693529 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

ザ・マン

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介ザ・マン

60年代ブルーノートの顔となるタレンタインがタイムに残したデヴュー作
タイムと言うレコード会社は、60年にニューヨークで
ボブ・シャッドが始めたばかりの新会社(4年ほど継続)。

なじみのマックス・ローチに始まり、彼の人脈からブッカー・リトル、
スタンリー・タレンタイン、ケニー・ドーハム、さらにソニー・クラーク他も録音した。

タレンタインはこのあと6月『ルック・アウト』録音を
皮切りにブルーノートと長い付き合いが始まる。
スタンリー・タレンタインはアール・ボスティクを経てマックス・ローチのコンボで頭角を現した
新鋭で、ブルース・フィーリングを実にクールな感覚で、表出する新保守派のホープ。

そうなるとピアノはやはり新感覚のヒップ&ファンキーのソニー・クラークか。
ワルツ・ナンバーの「シュリ」の曲想・演奏にそんな楽屋裏が透けて見える。

それにしても、ソニー・クラークは絶好調とはいえない様子だ。
もうひとりのピアノ、トミー・フラナガンを入れたセッションが録られたのはそれがためであろうか?

あるいはできるところまででいいからソニー・クラークを使いたかったというところか。

目(耳? )利きのボブ・シャッドもミュージシャンたちもソニー・クラークの真価を知っていたはずで
彼の起用にこだわりベニー・グリーン(トロンボーン)のセッションにも起用しリーダー作も作らせた。


ザ・マン
他の人のレビューを読む(PC専用)




ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く
おいらの別名・ひろくん♪で投稿した動画?
風景写真に、BGMをつけたものをいくつかアップしてます。
(一覧表示されます。 全2ページ。)





楽天市場




ジャズアルバム紹介紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6    
     


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.