037740 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

劇的に病気が治癒するレクチンフリー あたま&からだ治癒院  『 Jasmine 』

全567件 (567件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 57 >

2021.09.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ミトコンドリアは肝臓、腎臓、筋肉、脳などの代謝の活発な細胞に数百、数千個存在しています。
ミトコンドリアの役割は、エネルギーの元となるATPを作っています。
ミトコンドリアがATPを作り、適切に細胞に栄養を届ければ、細胞は元気に働くことができます。
免疫細胞も、エネルギーをもらって、体内の健康を脅かすウィルスや毒素などの敵を発見し捕まえることができるのです。
ミトコンドリアの働きのお陰で健康でいられるのです。

しかし、ミトコンドリアにも労働の限界があります。
食べた物をいくらでも適切に処理できるわけではないのです。
パソコンだって、機械だって、作業量が多すぎると滞ってしまいますよね。
あまりにも大量の仕事をさせたら、パンクして壊れてしまいます。
大量に食事をとることは、このような状態にミトコンドリアをしてしまいます。
ミトコンドリアはたくさんの食べ物を処理しきれず、疲弊して働かなくなってしまいます。
ミトコンドリアが働かなくなると、ATPが作られなくなり、細胞に栄養が届かなくなります。
栄養が届かなくなると、もっと栄養が欲しいと余計お腹がすくのです。
そして、栄養が届かないので免疫細胞も活動できなくなり、悪者を退治できず、すぐ病気になってしまいます。
食べれば食べるほど栄養不足になりお腹がすき、病気がちになるのです。

少食が何故よいのかというと、ミトコンドリアに適切に働いてもらい、体中に栄養を正しく行き渡らせ、免疫細胞もしっかり働けるような環境を整えることができるからです。
私が最初にグルテンカゼインフリーを始めた時は、お腹が全然空かなくてビックリしました。
当然のことながら体重はどんどん減っていきました。
ある程度適正体重になると、多少はお腹がすくようになりましたが、グルテンカゼインをはじめとするレクチン毒素を取り除くと免疫細胞がそれほど燃料を必要としないのと、今まで蓄えられていた脂肪が使われるので、自然にお腹が空かなくなります。
本当に簡単にダイエットできますよ。
反対に痩せすぎの人は、レクチンをはじめとする栄養を阻害する物質のせいで、栄養が体に行き渡っていないので、レクチンフリーをするととても健康な体になります。
太っていても痩せていても、朝食は抜いて、できれば昼も粗食にして、夕食はレクチンフリーで好きなものを食べるという食生活が理想ですね。

レクチンフリーで肥満も痩せすぎも病気も治ります。

劇的に病気が治癒する「レクチンフリー食事療法」と、体内からレクチン毒素を排出するための「レクチンフリーからだセラピー」の専門院「あたま&からだ治癒院 Jasmine」
あたま&からだ治癒院Jasmineホームページ








Last updated  2021.09.26 07:28:28


レクチンフリーレシピです。
具材がたっぷり入ったパエリアです。

【材料】
白米 3合
あさり 適量
海老 数匹
玉ねぎ 1個
にんにく 1個
ブロッコリー 1株
ブナシメジ 1株
セロリ 1本
パセリ 少々
パエリアの素 適量
水 500㏄程度
オリーブオイル 少々
ハーブソルト、コショウ 適量

【作り方】
①白米はよく洗う。
②フライパンに米とにんにくをいれ、オリーブオイルで炒める。
③フライパンに水とパエリアの素をいれ混ぜ、野菜類と魚介類を入れ煮込む。
⑤お米が柔らかくなったら、ハーブソルト、コショウで味を整えてできあがり。

野菜と魚介たっぷりで、1品で夕飯完結してしまいますね。

病気の治るレクチンフリーをご検討の方は、ご相談ください。
病気の治るレクチンフリー専門院「あたま&からだ治癒院 Jasmine」
あたま&からだ治癒院Jasmineホームページ








Last updated  2021.09.26 07:25:10
2021.09.25
普段いつも食べているものだから大丈夫!と思い込んでいませんか。
まして、パンなんて皆食べているし、どこでも売ってるし、危険なもののはずがない!と決めつけていませんか。
パンが危険な食べ物なんて聞いたこともない!という人も多いと思います。
実際私の周りでも、当院にいらっしゃる患者さんや家族は別として、パンを食べないという人に会ったことがありません。
私がパンや小麦を食べないと言うと、まるで宇宙人のような目でみられます。
私がパンをはじめ小麦製品を食べないのは、嫌いだからでも、宗教上の理由からでもなく、ただ単に病気になりたくないからです。

パンを食べてもすぐに病気になるわけではありません。
パンや小麦を食べ続けることによって、毒素が蓄積されて病気になるのです。
小麦アレルギーの人は、食べたらすぐに症状がでるのでアレルギーであることに気が付くことができますが、怖いのは遅延型アレルギーと呼ばれている、食べた時には症状がでないのですが、アレルゲンの蓄積によって病気を発症する場合です。
遅延型アレルギーの場合は、何が原因で病気になったのか本人は全く気が付きません。

この遅延型アレルギーの代表がレクチンと呼ばれる毒素群です。
パンや小麦というのは、レクチンの含有量が多く、毒素がからだに蓄積されやすいものの代表です。
特に日本で多く食べられているアメリカで品種改良された小麦を使ったパンは、とても体に悪いです。
アメリカで品種改良された小麦は、災害や害虫にとても強く大量生産することができます。
つまり、虫が食べたら死んでしまうほど毒素が強いということです。

以前、癌患者の方がいらっしゃったので、完全レクチンフリーは難しいにしても、パンだけでも食べるのを控えたらどうかと勧めてみたところ、「そんなことはできない!朝食はパンと決まってます!」と言われました。
他にも、アトピーや喘息を患う病気がちの可哀そうな子どものお母さんに、小麦を食べるのを控えるといいですよと言うと、「小麦を食べなければ、食べるものがなくなってしまう!」と言われました。
そんなことないですよ。パンや小麦を食べなくても、特に日本には、食べられるものがものすごく沢山あります。
これでわかるように、パンや小麦というのは中毒性があって、食べずにはいられない精神状態にしてしまうのです。
パンや小麦の怖いところは、脳内に侵入すると麻薬と同じ作用があり、中毒性があり、満腹中枢を壊してしまいます。
脳に悪影響があるだけでなく、あらゆる病気の原因や引き金となるレクチン毒素は臓器にも影響を与えます。
命と引き換えにしてもパンを食べたいという人の気持ちは、私にはわかりませんが、それだけ中毒性が強い証拠ですね。

もし慢性的な病気や疾患を患っていたら、それは小麦などに含まれるレクチン毒素が原因です。
レクチンフリ―で、様々な病気が治ります。
詳しくは、当院ホームページをご覧ください。
レクチンフリーをすると病気は治りますが、とりあえずパンや小麦だけでも食べるのを止めるとよいですね。

劇的に病気が治癒する「レクチンフリー食事療法」と、体内からレクチン毒素を排出するための「レクチンフリーからだセラピー」の専門院「あたま&からだ治癒院 Jasmine」
あたま&からだ治癒院Jasmineホームページ








Last updated  2021.09.25 10:00:03
レクチンフリ―レシピです。
しそ風味がおいしい野菜ハンバーグです。

【材料】
玉ねぎ 1個 人参 1本
マッシュルーム 10個程度
しそ 10枚程度
モロヘイヤ 1束
しそ昆布  ひとつまみ 
ハーブ鶏ミンチ  200g程度
卵黄 2個
米粉  50g程度
だしの素 少々

【作り方】
①玉ねぎ、人参、マッシュルーム、もろへいやをみじん切りにする。
②卵黄、米粉、ミンチ、米粉を加え①をよく混ぜ合わせる。
③フライパンで焼く。

しそ風味が美味しいですよ。
野菜たっぷりのハンバーグです。

病気の治るレクチンフリーをご検討の方は、ご相談ください。
あたま&からだ治癒院Jasmineホームページ








Last updated  2021.09.25 09:58:09
2021.09.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
中性脂肪に悩まされている中高年も多いかと思います。
中性脂肪値が高いと、医者に怒られ、下げるために体に害悪な上に効かない薬をのまされたり、無駄な努力を強いられます。
言われたとおりにやってみたものの、なぜかそんなに数値が改善していないのは、なぜなのか?
健康的な生活を送っているはずなのに、どうして中性脂肪値が改善しないのか?
疑問に思っている方も多いと思います。

中性脂肪改善のカギとなるのは、体に炎症を起こさせないということです。
何故中性脂肪値が高くなるかというと、体が脂肪をせっせとため込もうと働いているからです。
なぜせっせと脂肪を溜め込もうとしているかというと、体に炎症が起きているので、その炎症を止めるために免疫細胞が戦わないといけないからです。
そのエネルギー燃料として脂肪が必要なのです。
ですから、中性脂肪値が高くなるというのは、体が健康な体に戻そうとしている証でもあるのです。
中性脂肪が多い事が一概に悪い訳ではありません。
からだの防御反応で脂肪を溜め込もうとしているだけなのです。
元々の原因は、体に炎症があることなのですから、体に炎症を起こさないようにすればいいのです。
中性脂肪自体が問題なのではなく、炎症が起きていることが問題なのです。

この炎症の原因はレクチン毒素です。
レクチン毒素が体内に入ると、免疫細胞が反応し攻撃態勢をとります。
そして戦うための燃料が必要になるのです。
それが中性脂肪です。

レクチン毒素がどれほど悪いことをするかについては、他のブログで説明していますので、ご参考ください。
医者はレクチン毒素の存在を無視して、数値だけ見て、健康を判断をしますが、原因のないところには、何も起こりません。
中性脂肪が高いのは、原因があるからですよ。
その原因が、からだに炎症を起こすレクチン毒素です。

劇的に病気が治癒する「レクチンフリー食事療法」と、体内からレクチン毒素を排出するための「レクチンフリーからだセラピー」の専門院「あたま&からだ治癒院 Jasmine」
あたま&からだ治癒院Jasmineホームページ








Last updated  2021.09.24 07:59:59
レクチンフリーレシピです。
モロヘイヤとオクラのねばねばコンピのスープです。
他にも色々お野菜をいれました。

【材料】
玉ねぎ 2個
人参 1本
モロヘイヤ 1束
オクラ 10本程度
サツマイモ 1本
えのき 1株
みつせ鶏皮 200g程度
酒・みりん 大さじ3ずつ
だしの素 適量
オリーブオイル 大さじ3
塩・コショウ 少々
水 適量

【作り方】
①玉ねぎと人参をオリーブオイルを入れて蒸炒めにする。
②玉ねぎ人参に火が通ったら他の野菜と鶏皮を入れる。
③水と酒・みりんを入れて具材を煮込む。
④だしの素、塩コショウで味を整える。

野菜のうま味がそのまま味わえる優しい野菜スープです。
ねばねばパワーで健康になりましょう。

病気の治るレクチンフリー専門院「あたま&からだ治癒院 Jasmine」
あたま&からだ治癒院Jasmineホームページ








Last updated  2021.09.24 07:57:46
2021.09.23
子供の頃の恐怖体験と言えば、体育館で朝礼をしている最中に人がバタバタと倒れてしまうという体験です。
貧血により倒れてしまう生徒が続出するという恐ろしい光景が、昭和70年代80年代の小学校にはありました。
今では、そんなことになれば大騒ぎになってしまうかもしれませんが、そんなバタバタ生徒が倒れてしまうという状況を日常茶飯事に繰り返していたというのは、かなり恐ろしいですね。

貧血の症状は、疲労感、めまい、動悸、頭痛、知覚障害、歩行障害、うつ、認知障害と様々な症状がありますが、これは典型的なレクチン毒素の影響によるものです。
昭和70年代80年代は、給食でパン牛乳が毎日出されていた時代なので、貧血の子どもが大量に存在していたのでしょう。

貧血だからといって、レバーを食べるとかほうれん草を食べるとか、鉄のサプリメントを飲むとかそんな努力をしていても、その時は一時的に緩和されるかもしれますが、全く解決策になっていません。
健康には気を付け、ヘルシーな体に良いと言われているものを食べているのに、一向に貧血が治らないという方もいると思います。
貧血の原因は、レクチン毒素をはじめとするアンチニュートリエントと呼ばれる物質です。
アンチニュートリエントというのは、鉄分をはじめ、様々なミネラルなどの栄養素が体に吸収されるのを阻害する物質です。
ご自分の爪を見てみてください。
爪がガサガサ、ぼこぼこ、筋が入っていたり、曲がっていたら、アンチニュートリエントの影響です。
栄養が吸収されず、栄養分がからだの末端まで届かないので、爪にまで栄養が届いていない証拠です。

貧血、悪性貧血、倦怠感、めまい、頭痛、歩行障害、認知障害、うつは、アンチニュートリエントを含まない食事療法によって完治します。
アンチニュートリエントを含まない食事療法を当院では、導入しています。
貧血や、疲労感、倦怠感で、辛い方は当院のレクチンフリーで治ります。
本気で貧血や不健康から脱出したい方は、レクチンフリーをお試しください。

劇的に病気が治癒する「レクチンフリー食事療法」と、体内からレクチン毒素を排出するための「レクチンフリーからだセラピー」の専門院「あたま&からだ治癒院 Jasmine」
あたま&からだ治癒院Jasmineホームページ








Last updated  2021.09.23 06:52:59
レクチンフリ―レシピです。
シャキシャキのレンコン美味しいですね。

【材料】
レンコン 適量
卵黄 1個 米粉 適量 だしの素 少々
水 少々 米油 適量
塩・だしつゆ お好みで

【作り方】
①卵黄、米粉、だしの素、水で衣を作る。
②衣をつけて、米油でレンコンを揚げる。
③塩、だしつゆをつけて召し上がれ。

レンコンの天ぷらは大好きです。
いっぱい食べてしまいますね。

病気の治るレクチンフリー専門院「あたま&からだ治癒院 Jasmine」
あたま&からだ治癒院Jasmineホームページ








Last updated  2021.09.23 06:50:42
2021.09.22
オクラの季節ですね。
オクラが嫌いという方は、周りの細かい毛が食べにくいとか、ねばねばしているのが嫌いとかいう方もいるかもしれませんが、私は周りの毛は、包丁などで軽くこすってとっていますが、網に入れて塩もみするとか、色とる方法があるようです。
ねばねばしてるということがオクラの特徴ですが、このねばねばがとっても体にいいのです。
特にオクラのねばねばが最高です。

いつものブログで、病気が治るレクチンフリーをご紹介していますが、注意してレクチンフリーの食事を作っていても、レクチン完全除去というのは、中々難しいです。毒素を体に入れない、排出機能が体にはついているので、全くゼロにしなくても微量のレクチンでしたら健康な方は大丈夫ですが、まあできるだけ取らないに越したことはありません。

特に肉類は、美味しいので食べたくなりますが、飼料の中にレクチンが多く含まれていることがありますので、完全レクチンフリーのお肉を買うというのもかなり困難です。
多少のレクチンには目をつぶってお肉を選ぶということになります。
そんな時には、オクラの出番です。
オクラのねばねばは、レクチンを吸着してくれます。
勿論たくさんレクチンを含む食べ物は食べてはいけませが、少量のレクチンでしたらオクラが助けてくれます。
オクラのすごいところは、オクラを食べようと思ってやってきた昆虫は、ことごとくあのねばねばにやられてしまうということです。
そうやって、種を守っているのですね。
虫食いのオクラというのは見たことがありません。
ですから、オクラの種を食べても大丈夫です。
ねばねばは、虫だけでなく、レクチンも吸着してやっつけてくれます。
でも、他のお野菜の種には気を付けてくださいね。

レクチンフリーで病気が劇的に治ります。
体内に蓄積されているレクチンもレクチンフリーセラピーで排出することができます。

劇的に病気が治癒する「レクチンフリー食事療法」と、体内からレクチン毒素を排出するための「レクチンフリーからだセラピー」の専門院「あたま&からだ治癒院 Jasmine」
あたま&からだ治癒院Jasmineホームページ








Last updated  2021.09.22 07:44:15
レクチンフリ―レシピです。
オクラ入りのねっとりカレーです。

【材料】
玉ねぎ 2個
人参 1本
オクラ 10本程度
ブナピー 1株
小松菜 1株
ハーブ鶏せせり 200g
米粉カレールー 適量
シナモンパウダー お好みで
ココナツミルク カップ1/2
水 適量

【作り方】
①玉ねぎ人参を蒸炒めにする。
②オクラ、ブナピー、小松菜、鶏肉を入れさっと炒め、水、ココナツミルク、カレールーを入れて煮込む。
③お好みでシナモンパウダーをかける。

今日は、柔らかいハーブ鶏のせせりを使用しました。
シナモンパウダーたっぷりのカレーが好きです。

病気の治るレクチンフリー専門院「あたま&からだ治癒院 Jasmine」
あたま&からだ治癒院Jasmineホームページ








Last updated  2021.09.22 07:41:48
このブログでよく読まれている記事

全567件 (567件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 57 >


© Rakuten Group, Inc.