215909 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

二色の独楽(萩市もんじゃz´ママのブログ)

二色の独楽(萩市もんじゃz´ママのブログ)

PR

プロフィール

もんじゃママ

もんじゃママ

カレンダー

お気に入りブログ

独り言 たわ言 戯… ぐらまていさん
京阪の四季 旅行 寺… yoshighon07さん
2011年06月18日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

 


以前 NHKの大河ドラマで「徳川家康」が放映されていたのをご記憶の方は 
多いかもしれませんが・・
その頃は歴史には全く興味がありませんでした
が・・・・なぜかいきつけのレンタルショップの家康の二文字に惹かれて
数日かけて全て見てしまいました

完 ! の文字が私の中で強烈に炸裂しました
見終わった! と 同時に 何か得体のしれない道が始まった! と・・・感じました

年齢を重ねるということは視点も大きく変化するということを痛感する大作でしたね
実在した人物像の悲喜交々またその時期を駆け抜けた武将達の生き様は
現在の平成を普通に生きるものとしては恥じ入ることが多々あるような・・・

タレントのつるべさんだったかなぁ・・・
「人の出会いは偶然ではなく必然である」と言われていたのを記憶しています

信長 秀吉 家康  この大成を治めた三人の武将たちの出会いは
今の治世国家を築く為の必然であったのだと 個人的な解釈をしてしまいました

ただ・・・・私的には この三人は三人で一人を感じずにはおれない感もありますね・・・
それぞれの武将たちの補う部分を時々に応じて誰かが補足して重なる戦線を
駆け抜けた・・・・そんな気がします

出会い と一言では片づけられない運命さえ覚えました

生まれて成長して 今日までの自身の足跡に於いて多くの出会いをくりかえし
また数えきれないほどの別れを経験しましたが
あとどれほどの出会いと別れをくりかえしていくのだろう・・・・
そう思うと 朝目覚めて夜 床に就くまでの一日の
なんと ・・ 意義のある時であることだと
不肖 もんママはいまさらながら胸に熱きものを感じた「徳川家康」て゜した

遺訓.jpg

心新たに 久しぶりに一筆窘めてみました

中島みゆきの  「糸」の一節がよぎります

縦の糸はあなた
横の糸は 私・・・
織り成す糸はいつか誰かの傷を庇うかもしれない 


少しだけ 姿勢を正した ママでした  笑

礼拝  合掌

 







最終更新日  2011年06月18日 18時45分15秒



© Rakuten Group, Inc.