成功だ!!


ところが、互換基板だけあって、充電中のLEDの色がオレンジ色だったのが、非常にまぶしい赤色。また満充電時の青色もまぶしい色になっている。このあたりは互換基板と言うことで(笑)


■PSP-1000の修理について

修理にかかった費用はフィルムスイッチと○△□×基板と合わせて317円。結果としてフィルムスイッチは交換する必要性はなかった。また○△□×基板も、改めて上部の写真を見直してみると、腐食していて基板のパターンが切れているようにも見えるのでつなげば完全に動作したのかもしれない。つまり、うまくいけば0円で修理できた可能性はある。(今回のような詳細な写真を撮影しておくと、根本の原因追及ができる元となる)

海外から2回に渡って部品購入したため、完全動作するまでに時間はかかってしまった。1つ目の部品を購入して動作確認、さらに次の部品を購入して動作確認と。しかし、このような互換のリペア部品が海外から送料込みで安価に入手できることで、動作確認ができるし、修理も安心して行えることができるのはありがたい。PSP関連のリペア部品は、今回のもの以外に何でも販売されている。

ちなみに、表題のタイトルは、世界最大のオークションであるeBay(日本ではyahooみたいなもの)での即決価格で(いわゆる海外通販になる。直接購入すれば送料込みでも安い)、円と米ドルの為替レートで金額は変動するので注意して欲しい。

無料アクセス解析
AX






Last updated  2012.08.01 06:38:55
コメント(2) | コメントを書く
2011.04.25
カテゴリ:ゲーム機
■PCのUSBポートから、データリンクおよび電源の2wayケーブル

PCのUSBポートから、PSPのUSBポートへのデータリンク、および電源の5Vを取れるという2種類の働きを持つケーブル、もう5年ほど前に購入したことがある。私の初期型であるPSP-1000で充電も出来るし、データリンクもできるので重宝していた。それが何処に行ったのかわからなくなった。当時はそれは1000円ほどしたと思う。

同様のケーブルをeBayで「psp usb cable」と検索すると送料込み$1.24程度から見つかる。送料込みで100円少々と非常に安い。

楽天で同様なものを検索すると170円(送料別)で見つかる。

■USBデータリンク&電源ケーブル その1(箱入り? 箱付き?)

その中で2 IN 1 USB 2.0 Charger & Data Transfer Cable for PSP(箱入りケーブル)となっているもので、詳細を見ると「with retail box」つまり「箱付き」とちょっとトーンダウンしている微妙な表現となっている。

香港から送料込みで$1.49、PayPal決済で129円だった。同時に2つ注文しようと思ったが、1人に1つしか注文できないようになっていた。到着は注文後1週間あまりで到着、それは薄型の薄型封筒に入って送られてきた中身は以下のもの。
DSC02080.JPG

ビニル袋に入ったケーブル、そして折り目がまったくない紙箱、そしてeBayで購入してくれてありがとうという名刺が入っていた。

これは箱入りというより、注文時に詳細を見たときに「箱付き」という表現になっていたのを思い出した。次のように箱に折り目を付けて、ケーブルを入れてやれば「箱入り」となるということか(大笑)。
DSC02082.JPG

■USBデータリンク&電源ケーブル その2

上記の「箱入り?」を注文したとき、もっと安いものもあったのだが、若干安いケーブルNew USB Charger+Data Transfer Cable for PSP 2000 3000も保険のつもりで注文してみた。

香港から送料込みで$1.39、PayPal決済で121円。そして送られてきたのは2週間後、プチプチ封筒の小さなものに次のケーブルが入っていた。
DSC02246.JPG

物は、その1と若干の長さが違うが同じようなものだった。それにしてPSP2000や3000の表記があるが、PSP1000の表記がないのか・・・

■PSPにケーブルを接続

1)PSPとPCとの接続

このケーブルは、以下のように、PCのUSBポートへ、さらにケーブルは2つに分岐されており、1つはPSPのUSBポートへ、もう一つはPSPの電源端子に差し込む
DSC02086.JPG

2)PSPとPCとのデータリンク

この2つのケーブルとも、PSPとPCのUSBポートに接続して、PSPをUSB接続モードにすると次のようにUSB接続され、PCからはストレージとして認識される。DSC02250.JPG

3)PSPへPCから電源供給

PSPの電源を入れない場合、PCのUSBポートから供給されてPSPはオレンジ色のLEDが点灯して充電されていることがわかる。、

ところが、PSPの電源を入れたままで「その1」のケーブルをPSPに接続して、PCのUSBに接続すると電源が落ちてしまう。「その2」のケーブルではそのようなことはなかった。「その1」でも電源をオフの状態でPCに接続、その後PSPの電源をオンにすると大丈夫だった。

しかし・・・PSPの電源表示のLEDはオレンジ色になっていない。つまり充電状態ではないようだ。PSPのメニューでバッテリー状態を確認すると、次のような表示。


つまりPSPが通電状態では充電されていない。外部電源となっているが、先に書いた記事のACアダプター同様に、バッテリーを消耗しているかもしれない(未確認)。

比較に、セリアで105円で購入できる次のPSP用USB接続充電ケーブルを接続してみた。
DSC02260.JPG

このケーブルではPSPが通電状態では、LEDがオレンジ色となり充電されている(少なくともバッテリーは消耗していない)ようだ。(ただし、セリアで105円で販売されているカーシガレットからUSB5Vを取り出すアダプターとの組み合わせでは、PSPが通電時には充電できない)。

■PSP充電のなぞ

先に書いたPSPのACアダプターでも紹介した、ECO POWER USB の製作というところで詳細にPSPの充電について述べられていることで説明ができる。

以前に使っていたPSPのデータリンク&充電ケーブルは、ケーブルの太さがそれなりにあった。ところが今回のものは比較的細い。細いケーブルは抵抗値が高く電圧降下が起こるためにPSPが充電に必要な電圧に達していない可能性がある。

その2のケーブルには、PSP2000や3000の表記がある。中期や後期のPSPは充電に必要な電流が低いので、今回のeBayでの購入したケーブルでもPSPが通電時でも充電できるのかもしれない。ところが初期のPSP1000では流れる電流が大きいため、この細いケーブルでは電圧降下のため通電時に充電出来ないのかもしれない。

また、セリアのUSB充電ケーブルは、比較的短いので通電時にも電圧降下が少なく充電できるのだろう。ただし、セリアのUSB出力カーアダプターは出力できる電流値が低いため、このセリアUSB充電ケーブルでは初期型PSPでは充電出来ないことがある。カーアダプターとの組み合わせでも中期や後期のPSPでは通電時でも充電出来る可能性がある(未確認)。

■まとめ

PSP-1000は消費電流が多いのでうまく充電できないことがあるが、PSP-2000やPSP-3000では支障ないことがあるだろう。

PSP-1000ではなるべく太くて短いケーブルタイプタイプを選ぼう。、

関連記事:eBayで購入した粗悪なPSP用ACアダプター、およびPSP用ACアダプターの製作
AX






Last updated  2011.04.26 02:37:29
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.24
カテゴリ:ゲーム機
■eBayでPSP用電源を購入

私の持っている初期型PSPであるPSP1000に予備のACアダプターがほしいのでeBayで安いものを注文。香港から送料込み$3.08、PayPal決済で266円。

10日後に送られてきたものは以下のもの。純正の電源と変わらない感じ。、
DSC02242.JPG

このACアダプターのラベル見ると、怪しさ満載。PSEマークの下には、PSE法によって技術基準適合性検査を受けた会社名が記述されるのだが、KYUSHU MITSUMIとある。実際に九州ミツミ(現在ミツミに吸収合併)は存在するのだが、いかにも偽物といった感じ。
DSC02242 - コピー.JPG

ソニー純正ACアダプターPSP-100と並べて見た。
DSC02245.JPG

大きさは見た目ではわからないが、今回のものが縦横高さともごくわずかに大きい。また重さだが、PSPへの接続ケーブルを含めて、純正90g、今回のものが53gと軽すぎる。この軽さも内部がカスカスの証拠で怪しげ。

■PSPにつないでみると・・・・

心配だったが、PSPに接続してみる。

・PSPの電源を入れないと、PSPのオレンジ色のLEDが点灯して充電される。
・PSPの電源を入れて接続すると、PSPのLEDが充電時のオレンジ色になったり、充電され ていない状態のグリーンになったりと安定しない。

また、PSPの電源を入れてバッテリー状態を見ると、「充電中」とはならず、「使用中の電源 外部電源」のみの表示しか出ない。
DSC02248.JPG

このまま放置して充電できるか確認してみた。ある程度時間が経過してから、ACアダプターを取り外して、バッテリー状態を見る。すると外部電源を使用していたのに関わらず、バッテリーの残量が低下している。つまりPSPの通電状態では、本体の電源としても使えない代物だった。

このACアダプターは、出力電流が2Aの表記があるが、PSPの電源を入れたままでは充電するだけの能力がないということか。

■このACアダプターを分解

非常に軽いACアダプター本体の中身がどうなっているのか気になった。

小さなマイナスドライバーでこじると簡単にケースが2つに分かれた。接着剤でくっついているだけである。

その内部は・・・・本当に手抜きした基板が登場した。
DSC02254.JPG

この基板にはUSB端子用のパターンも見え、本来ACからUSB端子5V出力を得るためのアダプター用の基板のようだ。回路的にも非常に簡易なもので、それを流用したもので、元々が取り出せる電流が少ないものと思われる。

またPSPへの電源ケーブルだが、非常に細い線が使われている。PSPの充電関係の資料を探したところ、ECO POWER USB の製作という記事では、詳細な実験データと共にいろいろなPSPの充電についてまとめられている。これによるとPSP1000では最大1.2Aほどの電流が流れる。PSPの充電に流れる電流が多いので、この細い線による抵抗値が無視できなくなり、PSPで充電に必要な4.7Vに達していないのかもしれない。、

ちなみに、このアダプターの電圧をテスターで計測したところ、無負荷で5.51V、PSPの電源を入れてアダプターを接続するとアダプター側では5.05Vと5.5Vを行き来して電圧が安定していない。最低5.05Vの電圧出力のとき、PSP側では細い電源ケーブルでは充電ために必要な電圧に達していないのだろう。ちなみに純正ACアダプターは無負荷で5.43Vだった(接続時の電圧は未測定)。

■手元にあったACアダプターをPSP用電源に改造

ジャンク箱を探ると、何かのパソコン周辺機器のACアダプターが出てきた。5Vで2.3Aと十分な電流容量、無負荷で5.16Vの電圧がある。厚みはあるが、表面積が小さく、直にACプラグが出ている。
DSC02256.JPG

小さなマイナスドライバーでこじると、分解できた。上下のケースは爪ではまっていた。内部の基板は、部品が詰まっており、ノイズフィルターも入っている。電源プラグへいくケーブルは十分に太い線が使われていた。さすが!
DSC02257.JPG

今回購入したPSP用ACアダプターはお払い箱として、それから取り外したPSP側へ行くケーブルと取り外した。そしてこの5VのACアダプターに取り付けた。

そしてPSPに充電できるか接続してみた。
DSC02259.JPG

eBayで購入したACアダプターから取り外した電源ケーブルを使用したので心配だったが、次のように充電できる。
DSC02247.JPG

充電時間は、純正よりも若干時間がかかるようだが、PSP側のケーブルの線を太いものに変えると改善されるだろう。

■最後に

eBayで購入するときに、確かに粗悪なものに遭遇することがある。値段が安くても問題がないことが多いが、今回は中華クオリティ満載のものだった。

手持ちのACアダプターをPSPに改造する部品として使えたので、まったく無駄にならないことは幸いだった。

ちなみに、eBayで「psp ac adapter」で検索すると、$3台(送料込み)で購入できるものは、写真を見る限り私と同じもののオンパレードだ。

違うものも混じっているので、それは使えるものかもしれないが、$4台後半になるとそれなりに使えそうなものが出てくる。また$6台(送料込み)になるとアメリカの販売業者になる。高めだが、こちらの方が安心できるし、日本よりはるかに安い。
AX






Last updated  2011.04.24 16:36:25
コメント(2) | コメントを書く
2011.04.08
カテゴリ:ゲーム機
PSPを超安価に車載、そして本格的にカーナビへ その2

■PSPの車載、のり付きマジックテープでは問題発生

先日の記事で、PSPをカーナビとして使っていることをレポートした

ところが車載で問題が発生。のり付きマジックテープ、これではPSPを取り外したりするとき、マジックテープの糊が剥がれそうになったりする。最近は気温も上がっている車内では、熱だけで糊が剥がそうなことが発生。

やっぱりこのマジックテープでは駄目なので、違う方法を模索する。

■車載マウンターを自作

楽天で「PSP 車載 マウンター」で検索しても見つからなかった。
「PSP 車載 スタンド」で検索すると見つかった。値段的には1000円弱(送料別)、ただしダッシュボードの上に粘着テープで貼り付けたりしたりするし、位置的には上過ぎるので個人的には好ましくない。

PSPを自動車に固定しようと思い、インターネットの各サイトを見ていると、車載マウントを自作した人がいるようだ。

白色の厚みが2~3mm程度の塩ビ版がなぜか大量にあったので、それで作ってみることにした。PSPをメジャーで厚みや高さなどを測り、それなりに図面を書いてみた。それを元に車載マウンターを作ってみた。

木工用のこぎりやプラスチックカッターで切断、ヤスリで突起部分を丸めたりした。折り曲げ部分はアクリル板用折り曲げ加工器を使い(代わりに安物赤外線ストーブのヒーター部分で代用できる)、1時間ほどで製作した自動車マウンターが次のもの。材料費は手元にあるものを使ったのでタダだったが、この面積だと買っても2,3百円だろう。(下の茶色はヒーターに当てすぎで焦げた^^;)
DSC01970.JPG

自動車(平成4年型のジムニー)にネジ止めするために、3.2mmほどの穴をあけ、大きなドリルでさらえて、皿ネジで固定できるように作っておいた。そして実際に取り付けたのが次のもの。
DSC01972.JPG

以前からアクリル板や塩ビ版の加工を趣味でいろいろしていたので、作業は簡単だった。

■自作マウンターでPSP固定はいかほど

PSPが裸ならまったく問題ない。そして上部あら挟み込み、下部で挟み込む。
DSC01980.JPG

折り曲げ部分ののりしろ、それを考えずに作ってしまい、若干相当寸足らずになっているので、挟み込みにくい。しかし上部を先にPSPをはさみ、下部を後で挟むと、PSPはしっかりと固定できている。取り外しも下部から行えばいい。

■PSP車載マウントの今後

PSPの車載マウントは買うと、1000円以上するのだが、意外と簡単にしっかも安価(タダ)で作ることができた。どちらかということ市販のものより、今回自作したネジ止めするマウンターの方が自分の車のニーズにはあっていた。

本当は、PSPに傷をつけにくいよう本当はゴムやウレタンをPSPと接触する部分に取り付けようと思ったがのだが、今回のものはギリギリ過ぎて無理だ。次回作り直すときは後数ミリ余裕を持たせよう。材料はいくらでもあるのだ。でも今回のもので十分だったりするのだが。
AX






Last updated  2011.04.09 20:05:03
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.04
カテゴリ:ゲーム機
■PSP用ACチャージャーをeBayで購入

PSPに装着してバッテリーを充電するのではなく、バッテリー単体で充電できないかとeBayで探したらACチャージャーが見つかった。$0.99で、送料$2.99、合計PayPal決済で337円。これはPSPー1000用バッテリーだけでなく、薄型バッテリーになった中期後期のPSP-2000やPSP-3000にも対応している。

これと楽天でほぼ同じ物は1300円以上している。

■届いたものは

届いたものは次の物。見た目はしっかりしている。
DSC01935.JPG

裏を見ると本当か嘘かは知らないが、PSEマークまで見える。ACプラグ部分は収納されているので起こしてコンセントに差し込む。
DSC01936.JPG

■早速充電してみた

先に購入した怪しげな3600mAhのバッテリーを接続して充電してみた。
DSC01946.JPG

これには写真左側にバッテリーを固定する爪があり、スライドして挟み込む。そして取り外し時には爪をスライドして取り外す。上記写真では充電中で赤色のLEDが点灯しているが、充電が完了すると緑色のLEDが点灯する。

怪しげな3600mAhのバッテリーは、数日前にPSP本体に入れて満充電しておいたので、数分後には緑色、つまり満充電になった。

■分解してみた

分解するには、裏のラベル下、ACプラグ側にネジで固定されていた(手で触ったら凹むのでわかった)ので取り外した。さらにケース内左右に爪があり固定されていた(^^; ACプラグ側の内部爪を分解時に破損した、使用には問題ない)。

内部の基板を見てみよう。内部も思った以上にしっかり作られている。
DSC01940.JPG

ACプラグは、出し入れするので配線が入れる心配があるが、ホットボンドで半田付け部分が断線しないように補強されていた。

また内部に使われているICは、LM358というOPアンプで、充電されたかを確認するために使われているのかもしれない。
コピー ~ DSC01938.JPG

基板裏を見てみると、妙なブリッジもなく、基板はベークライトだが、そつなくキレイに半田付けされている。
DSC01942.JPG

■これはいいかも

eBayでたまに失敗した中国クオリティの製品に出会うことがあるのだが、これは非常にいい感じで、安心して使えそうだ。またバッテリーがいくつもある場合、本当に重宝しそうだ。

最近は3年ぶりに使い始めたPSP、いろいろと楽しんでいる。また、eBayで何かを注文してしまった・・・
AX






Last updated  2011.04.05 03:12:46
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ゲーム機
■PSP用カーチャージャーをeBayで購入

PSP用の自動車のシガライターソケットに差し込んで使うバッテリーチャージャー。eBayで$1.75で香港から送料込み、PayPalで日本円で147円とは激安。(最初違う購入品で300円台で間違って書き込みしたところ、それがいまでもgoogleに登録されている場合もあるようだが、147円)

そして4週間後にとどいたのが次の物。
DSC01933.JPG

これは楽天市場において620円で販売されているもの(送料別)と見た目が同じ物だった。

・・・が、よく調べたり購入者のレポートを見ると、日本で販売されている600円台で販売されているもの(送料別)は、PSPのプラグがストレート、こちらはL型で抜けにくい。つまり私が入手したものが安くていい感じなのだ。

■このチャージャー内部を分解

そして、分解して内部を見てみた。
DSC01947.JPG

思った以上に部品はならんでいるし、適当に作られている様子はない。

ここで使われている主なチップが次のICF社の「MC34063L」というチップ
DSC01948.JPG

MC34063のセカンドソースのようだが、これは入力電圧、それより電圧を上げたり、下げたりする能力を有するチップである。回路の定数を変更することで電圧の変更もできるし、出力できる電流もそこそこあるようだ。自動車から携帯などに充電するアダプターでは同等なチップが使われている。

■このPSPカーチャージャーは

さてPSPに接続すると、オレンジ色になって充電できる。まったく問題ない。

■日本でも210円で充電できるものがあるのだが・・・

百均のセリアでは、USB端子出力のカーアダプターが105円、そしてPSP用のUSB接続充電ケーブルが105円、合計210円で自動車で充電できるはずだが、なぜか充電がうまく行かない。

充電ケーブルがおかしいのかと思い、さらに2つ買ってきた。2つともPCのUSBに接続して確認したが、PSPはオレンジ色で充電状態になるのだが、PSPでバッテリー状態で確認し続けても、バッテリ残量は増えるどころか得る一日であった。セリアのUSB出力カーアダプターは、別の機器(GPSロガー)では問題なく充電もできていることから、このケーブルには抵抗が入っていることが考えられ、設計がおかしいのかも。

■PSPカーチャージャーの評価

値段的には、海外から送料込みでこの147円で海外から送料込みで、日本では送料別で620円だから本当に激安価格。若干PSPにノイズが発生する気がするが、使っているチップが一般的で、何とでも内部の定数をいじってやればなんとかなるだろう。なにより、セリアの210円セットでは充電できないのが、それより安くて確実にできるのがうれしい。
AX






Last updated  2011.04.11 22:25:43
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.02
カテゴリ:ゲーム機
■PSPでカーナビ

PSP(プレーステーション・ポータブル)にはPSP-290という専用GPSレシーバを購入し、MapThis!というPSPのフリーソフトを使って、Googleマップのデータを取り込んで簡易カーナビとして使い始めた。ただしPSPはカスタムファームウェアを入れておく必要がある

■PSPを自動車に超安価に取り付ける方法

次の写真を見ると、自動車にPSPが取り付けられている。車種は平成4年型ジムニー。後で述べるが非常に安価な方法。高価なカースタンドは不要。
DSC01864.JPG

実は、百均で購入した貼り付けられるマジックテープを、PSP本体裏と自動車側に貼り付けているだけ。つまり105円!(GPSレシーバーに10円玉が張り付いているのは、ノイズが多い初期型であるPSP-1000で、感度アップ?させるため)
DSC01865.JPG

PSP側に貼り付けるのは、トゲトゲがない方を貼り付けているが、手に持って使うときに痛くないようにという理由である。

また、そのままでは幅があるので半分に切り、PSPの裏側に合わせて必要な長さにしている。これだけで、非常に振動の多いジムニーでも大丈夫である。

取り外しはバリバリPSP本体を剥がすだけ。取り付けも押しつけるだけど簡単だ。取り付け位置も、ダッシュボードの上にも出っ張らずに丁度良い。

■PSPのカーナビソフトを本格的に

MapThis!でもそれなりに使えるのだが、本格的に使用するにはソフトを手に入れることにした。

定評のあるmaplusポータブルナビ2を入手(これの最新版としてmaplusポータブルナビ3が既に発売されてはいるのだが)、使ってみた。非常に良い。あちこち出歩いて使ってみたが、非常に便利だ。

■PSPの自動車での電源

過去に紹介したが、セリアという百均に自動車シガレットライター用5V出力USB端子アダプターが105円 が売られている。また同じくセリアにUSBからPSPに電源を供給するケーブルも105円で売られている。この2つを使うと210円でPSPのカーアダプターが購入できるはずだった。

ところが、電圧が低いのか、PSPに充電されずにバッテリーが消耗していき、結果的にPSPがシャットダウンしてしまう。(以前にeBayで購入した同様のアダプターあり、これは使えるかまだ試していない)

以前にPSP用のカー電源を購入して使っていたが、ヒューズの蓋がはずれて無くなって使えなくなってしまった。それからケーブルを取り出して、以前使っていたダイソーで315円で売っていたカー携帯用充電器(mova)に取り付けた。これが調子が良くてPSPで使うことにした。充電もしっかりできている。

■PSPの音声をカーオーディオで

maplusポータブルナビ2には音声ナビもついている。さらにPSPのメモリーに音楽や動画も入れてみたいときもある。PSPのスピーカーでは軟弱で、さらにうるさいジムニーなのでなおさら聞けない。

カーオーディオに接続して聞きたいのだが、私のものには入力端子がない。最近のカーオーディオは、外部入力端子が付いているのだが。

そこでFMトタンスミッターを購入してみた。これは非常に安価で、音質も悪くはない。若干ノイズが入るときもあったが、FMトランスミッターをカーオーディオに近いところに設置したところ相当改善された。

■PSPで楽しいカーライフに

PSPでカーナビができると同時に、メモリーも大容量(microSDをPRO duoに変換するアダプターを使って)を入れる必要があったが、PCから転送したビデオや音楽も再生できるようになって便利になった。自動車での楽しみが増えた。
AX






Last updated  2011.04.03 04:20:48
コメント(2) | コメントを書く
2011.03.30
カテゴリ:ゲーム機
■過去に買ったPSP用バッテリーパック

6年ほど前に購入して3年ぶりに使い始めたPSP、現在はGPSナビとして活用している。ところが3年以上前に購入したPSP-1000用2400MAhのバッテリーパックをPSPに装着したままだったのだが、過放電のためかまったく使えなくなっていた。ちなみに純正バッテリーは取り外してあったためか大丈夫であった。
DSC01881.JPG

このバッテリーは中国製で、分解してみたところ、基板上にはNECのチップを使っているのが見える。
DSC01886.JPG

また内部のリチウムイオンバッテリーには「FUKUSHIMA」と文字が見える。日本製??
DSC01884.JPG

リチウムイオンバッテリーそのものは白い物が吹き出ている。そのため使えなくなっているのであろう。
DSC01885.JPG

このバッテリーはそこそこ問題なく使えていた。さすが日本製の制御チップを使っていることによるものか。

■eBayによりバッテリーパック購入

3月6日、eBayをのぞくと、PSP-1000用のバッテリーパック3600mAhが$0.99、送料が$1.68、合計$2.67、PayPal決済で226円、これは安いので即注文。今日eBayで「psp 3600mah」のキーワードで検索したところ、送料込み$2.59ともっと安く購入できる。届いたのは20日後の3月26日。左が届いた物で、パッケージなしでビニル袋に入っていて、それがプチプチ付封筒に入って届いた。右はPSP純正。
DSC01877.JPG

裏側から見てみる。左が届いた物で、右は純正。届いた物にはPSP-S360という品番が見える。
DSC01879.JPG

今回購入したバッテリーと見た目が同じ物は、楽天でも700円台(送料別)から購入できる。見た目が同じ物でも実は中国ではいろいろなところが作っていることがよくあるが、今回のバッテリーは手元にくるのに時間がかかるものの非常に安い買い物だったということだ。

■このバッテリーの性能は

バッテリーをPSPに装着。パッケージにバリがあるため入りにくく、強く押し込まないとバッテリーの蓋が閉まらなかった。

PSPの電源スイッチオン、しかしPSPは起動しない。通常、購入時でもある程度は使えるのに。ACアダプターを差し込み、PSPのバッテリー状態を表示させて充電状態を確認していった。

 経過時間    残り時間
------------------------------
 1時間30分  100%(PSPの電源ランプオレンジ色、充電中)
 2時間     100%(PSPの電源ランプ緑色、満充電)

満充電となった。この時のバッテリー残り時間は7:31と凄い表示だ。

どれほどの時間、実際に使えるかを、PSPのメモリーに入れている動画を再生して確認した。30分ごとに再生を一旦中断してバッテリー情報を確認し、再度再生し、シャットダウンするまで行った。

 経過時間    残り時間
------------------------------
 0時間     100% 7:31
 30分後     81% 5:41
 1時間後     50% 3:20
 1時間12分後 シャットダウン

このバッテリーは、PSPに渡している残り時間の情報はまったく当てにならず、実質1時間少々しか使えないものであった。

今回は充電状態がどうなっているか、PSPのバッテリー情報を見て確認していった。時間の都合で5分間程度情報しか調べていない。

 経過時間    残り時間
------------------------------
 1分後     27%
 2分後     49%
 3分後     61%
 4分後     76% 5:20

何かものすごい勢いで充電されているように見えるが、このバッテリーに関してはやっぱり当てにならないようだ。

■やっぱり値段相応

このバッテリーは6年ほど前に購入したPSPの付属品でくたばっているものより劣っていた。3600mAh表示というのは、満充電時にPSPに表示される偽の残り時間、そのように作られている粗悪品のようで、さすが中国クオリティである。冒頭に過去に買ったバッテリーを紹介したが、これも中国製だったがそんなこともなく安心して使えた。

まあ1時間少々使えるバッテリーが海外から226円で購入なのでいいが、日本では送料も含めると1000円以上するので要注意だ。
AX






Last updated  2012.03.26 20:26:56
コメント(5) | コメントを書く
2006.01.30
カテゴリ:ゲーム機
昨年末からPSPを使って動画を見ている。

自分が使っているPSPには1GBのメモリが入っているが、音楽を10曲程度と、映画は圧縮率を高めて1本あたり300MB(画質は落ちるがPSPの画面では十分)にして3本は入れることができる。結構なものだ。

動画のエンコードは、フリーソフトでは携帯動画変換君が有名だ。
私の場合は、Nero Burning ROMというライティングソフトに付属しているNero Recodeを使っている。これは多機能で複数まとめて変換でき、さらにPSPをUSB接続しているとメモリのフォルダやファイル名の構造を確認して書き込んでくれるので便利だ。

ところで、いろいろPSPで動画を見ていると、動画を変換するのも
面倒なので、他にメモリスティックを用意して、見たいものを変えたい
ときがある。

それでもう1GBのメモリスティックを1本購入することにした。
楽天市場で検索したところ上海問屋の次のものが6999円と安かった

SANDISK メモリースティック ProDuo 1GB (SDMSPD-1024-J60)

メモリスティックPRO要のアダプタも付いていてこの値段。

ということで、現在2枚のメモリを差し替えて便利に利用している。
AX







Last updated  2009.11.22 11:04:22
コメント(0) | コメントを書く
2005.11.29
カテゴリ:ゲーム機
PSP買いました(ゲーム機としてではなく。もちろんゲームソフトも無購入)

同僚と先日からソニーのポケッタブルゲーム機である「PSP」の話題で
持ちきりです。

・MP3などの(wav対応、ただしWMAはサポートしていない模様)音楽再生が
 可能で、
 画像ファイルも見らる
・画像ファイルが見られる
・無線LAN内蔵でブラウザも付いているため(モジラ)インターネットも
 見られる
・動画再生もできる。今回の1GBメモリ付きだと映画一本は少なくとも
 メモリに入れて見られる
 (PSP用に動画変換が必要で市販ソフトやフリーソフトを組み合わせると
 可能。
 お勧めはNero6の最新バージョンに含まれる「Nero Record」を使うのが
 一連の作業を一発で変換して書き込みできるので便利)
・もちろんゲームも。。。(私にとってはオマケ??)

もはやゲーム機というよりポータブルマルチメディア機です。

また、付属のUSBケーブルを使えば、PCからファイルの読み書きができる
ため、「メモリカード」的な使い方もできてなお便利。

なお、オマケですが・・・
PSPのファームウェアが1.5ならば完璧、2.0でも何とか、昔のゲーム機の
PSP用エミュレータソフトが動作するようです。ただ、今回購入した物は
もっとファームウェアが2,5だったので今のところ不可能のようです。

ということで、数日前同僚が購入、そして本日は私が購入しました。
1GBのメモリがついて近くの家電販売店で29800円。
高いと思うか安いと思うか・・・
私としては「すばり買い」と思います。

家ではもちろん、職場でも無線LANを完備していますので、「ゲーム機」と
いうより仕事にも役立つ「ポータブルPC」的な使い方ができそうです。

.....
と喜んだのもつかの間

自分のPSPは、無線LANの感度の悪さ(同僚のPSPと同時にテストして
いろいろ比較して落ちる点)がわかりました。同一のアクセスポイントを
使い、同じPSPの設定条件で、いろいろな距離で調べても
常に20%ほど低く表示されてしまいます。購入して翌日なので
ショックです。

販売店に確認するため持ち込んだところ、メーカーへの電話に
転送されました(苦笑)。

メーカーの担当者と電話で会話したところの対応が私としては感じが
悪いです。『個体差がメーカーの許容値なのか、否か』ということが
一番言いたかったですことで、最初から『不良』とは言っていません。

対応した担当は『不良とはおもわれないが、そうと思うなら送ってほしい』と
疑いをかけるような言い方だったのでがっかりしています。

せめて『申し訳ありません。チェックしますので送ってください』なら
よかったのですが。クレーマー的に電話しているようにとらえられている
ようにも感じ、冷たくて安心感が得られませんでした。

争点しては、メーカーの基準値(許容値)をクリアーしているか、
そうなら文句はないです。その基準についての話を言うと、
はぐらかされて残念です。

どうやらPSPはゲーム機であり、ゲーム機以外の使い方をしていている私の
ような者に必要な無線LANはオマケとしてメーカーはとらえているのかもしれません。

本日、確認のためメーカーに送ることになりました。送料は往復ともメーカー
持ちです。
AX






Last updated  2009.11.22 11:04:49
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1

PR

Recent Posts

Comments

なんでだろ@ Re:格安SIMで、月額基本料0円のIP電話「FUSION IP-Phone SMARTβ」は使えるか?(08/20) この会社は顧客情報をクレジットカード番…
lightroomRag@ I wanted to thank you &quot; <small> <a href="https://adobe.c…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…

Category

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

Calendar

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Headline News

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.