693281 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

ザ・クッカー

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介ザ・クッカー

神童リー・モーガンが曲作りにも取り組み
スケールアップしていくプロセス
『vol.2』『vol.3』『シティ・ライツ』とディジー・ガレスピー楽団の先輩
ベニー・ゴルソンの惜しみない協力を得てブルーノート
アルバムを作って来た。

リー・モーガン だったが20歳になって間もない9月録音の
この本アルバムで音楽家として独り立ちした感がある。
『へヴィー・ディッパー』『ニュー・マ』と言う2曲の
オリジナルを本作品で披露している。
ブルーノートレーベルライオン社長に大いに代われたリー・モーガン
19歳の分際で(おいら30歳越えてるのに...orz 爆)矢継ぎ早にセッションに起用されてもいた。

ハンク・モブレー(1956年11月)、ジョニー・グリフィン(1957年4月)、
クリフ・ジョーダン(同年6月)、20歳になってジョン・コルトレーン(同年9月)。

多感な時期だけにジョン・コルトレーンのオリジナル曲と新アイディアの思考にも
触発されたことは間違いのないところだろう。

『へヴィー・ディッパー』は「へヴィー」の意味するところとは裏腹の技巧のショウケース的なバップ・ナンバーだが
『ニュー・マ』はいわゆるファンキー・ナンバー。

本作品に参加している、ボビー・ティモンズの後に世に出る『モーニン』にも通じる、呻吟めいた
短いフレーズを反復しながら畳み掛ける!

ザ・クッカーリー・モーガン
レビューを読む(PC専用)




ランキングに参加中です
    




ジャズアルバム紹介 ザ・クッカー/リー・モーガンを加筆・修正。
コメントは上記リンクへ





参考アルバム
リー・モーガンVol.2リー・モーガンVol.3+1シティ・ライツ
ポッドキャスト アクセスアップ





ジャズアルバム紹介紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6テイキン・ケア・オブ・ビジネスペッキン・タイム  
     


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.