000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

フライト・トゥ・ジョーダン

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介フライト・トゥ・ジョーダン

「ジョードゥ」「シ・ジョヤ(ノー・プロブレム)」他、ジョーダンの珠玉の名曲の自演集
ジョーダンはチャーリー・パーカーのレギュラー
ピアニストをつとめ、スタン・ゲッツにしばしば付き合い
自作「ジョードゥ」がブラウン=ローチの演奏で人気が出たし
58年、59年はケニー・ドーハム、ドン・バイアスらと
共にフランス在住のケニー・ドーハムのツアーにも付き合い
その間バルネ・ウィランのRCA録音にも付き合った。

スタジオ録音の量で言うと不遇時代だったようにも見える。
それを言い出せばもっと不遇な黒人ジャズマンは多々いた。


フランス映画『危険な関係』のために作曲したテーマ曲も
ザ・ジャズ・メッセンジャーズが演奏して好評だったしレコードも出た。
しかしジョーダンの名がクレジットされていなかった。
曲名は「ノー・プロブレム」だが、問題だ。

本アルバム収録「シ・ジョヤ」は実は「ノー・プロブレム」と同曲。
作曲の才能にスポットを当てたのが本アルバムの企画だったのだろう。

しかしライナーノートでレナード・フェザーは「シ・ジョヤ」の件を触れていない。
また問題だという事なのか、ジョーダンは後に「ノー・プロブレム」の演奏を
3バージョン入れたアルバム『危険な関係のブルース』を作った。


フライト・トゥ・ジョーダン/デューク・ジョーダン


ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ





楽天市場




ジャズアルバム紹介紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6    
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.