000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン

ディジー・ガレスピーの強力ビッグバンドをドライヴさせた名ドラマーによる
意欲的コンボジャズ
ディジー・ガレスピーのビッグバンドに在団中に、チャーリー・パーシップ
その精鋭をピックアップしてコンボ「ジャズステイツメン」を
結成している。

コンボ時代の1953年からガレスピーを盛り立ててきたパーシップだからこそ
ガレスピー楽団が文化使節となり「ステイツマン」(政治家)的な役割を
担ったのを受けて「ステイツメン」なんて(たぶんギャグ? )名乗っても
ノー・プロブレムだったようだ。

アート・ブレイキーフィリー・ジョー・ジョーンズマックス・ローチ
アート・テイラー共々、四天王ならぬ五天王と評価できる実力を持っていたバップ・ドラマーである。

では、彼がリーダーとして立ち回れるほど知名度があったが故のグループかと言えば、そうではなくて
チャーリー・パーシップの音楽的確かさが可能にしていたグループと言うべきだ。

それを裏付けるのが、各曲で仕掛けられているリズムの工夫の数々である。
特にディジー・ガレスピー時代のナンバー「ザ・チャンプ」(「6楽章からなる組曲」の副題つき)。

ソニー・ロリンズのツアーに参加して名を売り昇り流のフレディー・ハバード
この2ヵ月後にブルーノートで初リーダー作を録音する。

ロン・カーターはまだ音大の学生。
実はチャーリー・パーシップはジュリアード出の作編曲にも、チトうるさい人物なのである。


チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン (視聴有)


ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く





楽天市場




ジャズアルバム紹介紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6    
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.