800047 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

ジャズ来るべきもの

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介ジャズ来るべきもの

ジャズ来るべきもの
ジャズ界に衝撃を与えた、オーネット・コールマン・カルテットによる問題作。
このアルバムの頃からフリー・ジャズへと本格的に突き進んでいくことになる。

多くのミュージシャンにカヴァーされている代表曲「ロンリー・ウーマン」を
筆頭に、斬新なアドリブが展開された名演ばかりを収録している。

このフリー・ジャズと言うシロモノは、ジャズの【芸術的側面】から言えば
発展させたということに異論を唱えるつもりはない。
のちのジャズメンたちが、いわゆる【先祖がえり】をしてしまう事から言っても
結局は、フュージョンと分類されてしまうことを考えても、フリー・ジャズ
ジャズの終着駅、または最高峰のジャズなのも知れない。

しかしながら、商業的には、全くといっていいほど、落ちぶれて行く事になる。

おいらが好きな、ハードバップ期のアーティストのほとんどが
亡くなるか、ジャズロックフリー・ジャズフュージョンの方に
なかば転向せざるを得なかったワケだし、相変わらず、ハードバップしかしなかった
【カタブツ】たちは、結果として取り残されていくことになる。

この、フリー・ジャズと言うジャンルだが、簡単に言うと
【拍子・コード・リズム・ハーモニー】すべてにおいてフリーになる。
束縛されない といった意味だが、それがゆえに、万民に受け入れられる存在ではなかった。

そう言うおいらも、フリー・ジャズだけは、受け入れられないし
受け付けない(汗)。

しかし、このアルバムはそこまでフリー・ジャズしていないので
【食わず嫌い】の方は、聴いてみて損はない。

【食わず嫌い】→【食ったがやっぱりダメだった】
【食わず嫌い】→【食ってみたら旨かった】

どちらになるかと言う保証は、しかねるが。

ジャズ来るべきもの+2 レビューを読む(PC専用)



ランキングに参加中です
    




ジャズアルバム紹介 ジャズ来るべきもの/オーネット・コールマンを加筆・修正
コメントは上記リンクへ




参考アルバム など
ポッドキャスト アクセスアップ





ジャズアルバム紹介紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6    
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.