804433 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

ハードバップ

なんちゃってジャズマンのジャズ日記このブログでよく出てくる言葉ハードバップ

ハードバップとは?

ハードバップ(Hard bop ハード・バップとも)は、モダン・ジャズの一つ。
アメリカ東海岸で、1950年代半ばをピークに1960年代まで続いたスタイル。

ビバップの発展過程での揺り戻し」
ビバップの伝統の上に、ウエスト・コースト・ジャズの混在状態を経て、様々な音楽を取り入れて成立」
「黒人のブルースフィーリングを熱く押し出したもの」
と様々な形容がなされている。

1950年代半ばに衰退をはじめたビバップであったが、1955年のチャーリー・パーカー の死と共に
その影響下にあった若手演奏家たちが一気に活躍し、表面化したのがきっかけといわれている。

ビバップのように、コード進行に乗せた、あるいは、コード分解によるアドリブといった基本は一緒だが、
それよりも、特にソロのアドリブ演奏面で、ホットでハードドライビングしながらも
メロディアスに洗練されたスタイルといわれている。

また、よりフレーズが重要視されるため『メロディーとして成立しない音を音階からはずさざるをえない』ため、
同じコードを使用しても、使えない音が出てくることが多く、
ビバップよりも、融通性のないメロディーやフレーズとなりがちであった。

また、ハードバップアフロ・キューバン/ラテン音楽の要素、
とりわけルンバマンボ等を取り入れて、
ラテン・ジャズへと発展していく。

特にハードバップで演奏されるものは
アフロ・キューバン・ジャズといわれることが多い。
(参考:ウィキペディアっす。)

なんちゃってジャズマンのジャズ日記のアルバム紹介は、なぜハードバップが多いのか

ハードバップが好きだから。
これに尽きる... と言いたいのだが、それだけではない。

現在、テレビやラジオなどでBGMなどに使われる
小編成バンド(これをジャズ界ではコンボという)で演奏されるジャズのほとんど(と思っている)は、このハードバップ期のものであるからだ。

以前、爆笑問題が日本テレビ系(大阪だと読売テレビ)で放送していた深夜番組で
太田コラムのようなコーナーがあったが、その時にBGMとして流れていたのは
ジョン・コルトレーンの「セイ・イット」だし
関西の奥さま向け情報番組『ちちんぷいぷい』でも、以前『ブルース・エット』が流れていたし
(しかも、アンディサイティッドと、ラヴ・ユア・スペル・イズ・エヴィリホエア!)
そうやってみてみると、まだまだ、需要があるのではないか!?
と思うわけです。

まあ、おいら自身、ハードバップ期がいちばん詳しいというのが
最大の理由なのですが(汗)




ランキングに参加中です





このブログに良く出てくる言葉 一覧
ブルーノートプレスティッジヴァーヴハードバップビバップ
サヴォイユナイテッド・アーティスツベツレヘムジャズランドリヴァーサイド
     
     
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.