000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

ソウルトレーン

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介ソウルトレーン

ハードバップの枠の中で演奏した時代のコルトレーンの最高傑作。 新たな次元も聴こえる
この作品に聴かれるのは1人のミュージシャンのゆるぎない自信だ。
「グッド・ベイト」をここまでスリリングにプレイできるものが
ここまでいただろうか。

なんだか間が抜けたようなこの曲がジョン・コルトレーン
テナーサックスによって新たな命を吹き込まれている。

本アルバムはジョン・コルトレーン がワンホーンで吹き込んだ
プレスティッジレーベル時代の最高傑作である。
ジョン・コルトレーンハードバップの枠の中に収まっているのはこの時代まで。
「グッド・ベイト」で心地よくなったあとは「ロシアの子守唄」で文字通り卒倒してほしい。
この疾走感はビバップのそれとは違う次元にある。
さらにはハードバップと言う範疇も越えてジョン・コルトレーン
どんどん巨大化していくのを目の当たりにするだろう。

レッド・ガーランドポール・チェンバースアート・テイラーのリズムセクションも
ジョン・コルトレーン を盛り立て好演している。 常日頃、共演していたからだろう。

これ以降ジョン・コルトレーン の愛奏曲となる
「アイ・ウォント・トゥ・トーク・アバウト・ユー」は
インパルスレーベル 時代のような深みのあるプレイは見られない代わりに、
これしかないと言う音を探っているようで逆に鮮烈だ。

ジョン・コルトレーン/ソウルトレーン




ランキングに参加中です
    


ジャズアルバム紹介 ソウルトレーン/ジョン・コルトレーンを加筆・修正
コメントは上記リンクへ





参考アルバム
ワン・ダウン、ワン・アップ:ライヴ・アット・ザ・ハーフ・ノートユニバーサルクラシック ジョン・コルトレーン/バラード(デラックス・エディション)至上の愛(デラックス・エディション)
ポッドキャスト アクセスアップ





ジャズアルバム紹介紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウルジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6テイキン・ケア・オブ・ビジネスペッキン・タイム  
     


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.