800248 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

カーティス・フラー

なんちゃってジャズマンのジャズ日記いとしのジャズマンカーティス・フラー

カーティス・フラー

カーティス・フラー(Curtis Fuller, 1934年12月15日 - は、アメリカミシガン州 デトロイト出身の
モダンジャズトロンボーン奏者。

幼少の頃に両親と死に別れ孤児だったカーティス・フラー
デトロイトの学校でポール・チェンバースドナルド・バードと知り合う。

1953年から1955年軍隊に在籍し、その後ユセフ・ラティーフのバンドに加わりました。

1957年にニューヨークへ行き彼はプレスティッジ・レーベルに初リーダーアルバムを録音。
以後ブルーノート・レーベルでも活躍し、特にジョン・コルトレーンのリーダー作である
"ブルー・トレイン"は、リー・モーガンジョン・コルトレーンと共に
3管の一人として参加し評価を高めました。

カーティス・フラー自身も、ブルーノートにはリーダー作をいくつか残しました。
また、アート・ブレイキージョー・ヘンダーソンのグループでの活動も有名です。

日本でのカーティス・フラーの代表作

カーティス・フラーの日本での人気をここまで高めたのは
ベニー・ゴルソンが作編曲を担当したブルース・エットによるところが大きい。
日本において、カーティス・フラーと言えば、このアルバムの冒頭曲
ファイヴ・スポット・アフター・ダーク』と言っても過言ではないでしょう。

しかし、ファイヴ・スポット・アフター・ダークが有名でありすぎるため
他の曲にスポットが当たらないのは事実です。

オムニバス盤において、カーティス・フラーが取り上げられる場合
十中八九、ファイヴ・スポット・アフター・ダークであることが、その所以でしょう。

そのため、カーティス・フラーの他のアルバムにまで、触手が伸びない
初心者ジャズファンが多いです。

参考アルバム

カーティス・フラーが参加しているアルバムを紹介します。
カーティス・フラー/ブルースエット(XRCD)
ファイヴ・スポット・アフター・ダークが収録されているのがこのアルバム。
別テイクが収録されているブルースエット(ステレオ盤)+3もオススメ。

おいらのレビューを読む
カーティス・フラー(tb)/ジ・オープナー(CD)
サイドマンとしての活躍が目立つが、彼のおかげでトロンボーンはハード・バップで
市民権を得たと言っていい。
本作はハンク・モブレーの隠れた名盤としても人気がある。
ジョン・コルトレーン(ts)/ブルー・トレイン+2(CD)
ジョン・コルトレーンのリーダーアルバム。
アルバムタイトルにもなっている冒頭曲は、ジャズファンならずとも
いとどは耳にした事があるであろう名曲。

おいらのレビューを読む


ランキングに参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ人気ブログランキング人気UPランキング > 音楽・着メロ音楽系アクセスランキングCyberSeek


いとしのジャズマン一覧
村上”ポンタ”秀一佐山雅弘バカボン鈴木maikoカーティス・フラー
J.J.ジョンソン    
     
     
     
     
     
     
     
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.