797631 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

ウェイリング・ウィズ・ルー

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介ウェイリング・ウィズ・ルー

熱血ハードバッパー=ルー・ドナルドソンの魅力に満ち満ちた傑作
このアルバムを聴くたびに、おいらは行ったことも
体験した事もない1950年代のニューヨークの匂いを
味わったような気分になってしまう。

ルー・ドナルドソンアルトから発せられる一音一音は
まるで目の前ではじけるようであり、うねりを上げて
疾走する。 ハーマン・フォスターピアノの臨場感にも
驚かさせるばかりだ。(ルディ・ヴァン・デルダーが24ビット・マスタリングしたCDはさらに迫力倍増)

そういえばこの2人、これが初共演レコーディングであった。
以後、約40年間に渡ってコンビを継続した(フォスターは99年に死去)のだから
恐れ入る。

もちろん本アルバムにおけるフォスターはまだ後年のように一聴して分かるような
強烈な(あくが強い、と言い換えてもいい)味を表出するにはいたっていないようだが
しかし、やっぱりと言うべきか、音を探しながらフレーズをつむぎだしていくような
演奏ぶりは、タダモノではない資質をにおわせる。

ペック・モリソンの豪放なベースは、特にブルース・ナンバーで魅力を放つ。

何はともあれ、『カルテット・クインテット・セクステット』と
ルー・テイクス・オフ』を結ぶ“熱血ハードバッパー”ドナルドソンの魅力を
心ゆくまで堪能してほしい


ウェイリング・ウィズ・ルールー・ドナルドソン




ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く


楽天市場




ジャズアルバム紹介紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6    
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.