000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

ザ・キャッツ

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介ザ・キャッツ

どの曲とっても心弾む快演集フラナガンを味わうときに不可欠の逸品
プレスティッジの別レーベルであるニュージャズから
1959年に登場した一種の未発表音源。

ジャケットには4人の名前が記されているがお聴きになれば分かる通り
もうこれは、レッキとしたトミー・フラナガンのリーダー・セッションだ。

「マイナー・ミスハップ」「エクリプソ」と言う代表的自作の目が覚めるような
パフォーマンスに加え「スリー・フォー・オール」とタイトルを変えて
80年代にも演奏された「ソラシウム」、ついポール牧の如く“指パッチン”
したくなるようなゴキゲンなブルース・コード「トミーズ・タイム」など
どれをとっても、心弾ませるような展開が続く。

アイドリース・シュリーマン、ジョン・コルトレーンも絶好調、ケニー・バレルに至っては
ソロ・パートでの快演はもちろん、フレディ・グリーンばりのリズム・ギターも聴かせる
大サービスである。

ピアノベース、ブラシで演奏される「ハウ・ロング・ハズ・ジス・ビーン・ゴーイング・オン」を
バース(曲の導入部。落語で言う“枕”か? 削除して演奏する人も多い)から
演奏しているのも好感が持てる。

ハードバップを味わうときにも不可欠な逸品であると言い切りたい。


ザ・キャッツ (視聴有)




ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く


楽天市場




ジャズアルバム紹介紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6    
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.