1211351 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

人生は10段変速の自転車みたいなもの

2013/01/27
XML
カテゴリ:映画

遅ればせながら「レ・ミゼラブル」観てきました。ストーリーはご存知のとおり。アン・ハサウェイもアカデミー賞の助演女優賞にノミネートされているし、ラッセル・クロウも見てみたいしとうことで行ってきました。

drw.jpg

映画 「レ・ミゼラブル」の公式サイトからの画像を紹介します。
http://www.lesmiserablesfilm.com/downloads.html

ジャン・バルジャン:ヒュー・ジャックマン
演技も歌も素晴らしい。子供の頃から描いていたジャン・バルジャンのイメージはもっとゴツイ男だったので、最初はちょっと違うなという感じでしたが観ているうちに、すっかり引き込まれました。

LesMiserable01.jpg
クリックで拡大



ジャベール警部:ラッセル・クロウ
文句なしの貫禄と演技力。いるだけで映画のグレードが3ランクアップです。自分の不幸な生い立ちから、法に従うことを唯一の正義としてジャン・バルジャンを徹底的に追いかける冷酷な刑事。最後はセーヌ川に身を投げる。彼の人生は何だったのだろう。

LesMiserable03.jpg
クリックで拡大



ファンティーヌ:アン・ハサウェイ
コゼットの母親で薄幸な人生のまま、最後にジャン・バルジャンがコゼットを救う約束をし、安堵のなか病死する。この映画の中ではアン・ハサウェイの名演でコゼット以上にハイライトされていた。アカデミー助演女優賞を取ってほしいな。

LesMiserable02.jpg
クリックで拡大



コゼットとマリウス:アマンダ・サイフリッド、エディ・レッドメイン
幸せな結婚ができて良かった。ジャン・バルジャンが2人を救ったおかげです。


LesMiserable05.jpg
クリックで拡大

コゼットの子供時代を演じた子役がけなげで可愛かった。

LesMiserable13.jpg
クリックで拡大


テナルディエ夫婦:サシャ・バロン・コーエン、ヘレナ・ボナム=カーター
とてもコミカルに描かれていたが、こんな悪党連中はめずらしい。何でジャン・バルジャンはパン一切れで19年も投獄されたのに、この夫婦は日常的な詐欺と盗みでも逮捕されないのかな~ぁ??

LesMiserable06.jpg
クリックで拡大


映画の中では六月暴動のシーンが大きく取上げられすぎてるような。。。両軍の死者をあんなに並べて見せなくてもと思うのです。
私のイメージの中で印象に強く残っていたのは、暴動で負傷したマリウスをジャン・バルジャンが担いでパリの下水道を逃げるシーンだったのですが、ここの場面は意外とあっさり感じました。

何れにしても、とても楽しめる映画でした。沈没船を何百人という鎖を付けられた受刑者たちが引きあげる冒頭のシーンからしてド迫力です!

opening.jpg
クリックで拡大



にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ 
クリックしていただけると幸いです







Last updated  2013/08/25 12:26:29 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Freepage List

Free Space

Recent Posts

Archives

2021/09
2021/08
2021/07
2021/06
2021/05
2021/04
2021/03
2021/02
2021/01
2020/12

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.