000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

ビッグ6

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介ビッグ6

“期間限定ハードバッパー”ブルー・ミッチェルが
リバーサイド・オールスターズで残した逸品
ブルー・ミッチェル はおいらにとって“期間限定ハードバッパー”なんじゃ
ないかという気もする時もある。

1952年ルー・ドナルドソン4, 5 & 6」に参加しているという例外はあるけれど
1958年リバーサイドレーベルに本作を録音するまでの彼は
レッド・プライソック などホンカーのバックバンドでの
活動を続けたトランペッターであった

59年にホレス・シルヴァー・クインテットに参加、60年代には
リバーサイドレーベルからブルーノートレーベルに舞台を移して、ハードバップの火を
守り続けたが、1968年西海岸に移ってからはソウル、ファンク的な音作りに精を出し
ジョン・メイオールのバックバンドにも加わっている。

晩年(1979年死去)はディスコにも取り組んだ。
その辺に目をつぶる日本の頑迷なファンにとってはブルー・ミッチェル
ハードバッパーなのだろうがブルー・ミッチェル にとってハードバップとは
彼の一部でしかないのである。
とはいえ“ハードバップ時代”の彼はこれはこれでため息が出るほど素晴らしい。

特にリバーサイドレーベル録音は甲乙つけがたい。

本作品は同社自慢のメンツを集めて、ブルー・ミッチェルジャズ界再登場を祝うような内容。

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの当たり曲となる
「ブルース・マーチ」が初めて公開されたアルバムである。

ビッグ6/ブルーミッチェル
視聴可 レビューを読む(PC専用)




ランキングに参加中です
    




ジャズアルバム紹介 ブルー・ミッチェル/ビッグ6を加筆・修正
コメントは上記リンクへ





参考アルバム
ポッドキャスト アクセスアップ





ジャズアルバム紹介紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6    
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.