798198 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

ジャッキーズ・バッグ

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介ジャッキーズ・バッグ

名曲「アポイントメント・イン・ガーナ」一発でジャズ喫茶名盤の横綱に
50年~60年代のジャッキー・マクリーン のアルバムの大半は
プレスティッジブルーノート盤で押さえる事ができる。

もっとも、プレスティッジの前後にはそれぞれアドリブジュビリーという
レーベルに1枚ずつ作品があるのだが、それはさておき、彼にとって
プレスティッジは居心地のよい会社ではなかったらしい。

そんなジャッキー・マクリーン に声をかけたのが
ブルーノート社長アルフレッド・ライオンだった。
ジャズの範囲でなら何をやってもいい。君に任せる」

と言われたジャッキー・マクリーンは大発奮。
当時関心を寄せていたオーネット・コールマンからの影響も取り入れたり
部分的に無調を導入した曲などを揃えて、ブルーノートへの
初リーダー録音を飾った。
それが本アルバムの59年に録音された3曲である。

ソニー・クラークがヨレヨレに聴こえるのはおいらだけ?

後半の3曲はティナ・ブルックスとの共演でジャズ喫茶では
ダンゼン、こちらの方が人気のようだ。
本作未収録の3曲とともに『ストリート・シンガー』と言う
CDにまとめられており“黄昏たハードバップ”を満喫したい方は
むしろそちらをお薦めする。

「フィデル」、「ガーナ」、「ジャワ」といった曲名は当時の社会情勢の反映だろうか。

ジャッキーズ・バッグ+3/ジャッキー・マクリーン
他の方のレビューを読む(PC専用)



ランキングに参加中です
    




ジャズアルバム紹介 ジャッキーズ・バッグ+3/ジャッキー・マクリーンを加筆・修正
コメントは上記リンクへ





参考アルバム など
ア・フィックル・ソーナンスジャッキー・マクリーン・クインテットカプチン・スイング
ポッドキャスト アクセスアップ





ジャズアルバム紹介紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6    
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.