10765179 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Jashi's ROOM

全1件 (1件中 1-1件目)

1

無線機

2016.02.23
XML
カテゴリ:無線機
BAOFENGの安いトランシーバー用ケーブルを改造してIC-R6用のクローニングケーブルを作ったが記事を「広帯域受信機IC-R6用クローニングケーブルの製作と「LT-R6」というソフト」に書いた。

ところが使われているチップPL-2303というもので、Windows 7であったも使えたり使えなかったりする。インストールするデバイストライバー用のソフトウェアによってそうなることがあるようだ。

違うチップを使ったものでIC-R6用クローニングケーブルを製作する。

今回はSilicon Laboratories社の「CP2012」というチップを使ったUSB←→RS232Cのモジュールを購入した。eBayで「USB 2.0 To TTL UART STC Module Serial Converter CP2102 5pin Cables For ArduinoJB」というもので、購入時PayPalの手数料込みが送料込みで184円だった。

そして2週間ほど経過して中国から届いた。

TXDとRXDにジャンパーピンが挿入されているが、何でだろう?ケーブルが付属。



表側の右側にはヘッダーPINが出ており、そこにはTXDやRXD、GNDなどの信号が出ている。


使われているチップはSilicon Labs社のCP2102というもの。



裏側はパターンがあるのみである。



USB-UART変換モジュールを使ってIC-R6クローニングケーブルを作る。回路は前のものと同じ結線で行う。



配線は基板の裏側にケーブルを直に半田付け。



表側を見る。ヘッダーピンのところに収縮チューブをかぶせて収縮、さらに透明な収縮チューブをかぶせて収縮させる。これでしっかり固定されている。基板上を囲む透明な収縮チューブを使っている理由は、基板上に電源や通信LEDがあるため、これで動作確認することができるのだ。



できあがったもの。プラグはIC-R6のイヤホンジャックへ、ジャックは外部スピーカーへ、今回のモジュールはPCのUSBポートに接続できる。



実際の接続は以下のようになる。



Windows 7のPCでは、接続すると自動的にドライバーがインストールされて「Silicon Labs CP210X USB to UART Bridge(COM3)」として認識された。PL-2303というチップではうまくデバイスドライバーがインストールされないことがあったが、CP2102では自動的にインストールされるために楽である。



「LT-R6」というIC-R6用のクローニングソフトで使ってみたところ、非常に安定して使える。書き込みも問題なく行えた。
AX






Last updated  2016.02.24 01:49:51
コメント(1) | コメントを書く

全1件 (1件中 1-1件目)

1

PR

Recent Posts

Comments

ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
綱抜買@ Re:NHKが取り上げた「LINE」、電話帳のデータが勝手に吸い上げられる実態。(01/18) マジでこのクソツール最悪ですよね。 自動…
lightroomRag@ I wanted to thank you &quot; <small> <a href="https://adobe.c…

Category

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11

Calendar

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Headline News

Wishlist

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.