797843 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

ニュー・トロンボーン

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介ニュー・トロンボーン

ハードバップ・トロンボーンの第一人者・カーティス・フラーの
デトロイト・コネクションによる初作
チャーリー・パーカークリフォード・ブラウンの死が
結果的にハードバップの隆盛を生んだと思っている。

トランペット、サックス、ピアノと多くの若手が、それこそ、堰を切ったように
シーンに飛び出した。 だが、トロンボーン界は人材不足であった。

J.J.ジョンソンやベニー・グリーンなど大御所クラスは独自の道を進み
アル・グレイはビッグバンドのセクションマンに専念、J・グリーヴランドは
スタジオ・ミュージシャンとして名を売り、いずれもハードバップとは縁遠い。

そこにあらわれたのがデトロイト出身のカーティス・フラー だ。

1957年、ニューヨークに来たカーティス・フラーブルーノートプレスティッジ
立て続けにリーダー吹き込みを行いながら、サイドメンとしても獅子奮闘の大活躍を演じ
ハードバップに見事に適応したトロンボーンスタイルで斯界の第一人者となった。

本アルバムとタイトルの名に恥じない存在だったのである。

本アルバムはカーティス・フラー が22歳のときのデビュー作で
デトロイトゆかりの面々が脇を固めている。

ソニー・レッドなど相当『青いプレイ』だが、ただひとり年長者のハンク・ジョーンズ
滑らかなサポートがサウンドの潤滑油的役割を果たしている。




ニュー・トロンボーン/カーティス・フラー 視聴有




ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く





参考アルバム
おいらのレビューを読むおいらのレビューを読む
視聴有視聴有視聴無




ジャズアルバム紹介紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6    
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.