000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

J.J.ジョンソン

なんちゃってジャズマンのジャズ日記いとしのジャズマンJ.J.ジョンソン

J・J・ジョンソン

J.J.ジョンソン(J.J.Johnson、本名 James Louis Johnson, 1924年1月22日 - 2001年2月4日)は、
スウィング・ジャズ期末期からモダン・ジャズ時代にかけて活躍したトロンボーンプレイヤー。

モダン・ジャズにおけるトロンボーン演奏の第一人者であり、
ジャズ界で「J.J.」と言えばすなわち彼を指すほどに著名な存在である。


来歴

インディアナ州インディアナポリス生まれ。
スウィング・ジャズ全盛期の1941年にクラレンス・ラブ 楽団に在籍、プロとしての活動を開始。
ベニー・カーター 楽団(1942年-1945年在籍)やカウント・ベイシー 楽団(1945年-1946年在籍)といった
名門ビッグバンドでキャリアを積んだ。

1950年代初頭に、チャーリー・パーカーディジー・ガレスピーらとの
演奏活動を通じてテクニックを磨き、のちに「空前絶後」と評された独自の演奏スタイルを
確立してモダン・ジャズ時代の人気プレイヤーのひとりとなる。

いくつかのリーダー・グループを率いたが、人気・実力共もっとも高かったのは
1954年に白人のトロンボーン・プレイヤーカイ・ウィンディングと結成した
トロンボーン・コンボ「J&K」であろう。
二人は日本でも「スウィング・ジャーナル」誌における人気投票のトロンボーン部門で
常に上位を争う存在であった。
二人のコンボは、その独創性と完成度によって当初から高い評価を得ていた。

またプレイヤーとしてだけではなくアレンジャーとしても活躍しており、
自身が参加していないアルバムのアレンジや、映画音楽のスコアも
数多く手がけている。

70歳近くになってからもマッキントッシュPCでの編曲を始めるなど、
精力的に活動。作曲面の才能もあり、バラード「ラメント」"Lament"などの代表曲がある。

晩年まで音楽活動を続けたが、前立腺癌による病苦から2001年、
インディアナポリスにて自殺した。


モダン・ジャズにおけるトロンボーンとJ.J.

スウィング・ジャズ時代には花形楽器だったトロンボーンだが、モダン・ジャズ時代になると
あまり省みられなくなった。
その理由のひとつにトロンボーンの持つ構造的特徴がある。

トロンボーントランペットサックスのようにバルブやキーを
操作することで音階を変化させるのではなく、スライドを伸縮させることによってそれを行う。
このことが楽器としてきわめて特徴的な機能、例えば中間音(ハーフトーンやクォータートーン)を容易に出せる、
スライドトーンといった表現が可能である等をもたらした。

これらの特性はトロンボーンにハーモニー楽器としての
位置付けをなし、アンサンブルを重視するビッグバンド・ジャズにおいて
バンドや曲自体の性格を決定する「核」としての役割を果たすこととなった。

しかしその後に訪れたビバップ時代は、スピード感あふれる素早い音の切り替えや
高音域までカバーする幅広い音階を多用したアドリブ(インプロヴィゼーション)プレイ重視となり、
前述したトロンボーンの楽器としての特徴は逆に欠点となって、
(スライドの移動距離が大きく素早いフレーズを吹きにくい、音程が狂いやすい、音と音の切り替えがあいまい等)
ジャズ楽器の主流の座を失っていった。

J・J・ジョンソンは「トロンボーンディジー・ガレスピー」と形容された
超絶的技巧をもってこの欠点を克服し、モダン・ジャズのトップ・プレイヤーの
地位を確立すると同時に、以降の時代におけるトロンボーンジャズ楽器としての可能性を示し、
多くの後進たちに多大な影響を与えた。

その高速フレージングは、わざわざアルバムジャケットに
バルブトロンボーンに非ず」との注記まで付けられたほどである。


ディスコグラフィー


「ダイアルJ.J.5」
おいらのレビューを読む
おいらのレビューを読む

ザ・グレート・カイ&J.J.

ブルー・トロンボーン


ランキングに参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ人気ブログランキング人気UPランキング > 音楽・着メロ音楽系アクセスランキングCyberSeek


いとしのジャズマン一覧
村上”ポンタ”秀一佐山雅弘バカボン鈴木maikoカーティス・フラー
J.J.ジョンソン    
     
     
     
     
     
     
     
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.